借金完済への近道!過払い金請求で返済中の借金が減らせる?

借金完済への近道!過払い金請求で返済中の借金が減らせる?

「借りたものは返すべき」この当たり前の倫理観をもとに、苦しい借金返済を頑張っている方が、「借金を返さなくてもいい」「借金が減らせる」と聞いたら、そんな夢のような方法があるの?と思うでしょうか。いま世間で騒がれている過払い金、自分には関係ないと思っていませんか?借金完済への近道のひとつに、過払い金請求というものがあります。

そもそも過払い金ってなに?過払い金請求って?

近頃テレビやラジオのCMで頻繁に耳にするワード、「過払い金」ってそもそも一体なんでしょう?過払い金は、払い過ぎていた利息のことを指します。その昔、消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者は、違法な金利で貸付けをしていました。法律が改正されてから、法定利息を超えて払っていた利息は返還請求できるようになりました。過払い金が発生していた場合、貸金業者に対して請求すれば取り戻すことができます。逆に言えば、過払い金はこちらから請求しない限り戻ってきません。貸金業者のほうから「もらいすぎていました」といって返してくれるわけではないのです。

なぜ、過払い金が発生するのかと言いますと、消費者金融等の貸金業者が契約上定めていた利率と、利息制限法所定の利率に大きな開きがあったからなのです。

消費者金融、信販会社等貸金業者の大半は、出資法の上限利率だった年利29.2%すれすれの利率で貸付をおこなっていました。 しかし、利息制限法では上限利率が以下となっております。

元本額10万円未満:年利20% 元本額10万円以上100万円未満:年利18% 元本額100万円以上:年利15%

法律上、上記の割合以上の利息を支払う契約をしても、無効となります。つまり、これ以上の金利は支払う必要がないのです。

では、貸金業者が利息制限法の上限利率を守らず、それ以上の利率による利息を付加していたのはなぜでしょうか。それは出資法を超えた利率で貸付けをおこなうと刑事罰の対象になるのに対して、利息制限法を超えた利率で貸付けをおこなっても罰せられることがなかったからです。 しかし、刑事罰が科せられないといっても、利息制限法を超える利率を定めた契約は、あくまでも違法・無効です。

この結果、出資法の制限すれすれの利率で貸付けが行われ、それが長期間に及んでいた場合、利息制限法に基づいて引き直し計算をすると、違法な契約に基づき実際に支払った金額と、法律上支払うべき金額との差額=過払い金が発生することがあるのです。 現在は出資法が改正され、利息制限法の最上限利率と同じ20%が出資法の上限利率になりました。

引用:過払金請求とは | 司法書士法人 ふらっと

過払い金請求は借金を返済中でもできる

過払い金請求は過去に借金を完済した人にしか関係ないと思っていませんか?実は、いま借金を返済中の人でも過払い金が発生している可能性があり、過払い金請求が可能です。

過払い金請求は借金を返済中でも、完済したあとからでもできる手続きです。借金を完済した方の場合、過払い金が発生していれば手元にお金が戻ってきます。返済中の方の場合は借金が減額されたり、借金がゼロになる可能性があります。残りの借金の額よりも返ってくる過払い金のほうが多かった場合は手元にお金が戻ってきます。

引用:借金を返済中でも完済後でも過払い金請求はできる@杉山事務所

返済中の過払い金請求は自分でもできる?

過払い金請求のCMやネット広告をよく見ていると、弁護士事務所や司法書士事務所の広告であることがわかります。過払い金請求は弁護士や司法書士に依頼しないといけないのでしょうか?

結論からいうと、完済後の過払い金請求は自分でやることもできますが、借金を返済中に過払い金請求をする場合、弁護士や司法書士に依頼したほうがいいでしょう。多額の過払い金が発生していた場合、借金が相殺されてなくなる場合もありますが、返済中の取引を一旦中断する手続きになり貸金業者との交渉が必要となるので、弁護士や司法書士に代理となってもらったほうがスムーズです。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判