滋賀県で過払い金請求に強いと評判のいい弁護士・司法書士事務所

滋賀県で過払い金請求に強いと評判のいい弁護士・司法書士事務所

滋賀県で過払い金請求に強い司法書士・弁護士事務所

滋賀県で過払い金請求のできる司法書士・弁護士事務所

オアシス法律事務所 事務所詳細 住所 滋賀県大津市京町3-5-12 京町第6森田ビル4F 電話 077-510-1237 営業時間 平日9:00~18:00 債務整理料金 任意整理 1社当たり3万円 過払い金請求 お問い合わせ下さい 自己破産 20万円~ 個人再生 30万円~ 一人で悩まず、まずはご相談ください。法律事務所といいますと、敷居が高いというイメージが強いものと思われますが、当事務所は、皆様に気兼ねなく足をお運びいただくため、敷居の低い事務所となるよう心がけています。

弁司法書士法人 廣田・矢守事務所 彦根事務所 事務所詳細 住所 滋賀県彦根市大藪町13番地6-301号 エンゼルプラザ3F 電話 0749-22-1707 営業時間 平日9:00~18:00 債務整理料金 任意整理 1社当たり31,500円+21,000円+成功報酬 過払い金請求 お問い合わせ下さい 自己破産 20~30万円 個人再生 お問い合わせ下さい 債務整理関係を取り扱っている司法書士事務所です。詳細はお問い合わせ下さい。

アディーレ法律事務所 滋賀草津支店 事務所詳細 住所 滋賀県草津市野路1-15-5 フェリエ南草津4F 電話 0120-316-742 営業時間 平日11:00~19:00 債務整理料金 任意整理 着手金43,200円/1社 + 減額金額の10.8% 過払い金請求 着手金43,200円/1社 + 返還金額の21.6%(訴訟時は27%) 自己破産 着手金291,600円~ + その他費用30,000円~ 個人再生 着手金410,400円~ + その他費用180,000円 全国展開している債務整理問題に注力している大手法律事務所です。相談実績は30万人を超えているので実績面で安心できます。 JR南草津駅と直結しているフェリエ南草津4回に事務所があるので便利です。無料駐車場、キッズスペース付きの相談室を設けていますのでお子様連れでも相談しやすいです。

滋賀県で多い過払い金請求について

過払い金(グレーゾーン金利)とは消費者金融やカード会社に払いすぎたお金(取られ過ぎた利息)。 お金を貸す時の利息は利息制限法という法律で定められてましたが、2007年くらいまで多くの消費者金融やカード会社(貸金業者)がこの法律より高い利息で、お金を貸していました。

世間で過払い金請求というキーワードが先走り過ぎていて、多くの人が勘違いしている過払い金請求。 これって、完済した借金に対する請求以外は、債務整理という扱いになり、ブラックリストに載ってしまうんです。 というか、過払い金請求というのは、元来、完済した借金に対して行うことを言い、借入中のものに関しては債務整理という扱いになるんです。 なので、世間一般で言われる、過払い金請求はブラックリストに載らないというのは、完済した借金に対する過払い金請求であり、借金中の請求は確実にブラックリストに載ってしまいます。

ただし、借入中の過払い金請求であっても、過払い金で借金を完済できるような事案に関しては、ポイントが異なります。 まず、借入中の過払い金請求を行った時点で、信用情報機関に債務整理として登録されます。 そして、過払い金で完済できれば、その債務整理の登録情報は削除されるので、結果的にはブラックリストはキレイな状態で保たれます。

噂ではブラックリストに入ってしまって新たな借入が難しくなってしまうということです。

しかし、これは平成22年当初の話で、金融庁の見解によると、これは間違っていて本来払い過ぎた利息を取り戻しただけで、 それによって返済がされているのであればブラックリスト入りは不当ということになりました。

つまり、過払い金請求をした後でも債務整理をしていなければ、ブラックリストに入ることはありません。 その後も普通にクレジットカードを使ったりキャッシングをすることが出来ます。

もう一つのデメリットは自分で行うことが難しいということです。 過払い金請求するためには、消費者金融などの金融機関と交渉しなくてはいけないので、なかなか素人の場合、思うように事が進まなく苦労が大きいというとこです。

