東京で過払い金請求をするデメリットは?ブラックリストにのる?

東京で過払い金請求をするデメリットは?ブラックリストにのる?

東京で過払い金請求をするデメリット

一人で過払い金返還請求に取り組むことは全く不可能とは言えませんが、かなりの気力・労力や時間を要します。相当の精神力や知識なども必要になるでしょう。なかなか思うように対応してもらえないという場合もあります。これが、一人でやることのデメリットです。

やはり間違いない方法は、法律家(弁護士もしくは認定司法書士)などのプロに相談してみることです。プロに頼むと成功報酬などの費用がかかることがデメリットと言えるのかもしれませんが、プロに頼んだからこそ、過払い金をきちんと返してもらえる場合もあります。

それと、デメリットとは言い切れませんが、2010年以前に過払い金返還請求を行った方はその事実が信用情報機関に記載されている可能性もあります。貸金業者から見ると、いわゆる「ブラックリストに載る」ということです。ですが、過払い金返還請求を行った状況によっては個人信用情報に登録されない、ということが金融庁の方針として明示されています。

過払い金請求するとブラックリストにのるのか?

過払い金返金請求しても信用情報に載りません。 各貸金業者が「日本信用情報機構」(JICC)に登録している顧客の様々な信用情報の中には、過払い金返金請求の履歴も残されていました。 そのため、新規で借り入れが出来なくなることを恐れ、過払い金返金請求が可能な方でも、請求を思いとどまるケースが想定されるため、借り手の支援団体などが「サービスコード71(契約見直し)」の削除を求めている状況が続いていました。 この度、金融庁はJICCに対し、コード71については「過払い金返還請求は顧客の正当な権利で、信用情報とは直接関係しない」として、削除が必要であるという方針を決めました。 平成22年4月19日、法の施行を受けJICCではコード71の収集・提供を廃止することを決定しました。 今後は、過払い金返金請求をしても事故情報(いわゆるブラックリスト)が信用情報に載ることがないため、ブラックリストへの不安もなく、安心して請求することが出来るようになりました。

過払い金請求でブラックリストに載ってしまうパターンとそうでないパターンでは何が違うかというと 請求をする時の借金の状況によって変わってくるということです。 まず、ブラックリストに載らないパターンとしてはすでに借金を完済している場合です。 過去に借金をしていてすでに完済している貸金業者に過払い金請求をするケースですね。 なのでこの場合は特にデメリットはないと言えるので過払い金請求をしないのはただの損です。 いろいろ調べていると平成22年より前はこのようなケースの過払い金請求でも個人信用情報に 「契約見直し」という事故情報のコードが記載されていたようですが、過払い金の発生する理屈を 考えるとそれで事故扱いになるのはおかしいということでこのコードはなくなったようです。 これも当然と言えば当然なのですが、こういったことが過去にあったという点から過払い金請求を するとブラックリストに登録されてしまうと思っている人が多いのだろうと思います。 では、ブラックリストに載ってしまうパターンはどういうものかというと上記とは逆に 現在も借金を返済している貸金業者に対して過払い金請求を行うケースです。 これは、同じ過払い金請求でも債務整理の中の任意整理の一環としての過払い金請求となります。 ここはややこしいのですが、まだ返済途中で過払い金請求をするとその時点で事故情報が登録されてしまうのです。 例えば、過払い金が発生していて、そのお金が戻ってくれば返済中の借金を完済できるようなケースでも 返済途中で過払い金請求をすればその時点で事故情報が登録されてしまうことになります。 なので過払い金があれば借金が完済できる、でもブラックリストに載りたくないという場合は 一時的に誰かに立て替えてもらうなどして完済してから過払い金請求をするといいでしょう。 これも理屈を考えるとおかしな話ですよね。 調べた中にはそのような状況で仮にブラックリストに載ってもその情報を消すことができると いうような体験談もありましたが、そもそも個人信用情報自体が公的なものではなく民間団体が 運営しているものなのでちょっと曖昧な点も残っているというのが現状です。 そういったことも考えるとやはりブラックリストに載りたくない場合は 借金は完済した状態で過払い金請求をするというのがベストな選択かと思います。

過払い金請求が多い東京について

現代日本における47都道府県の1つ。人口は1339万人(2015年2月)で、都道府県の中で最も人口が多い。実質的な首都機能を有している。 都庁所在地は新宿区だが、地図では便宜上東京と表されることが多い。 1943年、第二次世界大戦下において戦時体制を強めるため東京府、東京市が廃止され東京都制が施行されたのが東京都の始まりである。戦後は徐々に都から特別区へ権限移行が進み、2000年の制度改正により、特別区はようやく基礎的な地方公共団体と位置づけられたが、現在も東京都は東京特別区(23区)に対して、一般的には市が担うような権限の一部(上下水道、消防など)も含めて持っている。

「東京」の名を冠するものは都市的地域に集中しているため、島嶼部はもちろん、多摩西部あたりの住民にとっても、東京駅などの都心方面に向かうことを「東京に行く」と言うのは自然な表現である。 多摩地区(三多摩)では、立川市や町田市が大きな中心都市である。 立川駅は、東・南西にJR中央線、南東に南武線、北西に青梅線・五日市線、北・南に多摩モノレールで各地域とつながる交通の要衝となっている。小田急線で神奈川県川崎市、横浜線で神奈川県相模原市を挟んだ町田駅は神奈川県央圏200万人の中心都市として栄えている。 区部から目と鼻の先で井の頭公園があり遊べる町として吉祥寺(武蔵野市)、甲州街道沿いの絹織物業の都として栄えてきた八王子、 三つの鉄道事業者のターミナルとなっている計画都市多摩センター(多摩市)なども大きな街である。

全国にネット局をもつ「日本テレビ」「テレビ朝日」「TBS」「テレビ東京」「フジテレビ」は全て都心の港区に本部を構えている。 ローカル局「TOKYO MX」もある。ちなみにマツコ・デラックスはブレーク前しばらくこの局でのみレギュラーコメンテーターとして活躍していた(今もしている)。 郊外を中心に「テレ玉」や「チバテレビ」、「tvk」なども受信できたりする。前橋の中継所から出ている電波も場所によって頑張れば捕まえられるとか。

JR東日本では「短い11両」編成の電車が来るが、通常の通勤電車は15両編成で運転している。しかし”あの中央線”は「たったの10両」編成である。実は郊外どころか23区内、それどころか都心にも3両や6両編成の路線が沢山ある。もちろん都電は1両編成である。朝ラッシュ時には、ひっきりなしに電車を走らせているのに、車内は乗り切れないくらい混み合う。実は鉄道の通っていない市がある。 中央線の人身事故率は異常。東京メトロ副都心線の開業をもって、地下鉄の新線建設の予定がない。ただし延伸の予定はある。 あまりにも土地が足りないので、高速道路を地下トンネルに造った。でも、まだ高速道路を造ろうとしている。2015年、3環状の一つである中央環状線が1963年の計画から52年の歳月を経てやっと完成した。というか一般道路ですら全然整備しきれてない。2014年に新橋と虎ノ門を結ぶ新虎通り(マッカーサー道路)がやっと完成した。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判