埼玉県で過払い金請求した口コミ&評判の司法書士・弁護士事務所

埼玉県で過払い金請求した口コミ&評判の司法書士・弁護士事務所

埼玉県で過払い金請求した人の口コミ・評判

埼玉県の過払い金請求の口コミ・評判1

大学から東京に出てきて、クラスの同級生やサークルの先輩たちと飲みに行ったり遊びに行ったりと付き合う中で徐々に生活が派手になりました。親からの仕送りの他にバイトもしていましたが、だんだんお金が足りなくなりました。周囲の友達と遊ぶうちにきれいな服やバックも欲しくなって、最初はデパートで買い物のついでに作ったクレジットカードで買い物にはまりました。そのうち遊ぶお金や生活費が足りなくなったときにキャッシングを利用するようになり、気がついたら借金は150万くらいにふくらんでいました。就職しても最初の初任給では返済が苦しく、極貧の生活をしてなんとか少しずつ返していましたが、女性なのでやはり最低限の身だしなみや友達との付き合いにかかるお金は削れず、いよいよ最後は生活に困って親にお金を借りて返済しました。過払い金請求のことをテレビCMやネットの広告などで目にするようになり、自分にもあるのではと思って司法書士に調べてもらったところ、60万円ほどの過払い金が戻ってきました。親を連れて旅行に行こうと計画中です。(42歳・女性)

埼玉県の過払い金請求の口コミ・評判2

ギャンブルが好きで、若いころ競馬でつくった借金がありました。そんな私でも40代で遅い結婚をして、今では嫁と子どもが2人おり、ギャンブルは一切やめ、嫁の協力もあって借金はなんとか返し終わりました。最近、世間でさわがれている過払い金というものがあるかもしれないから、あなたやってみたら?と嫁が言い出し、自分はとっくの昔の借金のことだしあまり乗り気ではなかったのですが、調べるだけ、と思って無料相談の電話にかけてみました。やはり過払い金が発生している可能性が高いと言われ、完済していれば特にデメリットはないと説明を受けたので司法書士に依頼することにしました。1度事務所に面談に行きましたが、それ以降は電話かメールのやりとり数回だけで過払い金が指定した口座に振り込まれました。もっと早くやっていてもよかったと思います。(46歳・男性)

まずは過払い金チェック!過払い金回収額が日本一の杉山事務所で無料診断

これから過払い金請求をしようと思っている方は、まずご自分の過払い金がいくら発生しているか気になっていると思います。過払い金の返還額が日本一の司法書士法人杉山事務所なら、無料で過払い金の診断ができます。

診断だけの利用もOK!もちろんそのまま依頼することも可能です。まずは、日本一の司法書士事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

過払い金請求に強い事務所ランキング

埼玉県で過払い金請求に強い司法書士・弁護士事務所

埼玉県で過払い金請求のできる司法書士・弁護士事務所

つかさ総合法律事務所

事務所詳細
住所 さいたま市大宮区宮町2-10 シンテイ大宮ビル2階
電話 048-650-0606
営業時間 平日9:30~18:00
HP http://www.tsukasa-law.net/

債務整理料金
任意整理 30,000円/1社
過払い金請求 返還金額の20%
自己破産 200,000円~
個人再生 350,000円~
依頼者に経済的利益をもたらさないような費用設定は一切していない法律事務所です。
きちんと事前に弁護士費用を説明し、納得した上で債務整理を進めていくことが出来ます。

川口総合法律事務所

事務所詳細
住所 埼玉県川口市本町4丁目1-6 第一ビル3F C号
電話 0120-480-470
営業時間 平日10:00~18:30

債務整理料金
任意整理 1社当たり4万円+減額分の10.8%
過払い金請求 お問い合わせください
自己破産 32万円~
個人再生 69万円~
JR川口駅徒歩3分とアクセス良好です。川口市周辺の債務整理・過払い金請求なら当事務所へご相談ください。相談料は無料です。借金問題を後のばしにすると、心身の健康、人間関係に必ず悪影響があります。一人で悩まずに当事務所へお問い合わせください。

佐々木法律事務所

事務所詳細
住所 埼玉県川越市喜多町2-6 喜多町ビル4F
電話 049-225-6181
営業時間 お問い合わせ下さい

債務整理料金
任意整理 30,000円/1社
過払い金請求 30,000円/1社 3回収額10%~20%の合計
自己破産 200,000円~
個人再生 200,000円~
債務の相談は無料で行います。土日も相談できます。銀行員の経験を元に債務・相続・離婚・不動産等を重点取り扱いしてます。

過払い金請求に強い事務所ランキング

埼玉県で多い過払い金請求について

過払い金請求を専門家に依頼した時に費用はいくらかかる?

