山梨県で過払い金請求した人の口コミ!評判のいい弁護士・司法書士

山梨県で過払い金請求した人の口コミ!評判のいい弁護士・司法書士

山梨県で過払い金請求した人の口コミ・評判

山梨県の過払い金請求の口コミ・評判1

元カレの影響でパチンコにハマりました。お金がないときは最初CDや本をブックオフなどに売ってパチンコ代にしていましたが、それでも足りなくなり、消費者金融から借りるようになりました。最初は5万とか10万だった気がしますが、1度借りてしまうと抵抗がなくなり、借金額はどんどん増えていき、気づけばいつの間にか200万くらいになっていました。完済のめどがたたず、毎月の返済もしんどくなっていたときに、司法書士事務所の広告を見て相談しました。過払い金請求をすることで借金が減り、返済がかなり楽になりました。(40代・女性)

山梨県の過払い金請求の口コミ・評判2

借金の主な原因はギャンブルです。今ではパチンコやスロットもだんだん規制がきびしくなったこともあり、ハイリスクハイリターンのギャンブルはもうやっていません。残ったのは借金ばかり。自業自得なので誰にも相談できず、コツコツと返済するしかないと思っていました。借りては返すの繰り返しで長い年月、借金生活をしてきました。最初「過払い金」という言葉を聞いた時にも自分には関係ないと思っていました。しかし、返済中でも過払い金請求はできると耳にし、地元の弁護士に相談しました。複数の消費者金融から借りていたので不安でしたが、取り戻した過払い金で残りの借金は払い終えることができました。(50代・男性)

山梨県の過払い金請求の口コミ・評判3

勤めていた制作会社が倒産し、一時期収入がなくなりました。再就職をするため、就職活動期間は知り合いのところでアルバイトをさせてもらっていましたが、それでも足りずに生活費のためにキャッシングをしていました。思っていたより簡単にお金が引き出せたことで、キャッシングがくせになりました。限度額いっぱいまで借りると他のクレジットカードでも引き出すようになりました。リボ払いでの返済だったので最初はあまり気にしていませんでしたが、払っても払ってもなかなか借金は減らず、それどころか増える一方でした。リボ払いの金利が高いことを知ったのはあとのことでした。返済が滞るようになり、督促がたくさんきてどうしたらいいかわからず弁護士に相談しました。過払い金が発生していると言われ、過払い金請求を依頼することに。そのおかげで借金はかなり減り助かりました。もっと早く相談すればよかったと思います(40代・男性)

まずは過払い金チェック!過払い金回収額が日本一の杉山事務所で無料診断

これから過払い金請求をしようと思っている方は、まずご自分の過払い金がいくら発生しているか気になっていると思います。過払い金の返還額が日本一の司法書士法人杉山事務所なら、無料で過払い金の診断ができます。

診断だけの利用もOK!もちろんそのまま依頼することも可能です。まずは、日本一の司法書士事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

山梨県で過払い金請求に強い司法書士・弁護士事務所

山梨県で過払い金請求のできる司法書士・弁護士事務所

舞鶴法律事務所 事務所詳細 住所 山梨県甲府市中央1-12-42 甲府第一法曹ビル4A 電話 055-269-5544 営業時間 (掲示なし) 債務整理料金 任意整理 10万円+1社当たり2万円 過払い金請求 返還を受けた過払金の20% 自己破産 20~30万円(参考) 個人再生 お問い合わせ下さい 借金が増えすぎてしまった場合や、クレジットカードの毎月の支払が難しい場合などには、債務整理手続を取ることをお勧めします。許容されない浪費による借金や、詐欺的な請求逃れなどではない限り、債務に関する問題は、ほぼ解決可能です。まずはこちらの事務所までご相談ください。

井上法律事務所 事務所詳細 住所 山梨県甲府市丸の内2-33-9 山浦ビル2F 電話 055-268-2882 営業時間 平日9:00~17:30 債務整理料金 任意整理 1社当たり43,200円+減額分の10.8%+過払い金の21.6~27% 過払い金請求 返還を受けた過払金の21.6~27% 自己破産 324,000~43,2000円 個人再生 432,000~540,000円 過払金請求、自己破産申立(法人破産を含む)、個人再生申立、民事再生申立、任意整理等の債務整理関係を取り扱っている事務所です。

