弁護士・司法書士の過払い金請求の費用相場はいくら?

弁護士・司法書士の過払い金請求の費用相場はいくら?

過払い金請求をしたいけど、弁護士や司法書士に依頼したらいくらくらいかかるのか、費用が気になりますよね。「どうせなら安いほうがいいけど、あまりにも安すぎる事務所も裏がありそうでこわい・・・」そう思う人も多いと思います。

過払い金をちゃんと取り戻してくれる、実績がしっかりしていて、信頼できる法律事務所に依頼したいところですが、その前に、過払い金請求の費用の適正価格(相場)を知っておきましょう。

過払い金請求にかかる主な費用

相談料・着手金

過払い金請求の依頼を専門家と契約することが第一歩となりますが、無料相談を行った直後でもこの専門家なら安心してお任せできると判断できれば続けて本契約へという運びとなります。

相談料は無料の事務所が多いですがここで問題なのが着手金です。事務所によっては着手金も無料で依頼できるケースもありますが、中には条件が指定されており完済された方のみ着手金不要や5万円程度の着手金が必要になる事務所もあるのです。着手金とは過払い金請求を依頼する事に対応してもらうための費用で労務経費の対価と捉えておくと良いでしょう。

基本報酬・定額報酬

過払い金請求を行う上で1社のみならず複数の消費者金融や信販事業者に対して行う場合に1社ごとに設定された費用が基本報酬で無料で行える事務所もあれば2~3万円程度の基本報酬が必要になる事務所もあります。 過払い金請求を行う業者が多いほど基本報酬も多くなる事になりますので、過去に多重債務で複数の業者から借り入れがあった方はこの基本報酬の費用に注意して事務所を選ぶ事をお勧めします。

次に定額報酬とは受任した過払い金請求の結果にかかわらず発生する費用で1社につき5万円が相場となっています。

成功報酬

過払い金請求の中で最もポイントとなる費用が成功報酬で過払い金を回収できた時、その中から20~30%というように報酬として支払う事になります。話し合いによる交渉だけで解決できれば全国平均の約20%が成功報酬の相場となっていますが、話し合いでは解決せず訴訟まで至ると約25%と少し高くなるのが特徴です。

成功報酬は手元に戻ってくる金額を大きく影響し発生していた過払い金の金額が多いほど成功報酬も多くなりますので費用の中の一番大きな割合を占める費用となります。

その他・実費

過払い金請求には処理に必要な実費がありこれは直接専門家への報酬ではありませんが依頼者に負担をお願いする事務所多くあり、内訳には切手代や収入印紙代、交通費や通信費が含まれています。裁判で過払い金を請求する時に裁判所に収入印紙と切手を納める必要があり例として50万円の請求で5千円、100万円の請求で1万円の収入印紙が必要となります。 また遠方への出張費や日当も実費として必要になる事務所もありますので最初に確認しておくことが重要です。

減額報酬金

まず報奨金とは専門家に依頼し業務が終了した時点で成功の程度によって支払う費用です。 現在も借金を毎月返済中の方でも債務整理の任意整理や過払い金請求を依頼する事もできますが、個人の借入条件により借金の総額が減額できたり過払い金が発生していれば返済するどころか逆にお金が戻ってくるケースもあります。

この業者1社につき借金が減額できた時の費用が減額報酬となり10%が相場となっています。例えば100万円あった借金が債務整理で0円になった時、減額報酬が10%なら10万円が減額報酬の費用という感じになります。

まずは過払い金チェック!過払い金回収額が日本一の杉山事務所で無料診断

これから過払い金請求をしようと思っている方は、まずご自分の過払い金がいくら発生しているか気になっていると思います。過払い金の回収額が日本一の司法書士法人杉山事務所では、無料で過払い金の診断ができます。

過払い金があるかどうか調べるだけでも無料でOK!もちろんそのまま依頼することもできます。まずは、日本一の実績を誇る司法書士事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

どっちが安い?弁護士と司法書士の報酬の違いはあるのか

過払い金請求の相場に関していうと、弁護士だから高いとか、司法書士だから安いとかいう違いは今はそんなにありません。弁護士事務所では法律相談だけで30分5,000円の相談料が相場ですが、過払い金請求・債務整理の相談は無料にしている弁護士事務所も多いです。

「司法書士のほうが敷居が低そうで相談しやすい」と思う人もいれば、「弁護士のほうが手堅い・心強い」と感じる人もいると思います。しかし、実際に違いがあるのは、司法書士は140万円以下の訴額しか裁判の代理人になれないというだけです。140万円以下の金額であれば、司法書士に過払い金請求を依頼してもいいでしょう。過払い金の額が140万円を超えそうであれば、最初から弁護士に依頼したほうがいいかもしれません。

弁護士にしても司法書士にしても、いずれにしても過払い金請求の実績が豊富で信頼できる事務所を選びましょう。無料相談を利用していくつか相談してみて、相性がよさそうな事務所を選ぶものひとつの手です。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判