大分県で過払い金請求に強いと評判のいい司法書士・弁護士事務所

大分県で過払い金請求に強いと評判のいい司法書士・弁護士事務所

大分県で過払い金請求に強い司法書士・弁護士事務所

大分県で過払い金請求のできる司法書士・弁護士事務所

深田法律事務所 《住所》大分県大分市城崎町2-2-19 城崎法務ビル202 《電話》097-533-5517 《営業時間》毎日8:00~20:00 <債務整理料金> ・任意整理:着手金22,000円/1社 + 返還金額の20% ・過払い金請求:着手金22,000円/1社 + 返還金額の20% ・自己破産:着手金210,000円 + 免責時52,500円 + 印紙1,500円 + 切手代80円×債権者数 + 予納金10,290円(管財人をつける場合130,000円~) ・個人再生:着手金315,000円 + 認可決定時52,500円 + 印紙10,000円 + 予納金11,928円 + 切手代1,100円 + 90円×(債権者数×2 + 10) 平日昼間にお仕事がある方の為に夜8時まで相談可、土曜日曜も相談できますし、弁護士費用は切手代まできっちり明瞭に提示しています。 債務整理の相談に力を入れている法律事務所なのでホームページも債務整理の流れから料金まで細かく表示していますし、事務所は他の依頼者と顔を合わせない設計になっていますので安心です。

別府総合法律事務所 事務所詳細 住所 大分県別府市田の湯町12番26号 吉平ビル3階 電話 0977-85-8411 営業時間 お問い合わせください 債務整理料金 任意整理 着手金30,000円/1社 + 預り金10,000円 過払い金請求 着手金30,000円/1社 + 返還金額の20% + 預り金10,000円 自己破産 着手金200,000円~ + 預り金30,000円 個人再生 お問い合わせください 皆様が抱えられている問題、心配事、疑問に思う点がありましたら一人でお悩みになる前に、まずはお気軽にご相談ください。 法的紛争の解決だけでなく心のケアにも取り組み、一日でも早く紛争にまつわる不安から解放されるよう全力でサポートしています。

中山知康法律事務所 事務所詳細 住所 大分県中津市古魚町1659番地1 電話 0979‐23‐0239 営業時間 平日9:00~17:00 HP http://www.himawarilion.jp/ 債務整理料金 任意整理 着手金30,000/1社 過払い金請求 着手金30,000/1社+返還金額の20% 自己破産 着手金300,000円~ 個人再生 着手金400,000円~ 約18年にわたり様々な法的支援サービスを提供しており、依頼者と何度でもじっくり時間をかけて協議し、事実・法律関係・背景事情を十分にくみ取ります。 トラブルや悩みを総合的に解決するための最良の解決策をご提示できるよう心掛けていますので、お気軽にご相談ください。

大分県で多い過払い金請求について

過払い金(グレーゾーン金利)とは消費者金融やカード会社に払いすぎたお金(取られ過ぎた利息)。 お金を貸す時の利息は利息制限法という法律で定められてましたが、2007年くらいまで多くの消費者金融やカード会社(貸金業者)がこの法律より高い利息で、お金を貸していました。

世間で過払い金請求というキーワードが先走り過ぎていて、多くの人が勘違いしている過払い金請求。 これって、完済した借金に対する請求以外は、債務整理という扱いになり、ブラックリストに載ってしまうんです。 というか、過払い金請求というのは、元来、完済した借金に対して行うことを言い、借入中のものに関しては債務整理という扱いになるんです。 なので、世間一般で言われる、過払い金請求はブラックリストに載らないというのは、完済した借金に対する過払い金請求であり、借金中の請求は確実にブラックリストに載ってしまいます。

ただし、借入中の過払い金請求であっても、過払い金で借金を完済できるような事案に関しては、ポイントが異なります。 まず、借入中の過払い金請求を行った時点で、信用情報機関に債務整理として登録されます。 そして、過払い金で完済できれば、その債務整理の登録情報は削除されるので、結果的にはブラックリストはキレイな状態で保たれます。

噂ではブラックリストに入ってしまって新たな借入が難しくなってしまうということです。

しかし、これは平成22年当初の話で、金融庁の見解によると、これは間違っていて本来払い過ぎた利息を取り戻しただけで、 それによって返済がされているのであればブラックリスト入りは不当ということになりました。

つまり、過払い金請求をした後でも債務整理をしていなければ、ブラックリストに入ることはありません。 その後も普通にクレジットカードを使ったりキャッシングをすることが出来ます。

もう一つのデメリットは自分で行うことが難しいということです。 過払い金請求するためには、消費者金融などの金融機関と交渉しなくてはいけないので、なかなか素人の場合、思うように事が進まなく苦労が大きいというとこです。

よほど腰を据えて知識武装をして臨まないと思ったような結果は得られないということです。ネット上では簡単に出来るように書いてありますが、実際にはそうはいきません。それでは専門家に依頼するとどうなのかというと、スムーズに過払い金を取り戻してくれますが、依頼料がかかります。

一般的に着手金が2万円から5万円。還金額の15%から20%の成果報酬が必要です。 しかし、これらのデメリットを補って余りあるメリットもあります。実際に数百万円の借金が大幅に減って毎月の返済が楽になった例も多いです。お金の問題を解決することで、暗かった家庭も明るくなったり、夫婦仲が良くなったり、毎日希望を持って生きることが出来るようになります。

過払い金は金融機関が倒産してからではお金は返ってきません。早めの行動をすることで確実に取り戻す必要があります。ただ、過払い金対象に当てはまらない人もいるので、実際のところどうなのかは、無料相談で確認してみましょう。匿名で出来る無料相談で、自分は本当に過払い金請求出来るのか、どのくらいの金額が取り戻せるのか診断してもらいましょう。