こうみつ法律事務所 事務所詳細 住所 山梨県甲府市中央5丁目8番18号 電話 055-269-8045 営業時間 平日9:00~17:00 債務整理料金 任意整理 お問い合わせ下さい 過払い金請求 お問い合わせ下さい 自己破産 お問い合わせ下さい 個人再生 お問い合わせ下さい こちらの事務所では、債務整理関連の業務を取り扱っています。甲府市近辺で借金にお困りの方は、こちらまでご連絡してはいかがでしょうか。

山梨県で多い過払い金請求について

過払い金(グレーゾーン金利)とは消費者金融やカード会社に払いすぎたお金(取られ過ぎた利息)。 お金を貸す時の利息は利息制限法という法律で定められてましたが、2007年くらいまで多くの消費者金融やカード会社(貸金業者)がこの法律より高い利息で、お金を貸していました。

世間で過払い金請求というキーワードが先走り過ぎていて、多くの人が勘違いしている過払い金請求。 これって、完済した借金に対する請求以外は、債務整理という扱いになり、ブラックリストに載ってしまうんです。 というか、過払い金請求というのは、元来、完済した借金に対して行うことを言い、借入中のものに関しては債務整理という扱いになるんです。 なので、世間一般で言われる、過払い金請求はブラックリストに載らないというのは、完済した借金に対する過払い金請求であり、借金中の請求は確実にブラックリストに載ってしまいます。

ただし、借入中の過払い金請求であっても、過払い金で借金を完済できるような事案に関しては、ポイントが異なります。 まず、借入中の過払い金請求を行った時点で、信用情報機関に債務整理として登録されます。 そして、過払い金で完済できれば、その債務整理の登録情報は削除されるので、結果的にはブラックリストはキレイな状態で保たれます。

噂ではブラックリストに入ってしまって新たな借入が難しくなってしまうということです。

しかし、これは平成22年当初の話で、金融庁の見解によると、これは間違っていて本来払い過ぎた利息を取り戻しただけで、 それによって返済がされているのであればブラックリスト入りは不当ということになりました。

つまり、過払い金請求をした後でも債務整理をしていなければ、ブラックリストに入ることはありません。 その後も普通にクレジットカードを使ったりキャッシングをすることが出来ます。

もう一つのデメリットは自分で行うことが難しいということです。 過払い金請求するためには、消費者金融などの金融機関と交渉しなくてはいけないので、なかなか素人の場合、思うように事が進まなく苦労が大きいというとこです。

よほど腰を据えて知識武装をして臨まないと思ったような結果は得られないということです。ネット上では簡単に出来るように書いてありますが、実際にはそうはいきません。それでは専門家に依頼するとどうなのかというと、スムーズに過払い金を取り戻してくれますが、依頼料がかかります。

一般的に着手金が2万円から5万円。還金額の15%から20%の成果報酬が必要です。 しかし、これらのデメリットを補って余りあるメリットもあります。実際に数百万円の借金が大幅に減って毎月の返済が楽になった例も多いです。お金の問題を解決することで、暗かった家庭も明るくなったり、夫婦仲が良くなったり、毎日希望を持って生きることが出来るようになります。

過払い金は金融機関が倒産してからではお金は返ってきません。早めの行動をすることで確実に取り戻す必要があります。ただ、過払い金対象に当てはまらない人もいるので、実際のところどうなのかは、無料相談で確認してみましょう。匿名で出来る無料相談で、自分は本当に過払い金請求出来るのか、どのくらいの金額が取り戻せるのか診断してもらいましょう。

法には、債権を持っていたとしても、これを使わない状態が10年間続くと、その債権は消滅してしまい、もはや請求できなくなるという規定があります。これを「消滅時効」といいます。過払い金の返還を求める権利も債権である以上、10年で消滅時効となり、それ以降は請求できなくなってしまいます。