過払い金を請求して、本来払うべきでなかったお金を取り戻したいと考えている人は多いと思われます。 しかし、過払い金請求のためには手間の掛かる準備や手続きが要求されますし、貸金業者側との交渉もしなければなりません。このような高いハードルを越えるためにサポートしてくれるのが、司法書士や弁護士といった専門家の方々です。

とはいえ、依頼したいと思っても報酬をどれだけ支払うのかという点に不安を覚える人もいるのではないでしょうか?ここでは、過払い金請求における弁護士・司法書士費用の内訳及び相場をまとめましたので、参考にしてくだされば幸いです。

過払い金請求に関しては相談料・初期費用が無料の事務所もある

専門家への依頼と聞くと、相談の段階で相談料が発生するから気軽に相談することができない、と考えている人もいるのではないでしょうか? 過払い金請求に関しては相談料を無料にしている事務所もありますので、探してアドバイスをもらうということも可能です。

また、依頼に関しても最初からお金を取らない初期費用0円で受け付けているところもあり、過払い金が戻ってくるのか不透明な状況で依頼を渋っている人にとっては見逃せない要素です。

相談料・初期費用0円を打ち出している事務所はとりあえず話を聞いてもらいたい人にうってつけであり、気軽に専門家の話を聞いてみたいなら、このような法律事務所を探してみるといいでしょう。 とはいえ、中には悪徳な法律事務所も存在しますので、その点に関しては注意しなければなりません。

過払い金請求にかかる主な費用

相談料

相談料は前述の通り、無料で受け付けてくれるところを選んだ方がいいです。 近年では無料の事務所が増えていますので、見つけることが簡単になっているのではないかと思われます。

着手金

着手金とは、前述の初期費用にあたる料金です。 こちらも無料で受け付けている事務所が増えているため、相場に関しても0に近くなってきているといえるでしょう。

基本報酬(定額報酬)

基本報酬とは、過払い金請求を行うごとに発生する料金です。 成否にかかわらず発生する料金ですが、相場は数万円となっているので、そこまでの出費には至りません。 中には無料で受け付けている事務所もあります。

成功報酬(過払い報酬)

成功報酬は戻ってきた過払い金に掛かる手数料のことで、過払い報酬ともいわれます。 成功報酬の相場は戻ってきた過払い金の20%となっており、20%下回ると相場よりも安いといえるでしょう。 一方で、成功報酬は話し合いによる交渉で解決したのか、裁判に至ったのかで料金が変わってくるので気を付けなければなりません。

手間の掛かる裁判になると交渉時よりも数パーセント手数料が上がりますので、その点は注意しておく必要があります。裁判した場合の成功報酬の相場は、取り戻した過払い金額の25%です。 どこの事務所も成功報酬についての記載がありますので、裁判になったときの料金もしっかりとチェックしておきましょう。

裁判費用

裁判を起こした場合には裁判費用が発生します。 裁判所に対して収入印紙等で合計1万円以上の支払いが必要になりますが、これに関しては多くの人が知っているのではないかと思われます。

問題は裁判を起こしたことによる専門家への費用です。 成功報酬の割合が裁判に至ると増加するというのは前述の通りですが、この他にも様々な名目の料金を要求する事務所もあり、知らないうちに支払金額がどんどん増えていくという可能性もあります。 これに関しては事務所によって詳細異なるというのが現状なので、事前に細かい料金の発生は聞いておき、メモしておいた方がいいかもしれません。

その他・実費

前述の裁判のための収入印紙や郵便に加えて、交通費などの支払いが実費にあたります。これについては請求しない事務所も多くありますが、事前に確認したほうがいいかもしれません。 少ないとはいえ長引けば長引くほど支払うお金が増えていきますので、少しでも節約したいと考えている方は実費についての出費もしっかりと管理しておく必要があるでしょう。

減額報酬金

減額報酬とは、借金の返済中に過払い金請求を行った際に、借金を減らすことに成功した場合に発生する手数料のことです。 減額報酬の相場は10%前後となっていますが、完済後の過払い金請求については0円としている場合が多いです。返済中に過払い金請求を検討中の方で、できるだけ安く済ませたいと考えているなら確認しておく必要があります。

過払い金請求は費用を払ってもでも依頼するほうがいいのか?

