ショッピングのリボ払いでのカード借金で苦しむ方へ 【債務整理のススメ】

ショッピングのリボ払いでのカード借金で苦しむ方へ 【債務整理のススメ】

クレジットカードも債務整理できる? ショッピングなどで使いすぎてしまった場合

買い物や公共料金の支払いなど、何かと便利なクレジットカードですが、無計画に使用していると、知らず知らずのうちに使いすぎてしまうことも少なくありませんよね。最近では「リボ払い」「ショッピングリボ」などもあり、思ったよりクレジットカードの利用料を返済できていなかった、ということもあります。

実はクレジットカードの利用は、一般的な借金とは違って信販会社(クレジットカード会社)による支払いの立替え行為にあたります。そのため、分割払いやリボ払いの際に支払っている金利は「分割手数料」という名目であり、貸金業法の対象外になります。

一般的な借金とは異なるクレジットカードによる借金の場合には、債務整理によって借金を減らすことができるのでしょうか?

 

債務整理は可能! しかし、クレジットカードでは過払い金は発生しない

クレジットカードのショッピング枠の利用による借金の場合でも債務整理は可能です。貸金業者と直接交渉をする任意整理はもちろん、自己破産も対象となっています。

注意したい点は、任意整理の場合は借金元本を減らすことができないので、そもそもショッピングで利用した金額が多い場合には任意整理をしても借金はあまり減らないということです。さらに、クレジットカードのショッピング枠に関しては、先ほど説明したように立替え行為とみなされますので、貸金業法の対象外となり、金銭の貸し借りをする際に利息においての最高利率を制限する「利息制限法」も適用されません。そのため、利息制限法による引き直し計算で発生する過払い金の発生も期待できないのです。

それでは、任意整理をする意味がまったくないのかというと、そうとも言い切れません。 任意整理によって、将来発生する利息を免除してもらうことができれば、使用したショッピング枠の金額のみを分割して返済することになります。分割手数料の金利が高く設定されているリボ払いを利用している場合では、将来利息がなくなるだけでもかなり負担が軽減されるはずです。

さらに、任意整理をすると、和解内容が決定して和解契約書を交わすまでは返済行為がストップします。任意整理には3ヶ月~半年程度の期間を要しますので、決着がつくまでに生活を再建することも可能です。返済に苦しんで、毎月の生活費もギリギリの場合には、一時的にでも借金返済がストップすることで精神的にもずいぶん楽に感じるでしょう。  

例外も? クレジットカードで過払い金が発生しているケース

実は、クレジットカードの利用で過払い金が発生しているケースもあります。それは、ショッピング枠ではなくキャッシング枠を利用していた場合です。 クレジットカードに付随しているキャッシング枠は、通常の借金と同様の扱いになるため利息制限法の対象となります。そのため、過去にキャッシング枠を利用していた場合には、過払い金が発生している可能性があるのです。

クレジットカードの返済で苦しんでいる方は、任意整理を検討する場合にはキャッシング枠を利用したことがなかったかどうかも確認してみましょう。

リボ払いの知らないと損をする仕組み

毎月一定額を返済するだけですむリボ払いは、一見すると便利に思えるのですが、実は考えなしに利用していると知らないうちにかなりの金額を返済するはめになる、とても怖い仕組みでもあるのです。

もちろん、理解した上で上手に活用すれば、毎回の返済の負担を少なくできるありがたい存在でもあります。リボ払いを利用するときに気をつけたい点を説明しましょう。

 

リボ払いで気をつけたいポイント

リボ払いで怖いことといえば、金利が高いことです。1回の返済額が少額で返済期間が長くなればなるほどに、金利の負担はどんどん重くなっていきます。

毎月一定額を返済する方式のため、自分が現在いくら使っていて、総額いくら返済しているのかが分かりづらくなってしまうのもその一因でしょう。知らない間に大量の借金を抱えてしまい、毎回の返済金額のほとんどがリボ払いの利息金になってしまうケースもじゅうぶん考えられます。

しっかりと利用明細を確認して、借金残高と利息金を把握し、リボ払いは余裕のある時は多めに返済する、一度の返済金額を高めに設定する、など工夫をすることで早く返済できるようになりますよ。

クレジットカードの任意整理の注意点

最後に、クレジットカードを任意整理する際に注意すべき点をまとめてみましょう。

(1)クレジットカード払いを利用している支払い

公共料金や通信費、会費、保険料など、クレジットカード払いを利用している支払いの支払い方法を変更しましょう。任意整理を開始すると、そのクレジットカードについては今後使用できなくなりますので、任意整理をしないクレジットカードに変更したり、口座引き落としやコンビニや金融機関を利用した支払いに変更したりする必要があります。

漏れがないように、しっかり利用明細を確認してすべての支払い変更を済ませてから、任意整理を行うようにしましょう。

]

(2)クレジットカードのローンで商品を購入している場合

クレジットカードのショッピングローンも任意整理可能なのですが、こちらについては任意整理をすることで購入した商品を引き上げられてしまう可能性があります。

信販会社(クレジットカード会社)の判断によるところが大きいため、こちらについてはケースバイケースですが、司法書士などの専門家に相談すれば、過去の実績などからある程度判断できることもあります。

任意整理を行う際の注意点については、司法書士などに相談することでアドバイスを受けられますので、クレジットカードの任意整理をする場合には一度、無料相談を利用してみるといいでしょう。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判