過払い金返還請求権が10年で消滅するとはいうものの、一体どの時点から10年なのか、という点が、かつては論争となっていました。しかし、今は判例(裁判所の判断の先例)によって解決されており、「最終の返済日から」10年と解釈されています。借入日や、初回の返済日が10年以上前であったとしても、最終返済日から10年経っていなければ、過払い金返還請求はできることになります。

完済日から10年以上経ってしまった場合でも、取り戻せる可能性はゼロではありません。取り立てのされ方がひどかった場合などには、貸金業者からの請求を「不法行為」ととらえて請求すればよいのです。

不法行為とは、違法な行為によって人に損害を与えた場合に、その被害者が加害者に対して損害賠償を求めることができる、というルールです。

例えば、交通事故の被害者が治療費を請求する場合や、不倫をされた人が慰謝料を請求する場合がこれに当たります。借金の悪質な取り立て行為も、この不法行為と見る余地があるのです。

新しい問題として議論されているのは、「取引の分断」があった場合の消滅時効の考え方です。取引の分断とは、例えば、A社から平成2年に借り入れて平成10年に一度は完済したものの、再びA社から平成12年に借り入れて平成20年に完済した、というように、途中で一度完済している場合のことをいいます。

この場合、前の取引と後の取引とを合わせて1つの契約だと考えると、そのすべての返済が終わった時(上の例では平成20年)から時効を数え始めることになるので、平成30年が来るまではすべての過払い金の返還請求ができます。

ところが、前の取引と後の取引とが別々の2つの契約だと考えると、前の取引についてはその返済が終わった時(上の例では平成10年)から時効を数え始めることになるため、平成20年が来てしまうと、前の取引から生じた過払い金に関しては、返還請求ができなくなってしまうのです。

過払い金請求の多い山梨県について

北は八ヶ岳、南は富士山、東は奥秩父山地、西は南アルプスと、四方を海抜2,000m超の山々に囲まれている。 なので、県内外の往来の際には、大抵長い(または多くの)トンネルか、九十九折りの山道かを通ることになる。 ・・・・・・なんという天然要塞。 一方で、県の中心部は広域な盆地なので、県域全体の標高差たるやエラいことになっている。 県の地域区分は、御坂山地を境に国中地方(中西部)と郡内地方(東部富士五湖)との二つに分けることができる。 地形的な面だけではなく、地域文化や産業形態、気候的な面でもこの両地方には大きな違いがある。 山地を挟んでいるために、古くから国中地方と郡内地方との交流はあまり多くない。 古の交通網は国中地方が長野・静岡、郡内地方が東京・神奈川に開けており、その名残が地域文化の違いでもある。 標高差の大きい地形のため、気候においては地域差が激しい。 甲府盆地を中心とした国中地方の大半は、夏はとても暑く、冬は八ヶ岳おろし(季節風)が強く吹くなど、寒い。 降水量も少なく、冬の季節風を除けば典型的な盆地の内陸性気候である。 県境周辺、八ヶ岳や富士山麓の高原地帯は避暑地になるくらいの涼しい夏になるが、冬の寒さはたいへん厳しい。 そういった地域を除く郡内地方の大半は、国中地方に比べて気温が平均2・3℃低く、若干雨が多い傾向がある。 山梨県内の人口規模はおよそ88万人。東京都世田谷区(約86万人)と同じくらいの人口レベルである。 また、県庁所在地である甲府市の人口規模は約20万人。北海道の釧路市(約19万人)と同じくらいである。 しかも山梨の面積の8割は山や森林なので、人が住める場所は思ったよりも少ない\(^o^)/ そんな山梨県だが、なんと首都圏に属するが、関東ではないという特殊な分類がされている。 (Yahoo!地図では関東に含まれる)。 NHKでは、わざわざ山梨県を省いた首都圏番組『一都六県』が存在する\(^o^)/ 一般的には中部地方に属しており、首都圏にも属すが、関東地方に属してはいない。 なので日本を道州制にした場合、どの地域に帰属させるのか・・・・・・よく議論の話題になる。 同じ中部地方に属しており、やはりどこに帰属させるべきかははっきりしていない長野県・新潟県とセットで「甲信越」、あるいは静岡県・長野県とのセットで「甲信静」と呼ばれることもある。 また、全国で最も自殺者が多い都道府県として、長く1位をキープし続けているが、まあ、およそ樹海のせい。 実際、その数の中には、自殺の名所である「樹海」を求めて県外から訪れた人の数がかなり多い。