よほど腰を据えて知識武装をして臨まないと思ったような結果は得られないということです。ネット上では簡単に出来るように書いてありますが、実際にはそうはいきません。それでは専門家に依頼するとどうなのかというと、スムーズに過払い金を取り戻してくれますが、依頼料がかかります。

一般的に着手金が2万円から5万円。還金額の15%から20%の成果報酬が必要です。 しかし、これらのデメリットを補って余りあるメリットもあります。実際に数百万円の借金が大幅に減って毎月の返済が楽になった例も多いです。お金の問題を解決することで、暗かった家庭も明るくなったり、夫婦仲が良くなったり、毎日希望を持って生きることが出来るようになります。

過払い金は金融機関が倒産してからではお金は返ってきません。早めの行動をすることで確実に取り戻す必要があります。ただ、過払い金対象に当てはまらない人もいるので、実際のところどうなのかは、無料相談で確認してみましょう。匿名で出来る無料相談で、自分は本当に過払い金請求出来るのか、どのくらいの金額が取り戻せるのか診断してもらいましょう。

法には、債権を持っていたとしても、これを使わない状態が10年間続くと、その債権は消滅してしまい、もはや請求できなくなるという規定があります。これを「消滅時効」といいます。過払い金の返還を求める権利も債権である以上、10年で消滅時効となり、それ以降は請求できなくなってしまいます。

過払い金返還請求権が10年で消滅するとはいうものの、一体どの時点から10年なのか、という点が、かつては論争となっていました。しかし、今は判例(裁判所の判断の先例)によって解決されており、「最終の返済日から」10年と解釈されています。借入日や、初回の返済日が10年以上前であったとしても、最終返済日から10年経っていなければ、過払い金返還請求はできることになります。

完済日から10年以上経ってしまった場合でも、取り戻せる可能性はゼロではありません。取り立てのされ方がひどかった場合などには、貸金業者からの請求を「不法行為」ととらえて請求すればよいのです。

不法行為とは、違法な行為によって人に損害を与えた場合に、その被害者が加害者に対して損害賠償を求めることができる、というルールです。

例えば、交通事故の被害者が治療費を請求する場合や、不倫をされた人が慰謝料を請求する場合がこれに当たります。借金の悪質な取り立て行為も、この不法行為と見る余地があるのです。

新しい問題として議論されているのは、「取引の分断」があった場合の消滅時効の考え方です。取引の分断とは、例えば、A社から平成2年に借り入れて平成10年に一度は完済したものの、再びA社から平成12年に借り入れて平成20年に完済した、というように、途中で一度完済している場合のことをいいます。

この場合、前の取引と後の取引とを合わせて1つの契約だと考えると、そのすべての返済が終わった時(上の例では平成20年)から時効を数え始めることになるので、平成30年が来るまではすべての過払い金の返還請求ができます。

ところが、前の取引と後の取引とが別々の2つの契約だと考えると、前の取引についてはその返済が終わった時(上の例では平成10年)から時効を数え始めることになるため、平成20年が来てしまうと、前の取引から生じた過払い金に関しては、返還請求ができなくなってしまうのです。