ここまでは料金について記載していきましたが、結局のところ過払い金請求時には費用を払ってでも専門家に依頼すべきなのでしょうか?

結論から言えば、支払う価値は十分にあります。 そもそも過払い金請求に関しては支払いを渋る貸金業者との交渉を行いますので、専門的な知識が無ければ対応することはできません。 対応できずに満足のいく過払い金請求ができないということもありますから、知識が豊富な専門家に頼むということが有力な選択肢になってくるのです。

また、依頼せずに自分で請求する場合は費用を浮かせるメリットに目が行きがちですが、書類の準備・過払い金の計算・貸金業者との交渉といった時間も手間も掛かる工程を一人こなさなければならないということも考えなければなりません。

手間が掛かるのはまだしも、時間に関しては過払い金に時効が存在するという観点から見ると無視できない問題になってきます。 過払い金の時効は最終取引日(基本的には借金を完済した日)から10年ですが、過払い金が発生する可能性があるのは、貸金業者が「グレーゾーン金利」を適用していた2007年以前の借金です。

2017年現在多くの人の過払い金が時効を経過している、または近づいてきており、時間を掛けすぎて請求できないというリスクも孕んでいます。

起こすと余計に報酬を支払うことになる裁判に関しても、個人で行うと自分が常に平日の裁判に出席しなければならず、仕事が多忙な場合はかなりの負担が掛かってしまうのです。 専門家に依頼する最大のメリットは、大きく負担が掛かってしまうポイントを任せることができるという点にあり、お金を支払ってでも頼む価値がある要素となります。

とはいえ、自分で交渉することによって専門家への費用を一切掛けないというのは、しっかりと過払い金を取り戻せれば大きなメリットになりますから、様々なポイントを考慮して自分がどうするべきか決定するといいでしょう。 少なくないお金の問題ですから、後で後悔しないようにしっかりと取り組むことも大事なことです。

過払い金請求に強い事務所ランキング

過払い金請求の多い埼玉県について

埼玉県(さいたまけん)は、関東地方の中央西側内陸部に位置する県。県庁所在地はさいたま市。都道府県別の人口は東京、神奈川、大阪、愛知に次ぐ全国第5位。人口密度は全国第4位。 県域は旧国名の武蔵国の北部であり、関東地方では神奈川県以外の1都4県に接する。日本で8つある内陸県の一つ。貿易港や臨海工業地帯を有さないものの、日本の都道府県中、人口は726万5千人(2016年3月1日)、都道府県昼間人口は637万人(2010年)、県内総生産は20.4兆円(2015年)でいずれも全国第5位、人口密度は1,910人/km2で東京都、大阪府、神奈川県に次ぐ第4位である(内陸県中ではいずれも第1位。また全て関東地方では東京都、神奈川県に次ぐ第3位)。農業産出額は第18位(2015年)であるが、北部には近郊農業が盛んな地域もあり、ネギやホウレンソウ、ブロッコリーなど産出額が全国3位以内に入る農作物もある。また、面積に占める河川の割合が多く、全国47都道府県で最大の約3.9%となっている。 県西部の秩父地域は山地であるが、それ以外の地域は関東平野の一部を成す平地となっている。東京に隣接する東南部は人口が密集し、東京から放射状に伸びた交通網に沿って首都のベッドタウンが形成されている。北部には豊かな農地が広がる。県庁所在地であるさいたま市は、内陸県にある最大の都市であり、内陸県唯一の政令指定都市でもある。東北地方、北関東地方、信越地方に至る高速交通網は本県を通っている。