夏は暑く、冬は寒い・・・・・・この気候を活かした果樹栽培が国中地方を中心に盛んで、観光農園も多い。 ぶどう・もも・すももの生産量は日本一。 ワイン工場も多くあり、山梨県産ぶどうで作られたワインは国際的に高い評価をされている。 ミネラルウォーターの生産量もまた、ダントツの日本一。 これは、四方の山々から良質の湧き水が多く採れること、 および主な消費地である都市圏に近いという、二つの意味での地理的優位性が大きい。 サントリー『サントリー天然水 南アルプス』、アサヒ飲料『富士山のバナジウム天然水』などが発売されている。 一方で、明治初期以降に見られた製糸産業以来、工業もそこそこ盛ん。 サントリーを始めとする飲料メーカーの工場の他、 ファナックや東京エレクトロンなど、上記のような良質で豊富な水源を活かした精密機械産業が多くある。 労働人口におけるこれら第二次産業従事者の比率は全国的にも高い方。 ・・・・・・しかし、実際には東京・埼玉・神奈川にて就職する人が多く、その数値を鵜呑みにするのは怪しいかも知れない。 その反面、第三次産業の従事比率は全国最低水準である。 郡内地方、特に富士山・富士五湖の周辺は一年を通じて観光客が多く、富士急ハイランドなど有名な遊園地もある。

鉄道・バスの公共の交通機関があまり発達してないので、山梨県全域は車社会となっている。 自家用車を持たずに生活すると、かなりの不便を強いられることになる(;´・ω・) 自動車普及率は全国で3位・・・・・・ちなみに渋滞状況も全国ワースト3位らしい。 【国中地方】 甲府盆地では慢性的な渋滞が起こっている。 片側一車線の狭い道が多いことに加え 、甲府から放射線に伸びる道ばかり。 つまり、交通の流れが一箇所に集中してしまうことが原因とされている。 現在は甲府近辺をぐる~っと囲む「新山梨環状道路」という高規格の道路を計画・建設中であり、 2011年現在、一部(双葉JCT~南アルプスIC~西下条ランプ)が供用されている。 しかし、北部区間では環状道路への反対が多く、全線開通までの目途はまだ立ってない\(^o^)/ 東城通りに変わる片側2車線の東城バイパスも絶賛建設中。こちらも早急な全線供用が待ち望まれている・・・・・・。

山梨県(やまなしけん)は、本州の内陸部に位置する、日本の県の一つ。県庁所在地は甲府市。令制国の甲斐国に相当する。 南に富士山、西に赤石山脈(南アルプス)、北に八ヶ岳、東に奥秩父山地など、標高2000mを超す山々に囲まれる。海洋国家といわれる日本において、内陸側に位置する数少ない県である。山梨県の面積は全国32位であるが、その8割を山岳地が占めるため可住地面積は全国45位である。 往来が比較的容易で、交通路も整備されている東京都(除島嶼)、神奈川県津久井地区、長野県中・南信地方、静岡県大井川以東の三方との交流が、古くから盛んである。又、埼玉県秩父地方との境は奥秩父山塊に隔てられているが、1998年(平成10年)の国道140号雁坂トンネル開通により、自動車やバスでの直接往来が可能となった。なお、山梨県と静岡県を併称する場合は、山静(さんせい、やましず)や甲駿(こうすん)という。 「山梨」の県名は律令制下の甲斐四郡のひとつである「山梨郡」に由来し、県名は1871年(明治4年)7月の廃藩置県に際して旧甲斐国一国が甲府県を経て「山梨県」に改称された。山梨郡は県庁所在である甲府が属している郡域であるが県名の改称理由は不明で、新政府による幕藩時代との断絶が意図されていた可能性が考えられている。「山梨郡」は本来甲斐一国を意味する呼称ではないため明治初期には新県名が浸透せず、政治団体やその機関誌等では県域を指す地域呼称として「峡中」が用いられた。現在では「山梨」が県域全体を指す呼称として定着している。