過払い金請求の多い滋賀県について

滋賀県(しがけん)は、琵琶湖を擁する日本国・近畿地方北東部の内陸県である。県庁所在地は大津市。 令制国の近江国(江州)と完全に一致する。県名は大津が属していた郡名「滋賀郡」から採用された。「滋賀」の発音は、共通語では「し」にアクセントを置く(頭高型アクセント)が、地元では「が」にアクセントを置く(尾高型アクセント)ことが多い(「滋賀県」とする場合は共通語も地元の方言も同じアクセント)。 「滋賀」の語源については「滋賀郡」を参照 「近江」が「近つ淡海」に由来し、現在も滋賀県が「湖国」と呼ばれるように、琵琶湖は県のシンボルである。産業用水、近隣府県約1,400万人の飲用水の源、観光資源としてその存在は大きく、地域性も琵琶湖を挟んで異なる(後述「#地域」参照)。琵琶湖があるために内陸県で唯一漁港を持ち、その数も20港と、海に面する5府県より多い。水運交易が盛んだった中世や近世には若狭湾と上方を繋ぐ中継地として、大津や堅田など内水系の重要港湾が数多く発展した。東海道・東山道(中山道)・北陸道が合流する陸上交通の要衝でもあり、「近江を制する者は天下を制す」として度々戦乱の舞台となった。 交通利便の良さは人材の流出をもたらし、戦前まで滋賀県は流入人口よりも流出人口の方が多かった。中世から近代にかけては多くの出身者が近江商人として全国各地に進出し、「琵琶湖の鮎は外に出て大きくなる」という諺まで生まれた。太平洋戦争後、高速道路の整備やトラック流通の興隆に伴って交通利便のよさが再認識され、流通拠点や工場・研究開発施設が相次いで進出、近年はJR西日本のアーバンネットワーク拡大に伴って京都府や大阪府のベッドタウンとしても注目されるようになり、首都圏以外の地方では数少ない人口増加県へと転じた。尚、開発が進むのは京都や大阪に近い南部であり、北部とは経済格差が起こっている。南部では新興住宅地が広がり、駅前にはマンションが建つなど賑わいがある一方で、北部や西部は田園風景が広がり、のどかな雰囲気がある。ただ人口が停滞している湖北・湖東地域であっても地域再生の議論や実践が活発である。 滋賀県は近畿地方に分類され、文化的・経済的に京都・大阪との結び付きが強いが、中部地方との交流も盛んである。近畿圏整備法で定める「近畿圏」と中部圏開発整備法で定める「中部圏」の両方に含まれ、滋賀県知事は近畿ブロック知事会と中部圏知事会議の両方に出席している(福井県と三重県も同様)。また福井県・岐阜県・三重県とともに「日本まんなか共和国」を設立し、知事サミットや文化交流事業などを行っている。愛知万博では中部8県とともに「中部千年共生村」を共同出展した。北部は近畿・中京・北陸の交点であり、工場や物流センターの設置計画も進むなど、中部圏の一角としての発展も期待されている。 なお、NHK名古屋放送局で制作する東海3県向けの天気予報には常時滋賀県の予報も表示される。また、かつてテレビ東京系列で放送され滋賀のびわ湖放送でも放送された「メガTONニュースTODAY」の最後の天気予報では、少なくとも1985年10月以降は、全国の天気予報の後各地の天気を報じる際「滋賀・東海地方」の区分で報じられ、次の「近畿・せとうち地方」には京都府・奈良県以西のみが表示されていた。 琵琶湖があることから県民や行政の環境への意識が高く、また環境関連企業や人材が集積していることから全国でも屈指の「環境先進県」として知られている。 本県は琵琶湖及びそれを取り囲む山々(比叡山・比良山系・伊吹山・鈴鹿山系)を有し、早くから都が置かれ、古代・中世から交通における重要拠点であったことから日本史上の関わりが極めて強く、県全土にわたり自然・歴史・文化的資源が豊富に存在する。

全域が内陸性気候であるが、北部は北陸・山陰型の日本海側気候、南部は太平洋側気候および瀬戸内海式気候を併せ持つ。しかし、琵琶湖があるおかげで、他の盆地と比較すると、夏の暑さと冬の寒さは幾分穏やかである。 湖西・湖北は大部分が特別豪雪地帯や豪雪地帯に指定されており、特に旧余呉町は近畿以西唯一にして日本最南端の特別豪雪地帯となっている。 伊吹山では昭和2年2月14日に11.82mの積雪を観測した。これは正式に観測された積雪量としては世界記録である。滋賀県の主な豪雪地帯は県西部の朽木村、県北西部のマキノ在原、県最北部の余呉町、県北東部の米原甲津原の4地域に分けられる。 なかでも長浜市余呉町旧片岡村・丹生村では高い数値の降雪が記録されている。町の最北端に位置する中河内で1981年の五六豪雪時に6m55cmを記録した。特に積雪の多かったとされる1936年には、いずれも公式の気象観測施設によるものではないが、尾羽梨で7m30cm、中河内で7m20cmを記録した。『日本残酷物語 第4部 保障なき社会』(平凡社、1960年)には、丹生北部の雪の惨状として「この辺りでは雪が平年で20尺 (約6m)多い年は30尺(約9m)は積もる。この年の大雪では30尺以上積もった。その場所と言うのが奥川並の集落のようである。」との記載がある。また比良山地東麓では比良おろしという北西の局地風があり、3月下旬に吹くものは「比良八講荒れじまい」と呼ばれ、春の訪れを告げる風物詩となっている。

