クレジットカードの使いすぎは債務整理で解決できる?

クレジットカードの使いすぎは債務整理で解決できる?

出費がかさみがちなクレジットカード

現金を持っていなくても簡単に買い物できてしまう、とても便利なクレジットカード。ポイントが貯まるなどの特典もあるので、クレジットカードで支払いをするのがクセになっている人もいるかもしれません。最近では分割払いやボーナス払い、リボ払いと返済方法も好きなものを選べますし、クレジットカードの利用料を支払うときに返済方法を変更することもできます。

出費の多い月にはクレジットカードの支払いをリボ払いや分割払いへ変更する、というような使い方は一見とても便利なのですが、リボの返済金額が少額の場合には、なかなか利用額が減らず、気が付くと限度額いっぱいまで使用してしまっていたなどという危険もあります。

最近では、このようなクレジットカードの支払いに悩んでいる人も多く、司法書士や弁護士などの法律家へのクレジットカードの債務整理の相談数も増加しているようです。 買い物などで利用していたクレジットカードは債務整理できるのでしょうか?

 

クレジットカードは借金ではなく“立替金”

法律的に見ると、クレジットカードは借金ではなく立替金という扱いで、支払い時に請求される金利も、分割手数料という名目になっています。そのため、キャッシングなどを規制する貸金業法の対象外なのです。法定金利の上限も適用されないため、通常であれば債務整理と同時に調査する過払い金も発生しませんので注意が必要です。

貸金業法の規制対象外ではありますが、クレジットカードの利用金額を債務整理することは可能です。なかでも多いのが、リボ払いを利用している人の任意整理でしょう。

 

クレジットカードのキャッシング枠に注意!

クレジットカードには、利用限度額内なら買い物の支払いとしてではなく、現金を受け取ることのできるキャッシング枠というものが付いています。ATMなどからすぐに現金を引き出すことができる上、請求はショッピング枠といっしょになっているのでクレジットカードを使用するのと同じように感じますが、こちらは通常のキャッシング同様、借金という扱いになります。

そのため、利息制限法の対象となり、過払い金が発生する可能性があります。 クレジットカードの返済に苦しんでいる人は、キャッシング枠の利用がなかったかどうかを確認してみるといいでしょう。

リボ払いって?

リボ払いとは、正式名称を「リボルビング払い」といい、利用金額にかかわらず毎月一定の返済額を支払っていく方法です。自分で毎月の返済額を決定し、それを超える分は翌月以降の返済に繰り越します。上手に利用すれば便利なしくみなのですが、毎月の返済額が少額だといつまでたっても利用金額を減らすことができません。 ショッピング・リボの場合には、利用残高に応じて10~15%ほどの金利がかかります。

また、クレジットカードに付随しているキャッシング枠についても、リボ払いでの返済ができます。ただし、キャッシング・リボはショッピング・リボよりも金利が高く設定されていることが多く、注意しなくてはいけません。貸金業法の改正によって多くの貸金業者が金利改定を行う以前の2007年ごろには、信販会社(クレジットカード会社)はキャッシング・リボで最大29.2%という高金利を設定していました。

そのため、同じクレジットカードで長期間にわたってキャッシングを利用している場合には、過払い金が発生している可能性が高くなります。クレジットカードの任意整理を検討する場合にはこちらもいっしょに調査するようにしましょう。

 

リボ払いの任意整理をするには?

クレジットカードのリボ払いを債務整理することは可能です。ショッピング枠とキャッシング枠どちらの利用であっても、任意整理はもちろん、自己破産も対象となっています。 ただし、リボ払いで任意整理をする場合には気を付けたい点がありますので、詳しく見ていきましょう。

利用金額はほとんど減らない!

さきほども説明したとおり、ショッピング・リボを使用している場合には過払い金が発生しません。そのため任意整理を行っても利用残高自体はほとんど減りません。任意整理は、借金そのものを減らすような手続きではなく、貸金業者と交渉を行って利息金や遅延損害金の支払い義務を免除したり、将来発生する利息金をカットしてもらったりする方法です。

そもそも金利の設定が高くないショッピング・リボの場合、任意整理をして発生している利息金を免除してもらったからといって返済する金額に大きな違いはないかもしれません。しかし、今後返済していくにあたって利息金を支払わなくて済むようになるというのは大きなメリットといえるでしょう。

クレジットカードの任意整理をする場合の注意点

クレジットカードの任意整理を行う場合、気を付けるべき点はなんでしょうか。ショッピング枠、キャッシング枠、ともに注意したいポイントをまとめてみましょう。

任意整理をしたクレジットカードは利用不可となる

任意整理をしてしまうと、そのクレジットカードは利用できなくなります。そのため、公共料金や通信費、会費、保険料などクレジットカードで支払いをしている場合には事前に支払方法を変更する必要があります。

口座引き落としや、コンビニや金融機関を利用した支払い方法にするのもいいですし、任意整理の場合は、整理する貸金業者を選ぶことができますので、残しておきたいクレジットカードは任意整理の対象から外しておくのもいいでしょう。数カ月に一度まとめて請求がくるものもありますので、漏れのないように利用明細書を数カ月さかのぼってチェックすることをおすすめします。

クレジットカードのローンで購入した商品がある場合

クレジットカードにショッピングローンという機能が付いている場合、このショッピングローンで購入した商品の支払いが終了する前に任意整理をしてしまうと、商品を引き上げられてしまう可能性があります。 これに関しては信販会社(クレジットカード会社)の判断によるところが大きいため、過去の実績を調べたりするといいでしょう。

過払い金返還請求をする場合には、先にショッピング枠を整理しておく

キャッシング枠の借金を整理したい場合には、発生している過払い金を借金元本に充当することで債務整理をせずに済むこともあります。過払い金返還請求は、債務整理のように借金やローンを組む際の審査には影響しません。過払い金返還請求をしても借金が残る場合には任意整理と同様の扱いになるのですが、過払い金で借金をすべて返済できてしまえば任意整理とは判断されず、ブラックリストを避けることができるのです。

自分の信用情報に傷をつけずに借金問題を解決したい場合には、過払い金返還請求がおすすめなのですが、1つ気を付けたいことがあります。それは、過払い金でキャッシング枠の利用残高をすべて返済できても、ショッピング枠の利用があるとそちらに充当されてしまうということです。過払い金でショッピング枠・キャッシング枠の両方を返済できないと、任意整理と判断されてブラックリスト入りとなってしまうことを覚えておきましょう。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判