中央部・西部・東部の南側の地域は首都である東京に近く、近代以降の大都市圏の拡大に伴い、1970年代を中心に急激な人口流入と都市化をみてきた。このようにして形成された市街地は、その多くがスプロール現象によるものであり、このような地域では現在も道路などの社会基盤の整備に難を抱える。 県内は首都高速・東京外環道・関越・東北・常磐・圏央道といった高速道路が多数整備されているが、一般道については十分に整備されていない地域が多く、自動車の増加や大規模商業施設の郊外立地化に伴い各地で道路渋滞が慢性・深刻化している。 県内には全国最多の40の市があり、130万人都市であるさいたま市を筆頭に、60万人都市の川口市、30万人都市の川越市・越谷市・所沢市が南部に集中するほか、20万人都市が4市、10万人都市が13市と同等の人口を持つ自治体が多数存在することも特徴として挙げられる。政令指定都市のさいたま市には国などの関東地方出先機関が集まるさいたま新都心が誕生したことで、東京のベッドタウンから関東地方において独自の重要性を持つ地域になりつつある。都営大江戸線の新座市方面への延伸や埼玉高速鉄道の岩槻区方面への延伸も構想されている。 埼玉県は、場面や分野に応じて北関東に区分される場合もあれば南関東に区分される場合もある。また、埼玉県は千葉県や東京都、神奈川県とともに「東京圏」を構成し、相互の通勤・通学等の流動が多いことなどを重視し、南関東に区分されることが多いが、衆議院議員総選挙における比例ブロックにおいては北関東に区分されている。

2012年(平成24年)度の県内総生産は21兆8428億円であり、アラブ首長国連邦の国内総生産よりやや多い程度である[15]。世界で40位前後の国に相当する経済規模を有している。。2014年(平成26年)時点での県内の事業所数は26万6261事業所で、東京都、大阪府、愛知県、神奈川県に次いで全国第5位である。 産業別の事業所数では、卸売・小売業、サービス業、製造業、飲食店・宿泊業、建設業の順に多く、従業者数では、卸売・小売業、製造業、サービス業、医療・福祉、飲食店・宿泊業の順に多い。また、市町村別の事業所数では、さいたま市、川口市、熊谷市、川越市、所沢市と続き、従業者数では、さいたま市、川口市、川越市、所沢市、熊谷市と続く。2007年(平成19年)の年間商品販売額は15兆1,109億5,967万円、製造品出荷額等は、14兆7,302億円である。 洋菓子やチョコレート類の生産額は全国トップクラスで日本有数のスイーツ王国である。 2014年(平成26年)の観光客入込数は約1億628万人と推計されており、近年増加傾向にある。目的別で最も多いのは各種行事まつり見学客で、スポーツ客、遊園地客がこれに続く。寺社参詣・文化財・産業観光客数は増加傾向にある。

1908年(明治41年)の国語調査委員会報告以来、関東地方において京阪式アクセントに似たアクセントの使用地域(主として旧葛飾郡域にて。実態は東京式アクセントの一段階変化形特殊アクセントであった)として注目を集めたが、退潮著しく、高年層の発話に聞かれるだけになっている。他はほぼ全域にわたって東京式アクセントによる東部方言の西関東方言が用いられる。東京に近い上に県外からの転入者が多いことから共通語の影響が強く、西関東方言も衰退し、いわゆる「首都圏方言」が使われているところも多い。