13市3郡6町がある(町はすべて「ちょう」と読む)。江戸時代には江南(現在の湖南)・江西(現在の湖西)・江東(現在の湖東・湖北)に3区分されていたが、明治時代以降、琵琶湖を中心に湖南(こなん)・湖東(ことう)・湖北(こほく)・湖西(こせい)に4区分するのが一般的となった。この4区分以外に区分される場合もあり、例えば滋賀県では7地域に細分化している。各々に属する自治体は以下の通り。なお郡は、1878年(明治11年)の浅井郡の東西分割と1897年(明治30年)の西浅井郡の伊香郡編入以外は、大宝律令以来の郡名と区画が昭和の大合併期までほぼ踏襲されていた。

京都や大阪に近いながらも自然豊かで地価も比較的安いため、京都・大阪の通勤通学圏として住宅需要が高く、住宅開発が活発である。交通利便性の向上を下地にしたモノづくり拠点の整備や商業施設の開業・増設も続き、地方にあって人口増加が続いている。2010年に実施した国勢調査によると滋賀県の人口増加率は+2.20%で、47都道府県の中で第5位。近畿地方では滋賀県と大阪府だけが増加した。守山市の+8.10%、草津市の+8.00%、栗東市の+6.32%は全国の市町村トップ100に入っている。2011年の人口増加率は+0.31%で、沖縄県と東京都に次いで全国3位。 2010年国勢調査での県の人口が2005年の調査時から2.20%増えたことにより、総人口の順位は全国28位と、2005年の調査時(全国31位)から3つ順位を上げた。2008年(平成20年)8月1日時点で、人口調査開始の1960年(昭和35年)以降初めて140万人を超えた。2009年(平成21年)9月1日時点の人口統計速報で奈良県の人口を抜き、大阪府・兵庫県・京都府に続く近畿地方第4位となった。2012年4月1日時点の都道府県推計人口によると、滋賀県の人口は長崎県を上回る全国27位となり、また2012年9月1日時点では愛媛県を追い抜き全国26位へと上昇した。 国立社会保障・人口問題研究所の将来推計(2013年3月公表)によると、2010年~2040年の人口指数(2010年時点の人口を100としたときの2040年の人口)は92.8になり、全国的には沖縄県・東京都に次いで減少率が緩やかになると見込まれている。特に草津市、守山市、栗東市の3市は2010年~2040年の人口指数が110を超え、傑出した水準に達している[22]。

県の真ん中に日本最大の湖でもある琵琶湖がある。 その周りを市町村が囲んでいる形となっている。北部は日本海側気候で冬は雪が多い。南部は内陸気候で比較的穏やかである。 琵琶湖は「近畿の水瓶」とも言われ、大阪府や京都府の南部、兵庫県の南東部では下流域の宇治川、淀川から水道用水の一部を確保している。 県内の地域区分も琵琶湖を基準にして湖南・湖東・湖北・湖西に分けられる。琵琶湖は様々な恵みをもたらす母なる湖である一方、県の中央を分断する障害物でもあり県内格差の一因となっている。 京都の放送局が比叡山山頂から発信している関係で、湖岸地区の大部分では京都のテレビ(京都放送、NHK京都)が受信可能である(ただし指向性の違いで実質見れない場所もある)。地元のびわ湖放送が放送されない深夜アニメなどを見ることができる。デジタルになっても同様である。 隣接する都道府県は京都府、福井県、岐阜県、三重県の4府県。奈良県とは京都府山城南部地域を挟んで直線で約6kmまで接近している区間(道路は無い)があるが隣接はしていない。

琵琶湖の面積は滋賀県全体の面積の1/6なのだがその形や印象から大半が琵琶湖で占められてると思っている人は多い。 人口増加率は京阪神地域のベッドタウンとして発展した背景があり、全国トップクラスであったが、後述するとおり、湖西地域の人口が大きく減少しており、現在は微減である。人口が増加しているのは大津市、草津市をはじめとする湖南地域だけである。 アニメや同人関連を扱う店が極端に少ない。アニメイトすら無かったが、2010年8月に草津のアルプラザにオープンしたようです。 京都が近いので需要が少ない為だと思われる。アニメの放送も少ない(びわこ放送は独立局)。岐阜県と名古屋も同じような関係にあるらしい。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判