中央高地式気候を呈しているが、山地によって隔てられる地域差も大きい。盆地部には夏の暑さと冬の寒さがともに顕著で、冬の季節風(八ヶ岳おろし)が強いが降雪は豪雪地帯の南アルプス市(旧芦安村)と早川町を除いてわずか。年間降水量が少なく日照時間が長く、台風の通過経路でもありしばしば集中豪雨に見まわれる。山麓地域では盆地部より気温が冷涼で、降水量も多い。このため、盆地周縁では冷涼な気候に向いた葡萄の栽培が盛んである。 植物相は盆地部で落葉広葉樹林、山岳部では亜高山・高山帯の植生。また、富士川下流域の河内地方は温暖多雨であり太平洋側気候にかなり近く、潜在自然植生で常緑広葉樹林。 富士山の山頂は最暖月平均気温が6.0℃でケッペンの気候区分ではツンドラ気候となっている。また、清里のある八ヶ岳山麓、青木ヶ原樹海や富士五湖周辺の富士山北麓などの標高1,000mを超える高原地域は亜寒帯湿潤気候(Dfb)に属し、冬の寒さは非常に厳しく厳寒期には-20度を下回るが、夏は冷涼で避暑地となるなど北海道並みの気候である。

地理上では、箱根峠より西の内陸に位置する為東日本に分類されており、明治以来の日本を八つの地方(北海道地方・東北地方・関東地方・中部地方・近畿地方・中国地方・四国地方・九州地方)に分ける方法(全国八地方区分)では、中部地方(中央高地、俗に言う甲信地方又は甲信越地方)として区分されている。しかし、国土整備行政上は中部圏には含まれておらず、首都圏整備法施行令において首都圏と規定されており、国機関の管轄などでは関東地方と一緒に扱われることが多く、行政の実務上は中部地方(東海や北陸も含む区分)として扱われることは少ない。 全国八地方区分で公式に複数の地方に跨っている都道府県はこの山梨県(中部地方と関東地方)と三重県(近畿地方と中部地方(東海地方を含む))との2県のみである。 県域は、中西部の甲府盆地を中心とする国中(くになか)と、東部の相模川と多摩川の上流域および富士山北麓からなる郡内(ぐんない)に分けられ、両者は方言(郡内は西関東方言に分類)など、自然や文化においても大きく異なっている。

山梨県について

山梨県(やまなしけん)は、本州の内陸部に位置する、日本の県の一つ。県庁所在地は甲府市。令制国の甲斐国に相当する。 南に富士山、西に赤石山脈(南アルプス)、北に八ヶ岳、東に奥秩父山地など、標高2000mを超す山々に囲まれる。海洋国家といわれる日本において、内陸側に位置する数少ない県である。山梨県の面積は全国32位であるが、その8割を山岳地が占めるため可住地面積は全国45位である。 往来が比較的容易で、交通路も整備されている東京都(除島嶼)、神奈川県津久井地区、長野県中・南信地方、静岡県大井川以東の三方との交流が、古くから盛んである。又、埼玉県秩父地方との境は奥秩父山塊に隔てられているが、1998年(平成10年)の国道140号雁坂トンネル開通により、自動車やバスでの直接往来が可能となった。なお、山梨県と静岡県を併称する場合は、山静(さんせい、やましず)や甲駿(こうすん)という。 「山梨」の県名は律令制下の甲斐四郡のひとつである「山梨郡」に由来し、県名は1871年(明治4年)7月の廃藩置県に際して旧甲斐国一国が甲府県を経て「山梨県」に改称された[1]。山梨郡は県庁所在である甲府が属している郡域であるが県名の改称理由は不明で、新政府による幕藩時代との断絶が意図されていた可能性が考えられている[2]。「山梨郡」は本来甲斐一国を意味する呼称ではないため明治初期には新県名が浸透せず、政治団体やその機関誌等では県域を指す地域呼称として「峡中」が用いられた[3]。現在では「山梨」が県域全体を指す呼称として定着している。

引用:山梨県 – Wikipedia

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判