秩父地方は中央高地式気候、それ以外の地域は太平洋側気候である。また、内陸県であるため、内陸性の気候も見られる。そのため冬季は全体的に冷え込みが厳しく、東京特別区や横浜市、千葉市などとは異なり毎日のように氷点下を記録する地域が多い。中でも秩父地方は特に冷え込みが厳しく、厳冬期は-10℃近くまで冷え込むこともある。一方夏季は他県と比較して全体的に暑さが厳しく県内のほぼ全域で猛暑日がみられ、熊谷や越谷などでは日本国内でも屈指の酷暑となり、40℃を超える気温も観測されている。降水量は全般的に少ないが、特に冬季の降水量が非常に少ない。 西部山間部・秩父地方 ・・・秩父盆地は典型的な内陸性の気候で冬寒く、夏暑くなる。一年を通して日較差が大きく、冬は秩父市内でも氷点下5度を下回る気温も珍しくないほどに冷え込み、1954年の1月27日には-15.8℃の低温を記録した。しかし、近年は温暖化が著しく、1月平均最低気温は旧平年値の-4.8度から-4.2℃と大幅に上昇した。夏は日中はかなり暑くなり、埼玉県の他地域と同様猛暑日が多いが、熱帯夜は非常に稀で、1926年の観測開始以来7日しかない。冬季は南岸低気圧の接近により、他地域が雨の場合も秩父地方は雪となることがほとんどであり、稀に30cm前後の積雪を記録することもある。2001年と2005年には秩父市の年間降雪量が200cmを超えているなど、関東地方の都市の中では雪の多い地域である。秩父山地ではしばしば大雪となることもある。秋、春においても朝晩の気温はかなり下がるのが特徴である。 北部平野部・上武 ・・・熊谷市や深谷市などの群馬県との県境に連なる北部平野部は、夏は暑さの厳しい埼玉県内でも特に暑くなる地域で、しばしば40度近い酷暑となることもあるなど日本一暑い地域の一つとなっている。また、冬は内陸の割には、最低気温が比較的高い。これは、夜になっても季節風がおさまりにくいためで、南部や東部よりも高くなることも多い。実際、熊谷の1月最低平均気温は-0.7℃とさいたま市の-1.5℃よりも高い。降雪についても南岸低気圧が当地域に到達しにくいため、関東地方の中でも少ないほうである。 南部・東部 ・・北部ほどではないが、東部を中心に夏は酷暑となり、特に越谷市周辺は全国有数の酷暑地域となっていおり、2007年には40.4℃を観測している。冬は、朝晩は放射冷却の影響を受けやすいため北部よりも気温が下がることも多く、-5度前後の冷え込みとなることもある。さいたま市は東京23区に近いものの、1月の平均最低気温は-1.5℃と低く、2月半ばまではほぼ連日冬日となる。 西部 ・・比較的標高が高い丘陵地帯・武蔵野台地に位置しているために、北部や東部、南部の平野部と比較し、より内陸性の気候を有している。夏季は暑く、冬季は寒い。特に鳩山町は関東平野部でも最も冷え込みの激しい地点の一つとなり、1月の平均最低気温は-3.9℃であり、21世紀に入っても-10度以下を観測している。この地域は南岸低気圧による大雪となることもしばしばで、全体的には県南部や東部と比較し、東京の多摩地域の気候と類似性が見られる。気象庁の統計によると所沢のアメダス地点は気温の日較差や年較差がほかの地点よりもやや小さいが、これは観測露場が狭山湖畔に設置されているという局所的な影響が大きいからである。

過払い金請求に強い事務所ランキング

埼玉県のオススメ!知って得する彩の国の魅力とは

埼玉県って?

関東地方の中央西に位置しており、日本で8つある内陸県のひとつ。東京に隣接する東部及び南部(草加市・越谷市・川口市・戸田市等)は人口が密集し、距離的にも都心から20~35km圏であるため、そのアクセスの良さからベッドタウンとしての一面も。北部は県内有数の農業地帯であり、ネギやブロッコリーの産地としても知られています。

埼玉県の基本スペック

人口 総数 7,289,701人 (平成29年3月1日現在)
男 3,638,316人
女 3,651,385人
面積 3 797.75㎢

県庁所在地 さいたま市

内陸県で唯一の政令指定都市。人口は1,277,637人で、日本で9番目に人口が多い市です。平成13年5月1日に浦和市・大宮市・与野市の3市合併により誕生し、平成17年4月1日に岩槻市が編入されて現在に至ります。首都機能を担う行政機関が多数あり、『さいたま新都心』としても有名であります。

埼玉県のオススメ観光名所

鉄道博物館

埼玉県さいたま市大宮区にある、JR創立20周年を記念して建設された鉄道のテーマパーク。鉄道に関する貴重な資料は元より、見て楽しい・触れて楽しい施設となっています。

ミニ列車の運転体験は子供たちに大人気!明治から昭和にかけて走っていた実物の車体が新旧36両も展示されている車両ステーションは、子供だけでなく大人も楽しめる空間。

さらには日本各地の駅弁が売られており、それを開放された車両内で食べるという旅気分も味わえるのが嬉しいところです。

武蔵一宮氷川神社

埼玉県さいたま市大宮区にある神社。2000年以上の歴史があり、関東を中心とする氷川神社の総本社です。全国でも有名な初詣スポットで、参道入り口からの「一の鳥居」、しばらく歩くと中ほどで「二の鳥居」、そして境内の入口に「三の鳥居」と三つの鳥居が。

