借金が減るだけじゃない?個人再生のメリットとは

借金が減るだけじゃない?個人再生のメリットとは

個人再生のメリットは?

個人再生とは、借金が払えなくなってしまったときの法的な救済措置であり、債務整理の種類の中のひとつです。同じ債務整理の中のひとつである任意整理は、借金にかけられた利息を免除してもらい、分割返済するというものです。 個人再生は、任意整理よりも借金の減額幅が大きいので、任意整理しても払いきれない場合に、手続きがおこなわれます。借金を5分の1程度にし、それを3年で支払うという計画案(再生計画案)が裁判所に認められれば、借金は計画案に記載された額まで減額されます。返済期間については、特別な事情がある場合には5年までの長期分割弁済が認められます。 債務が原則5分の1に減額されるため、返済が楽になります。自己破産とは違い、住宅や車などの財産を手放さずに手続きできる場合があります。手続開始後は債権者は強制執行(給料差し押さえ等)ができなくなります。

個人再生のメリット

1.借金を大幅に減らすことができます

個人再生は、裁判所での手続きを通じて、現在の借金のうちの「一定の金額(約2割、ただし最低100万円)」を、「原則3年(最長5年)の分割払い」で債権者に返済し、「残りの借金については免除」してもらう方法ですので、借金の残高が大幅に減額されることがメリットとなります。  ただし、自己破産とは異なり、借金の返済義務がすべて無くなるというわけではありません。

2.自己破産では借金が免除されない人でも利用できます

浪費やギャンブルでの借金など、自己破産では「免責不許可事由」に該当しそうな方であっても、個人再生であれば利用できる可能性があります。  また、自己破産申立が可能な方でも、心情的に「少しは返したい」という方や、「自己破産だけはいやだ」という方は、あえて個人再生を利用することもできます。

3.特定の資格を有する職業の方でも利用できます

自己破産申立てとは異なり、宅地建物取引主任者、旅行業務取扱主任者、生命保険外交員、損害保険代理店、警備員などの資格を失わずに済むことも、個人再生のメリットです。

4.マイホームを残せます

自己破産と違って、マイホームを残すことができる可能性があります。住宅ローンがある人などは、そのまま住宅を残してローンを払い続けることができる事が大きなメリットと言えます。

5.業者からの取立て行為がなくなります

個人再生手続をした旨を業者に通知することで、業者からの取立てがなくなります(ただし、ヤミ金など一部の悪質業者の中には、これに従わないものもいます) 。  また、貸金業者による給与の差押などの強制執行を中止させることもできます。

引用:個人再生のメリット・デメリット

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判