マイホームを守りながら借金を減らす方法【個人再生とは】

マイホームを守りながら借金を減らす方法【個人再生とは】

個人再生とは

個人再生とは、債務整理の種類のひとつです。任意整理は将来利息のカットが基本であり、借金元本の減額ができないのに対し、個人再生は借金元本の減額が可能なので、借金を大幅に減らすことができることが一番のメリットです。しかし、個人再生は自己破産と違って家や車などの財産が残せることも大きな特徴です。

個人再生の主な特徴

裁判所を通じて債務を減額してもらう手続き

裁判所に提出した再生計画が認可されると、原則として債務が5分の1に減額されます。減額された債務を、3~5年で支払います。

住宅を手放さずに手続きをすることができる

自己破産とは違い、一定の条件を満たせば、住宅を手放さずに手続きをすることができます。

家族には影響ありません。

保証人になっていない限り、家族に迷惑がかかることはありません。家族がローンを組む時に悪影響があることもありません。

個人再生というのは、ちょっと乱暴な言い方をすると、自己破産と任意整理の中間のような制度です。 つまり、自己破産と同様に裁判所に申し立てをするのですが、自己破産のようにすべての債務を免責にするというわけではなく、債務を大幅に免責(5分の1程度)にしてもらって、任意整理のように、長期の分割払いにしてもらう、という制度です。減額幅は、任意整理よりは大きくなります。 債務を大幅に免責(5分の1程度)にし、それを3年で支払うという計画案(再生計画案)が裁判所に認可されれば、債務は計画案に記載された額まで減額されます。そして、3年での分割支払いが終われば、すべての債務がなくなります。返済期間については、特別な事情がある場合には、5年までの長期分割弁済が認められます。

引用:個人再生とは

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判