その長さは約2kmもあり、“日本一長い参道”と言われています。また、茅の輪くぐりや十日町など、一年を通して様々な行事が行われています。

川越一番街商店街

埼玉県川越市にある商店街。まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような蔵造りの町並みから、『小江戸』と形容されるエリアでもあります。名店が軒を連ね、食べ歩きを楽しむ観光客も多数。毎年10月には、関東三大祭りのひとつであり360年続く「川越まつり」が開催され、多くの山車が参加して祭りを盛り上げています。

埼玉スタジアム2002

埼玉県さいたま市緑区にある、『埼玉スタジアム2002公園』内に位置するサッカー専用スタジアムです。2002年FIFAワールドカップ日韓大会の開催を目的に造られ、その収容人数は6万3000人超で日本最大。浦和レッズのホームスタジアムであり、全国高等学校サッカー選手権大会や日本代表戦等、数多くの試合が行われています。

東武動物公園

埼玉県南埼玉郡宮代町にある、遊園地と動物園が融合した総合レジャーランド。絶叫系とほどほど系が混在する遊園地と合わせ、120種類1200頭もの動物が飼育・展示されており、その一部は観るだけでなく触れて楽しむことも可能。冬季には17時からウインターイルミネーションが開催され、幻想的な空間を提供してくれます。

埼玉県のオススメ名物

草加せんべい

埼玉県草加市の名産品。うるち米を原料とし、蒸して突いた後に成型・乾燥して焼き上げた堅焼きせんべいです。草加市が日光街道の宿場町だったことから、江戸末期から明治にかけて名物として流行したのが発展のルーツと言われています。

十万石まんじゅう

そのキャッチーなCMで、埼玉県民なら誰でも知っている名物和菓子。北海道十勝産の小豆のみを使った餡や、新潟県産コシヒカリと国産つくね芋を使った皮で作ったこだわりのまんじゅうとして県民に愛されています。版画家の棟方志功が大のお気に入りだったエピソードも有名です。

ゼリーフライ

埼玉県行田市発祥の名物フライ。茹でたじゃがいもとおからを練り混ぜ、小判サイズに成形したものを素揚げした料理です。行田市内には専門店もあり、ソウルフードと呼ぶに相応しい存在となっています。ゼリーという名称には諸説あるのですが、形がゼニ(銭)に似ていることから、それが訛ってゼリーになったという説が有力。

小江戸ビール(COEDOビール)

川越市に本拠を置くコエドブルワリーが展開するクラフトビール。川越市を象徴する“小江戸”が名前の由来です。市の名産であるサツマイモを原料とした世界初のビール「beniaka」などが有名で、モンドセレクションをはじめ様々な賞を受賞しています。

埼玉県の主な『日本一』

埼玉県の「市」

平成13年から平成23年にかけて大規模な市町村合併がありましたが、それでも県内には40の市が現存。これは2017年1月時点で日本一の数となっています。ちなみに、2位は愛知県の38市です。

自転車保有率

埼玉県は県民1人あたりの自転車保有率が日本一。その保有数は約0.76台/1人で、鉄道網の発達や平坦地の多さ(平坦地率も日本一!)がその理由との分析も。更には、川沿いを走る道としては日本一長い170kmのサイクリングロードまで保有しており、今や“じてんしゃ県”としての地位を確立しています。

医薬品出荷額

埼玉県は日本一の医薬品製剤出荷県です。その額は平成26年時点で7430億円にものぼっており、これは日本国内における医薬品の約10%にも及ぶ数字。それだけに県内には多数の有名医薬品メーカーが拠点を構え、埼玉で製造して東京を経由し全国へという流通の起点にもなっています。

古墳の大きさ

埼玉県行田市に位置する『さきたま古墳公園』内にある丸墓山古墳。6世紀前半につくられたとみられるこの古墳は、直径105メートル、高さ18.9メートルで日本最大規模の円墳として知られています。古墳としては大変珍しく登ることも出来るため、桜の見物スポットとしても有名。

その昔、この古墳の頂上から忍城(現在の行田市にあった成田氏の城)を見渡せたことから、忍城攻略のために上杉謙信や石田三成が陣を張ったとも伝えられている場所です。

終わりに

東京寄りのエリアでは都会的な発展をしつつも、昔ながらの名物や観光地で“らしさ”を感じさせるのが埼玉県。そう思いきや意外な発見もあり、改めてその魅力と奥深さをご堪能頂けたなら嬉しい限りです。まだまだ、たくさんの魅力を隠し持っているであろうエリアです。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判