法には、債権を持っていたとしても、これを使わない状態が10年間続くと、その債権は消滅してしまい、もはや請求できなくなるという規定があります。これを「消滅時効」といいます。過払い金の返還を求める権利も債権である以上、10年で消滅時効となり、それ以降は請求できなくなってしまいます。

過払い金返還請求権が10年で消滅するとはいうものの、一体どの時点から10年なのか、という点が、かつては論争となっていました。しかし、今は判例(裁判所の判断の先例)によって解決されており、「最終の返済日から」10年と解釈されています。借入日や、初回の返済日が10年以上前であったとしても、最終返済日から10年経っていなければ、過払い金返還請求はできることになります。

完済日から10年以上経ってしまった場合でも、取り戻せる可能性はゼロではありません。取り立てのされ方がひどかった場合などには、貸金業者からの請求を「不法行為」ととらえて請求すればよいのです。

不法行為とは、違法な行為によって人に損害を与えた場合に、その被害者が加害者に対して損害賠償を求めることができる、というルールです。

例えば、交通事故の被害者が治療費を請求する場合や、不倫をされた人が慰謝料を請求する場合がこれに当たります。借金の悪質な取り立て行為も、この不法行為と見る余地があるのです。

新しい問題として議論されているのは、「取引の分断」があった場合の消滅時効の考え方です。取引の分断とは、例えば、A社から平成2年に借り入れて平成10年に一度は完済したものの、再びA社から平成12年に借り入れて平成20年に完済した、というように、途中で一度完済している場合のことをいいます。

この場合、前の取引と後の取引とを合わせて1つの契約だと考えると、そのすべての返済が終わった時(上の例では平成20年)から時効を数え始めることになるので、平成30年が来るまではすべての過払い金の返還請求ができます。

ところが、前の取引と後の取引とが別々の2つの契約だと考えると、前の取引についてはその返済が終わった時(上の例では平成10年)から時効を数え始めることになるため、平成20年が来てしまうと、前の取引から生じた過払い金に関しては、返還請求ができなくなってしまうのです。

過払い金請求の多い大分県について

大分県(おおいたけん)は、日本の九州地方東部にある県。県庁所在地は大分市。 温泉の源泉数(4,538ヶ所)、湧出量(291,340L/分)ともに日本一[2]で、別府湾に面する別府温泉、県中央部に位置する由布院温泉は全国的に知名度が高い。さらに地熱発電でも日本一を誇り、栽培、養殖などの産業、食文化や美容と医療に至るまで、豊かな温泉の恵みが幅広く活かされていることから、県では「日本一のおんせん県おおいた」と称し、全国に大分の温泉をPRする活動を行っている。 現在の大分県の名は、古来国府が置かれていた大分郡(おおきたのこおり)に由来する。「おおいた」という読みは「おおきた」が転訛したものであり、これは日本語発音上でのイ音便と呼ばれる変遷の一例で、埼玉(さきたま→さいたま)なども同様の例である。 さらに、大分郡の名の由来については、『豊後国風土記』によると、景行天皇がこの地を訪れた際に「広大なる哉、この郡は。よろしく碩田国(おおきたのくに)と名づくべし」と感嘆して名づけ、これが後に「大分」と書かれたとされている。しかし、大分平野は広大とは言えないため、実際には、狭くて入り組んだ地形に多くの田が造られている様子を形容した「多き田」が転じて「大分」になったとするのが最近の定説である。

14市3郡3町1村を合わせて、18市町村がある。現存するすべての町村名で、町は「まち」、村は「むら」と読む。 2005年(平成17年)から2006年(平成18年)にかけて、いわゆる「平成の大合併」により、別府市、津久見市、姫島村、日出町、九重町、玖珠町を除くすべての市町村が合併し、市町村の数は2004年(平成16年)12月31日までの58から、2006年3月31日に東国東郡4町が合併し国東市が誕生した時点で、18へと大幅に減少した。これは九州で最も少なく、全国でも4番目に少ない。なお町の数(3) および町村数(4) は2010年(平成22年)1月現在47都道府県で最も少ない。

面積はおよそ6340㎢(都道府県22位)、総人口およそ120万人(同33位)。 県庁所在地は大分市に置かれており、 現知事は広瀬勝貞(2016年5月時点で4期目)が務めている。 山地の占める割合が大きく、西部には九重連山、南部には祖母山・傾山がそびえる。平野部は大分市や中津市、佐伯市の周辺などごく限られた地域に分布している。豊後水道を挟んで四国地方に接し、最狭部の豊予海峡の幅は10kmほどである。南部の日豊海岸にはリアス式海岸が発達している。 気候は比較的温暖で年中通して暖かい地域が多い、だが県北は冬場に雪が降ることがあり内陸部は夏は非常に暑く冬場は雪が積もるのが当たり前。大分市中心部などは雪が降ること自体が稀である。 また、台風の進路になることが非常に多いものの不思議と直撃することが少なく、また別府に活断層があるにもかかわらず、これまで幸いにも地震等の災害に遭うことはほとんど無かった。しかし2016年に熊本地震が起きると、別府市や由布市で震度6弱を記録するなど、かなり大きな被害を受けてしまった。

大分県民はお菓子大好き。スナック系菓子、チョコレート系菓子、プリン系デザートの一世帯あたりの購入金額が全国一位となっている。元も子もない言い方であるが、理由は不明である。おそらく大分県民自身にもその自覚はない。 (上記のお菓子購入金額ランキングは2009年時点での記録。実際は1位が頻繁に入れ替わるランキングらしい。それでも3部門で1位になるのは十分すごい記録ではあるが。) 大分県民は、「九州男児」という自覚が無い。全く無い。理由としては、大分県は山に囲まれていたため九州の他県との交流があまり無かったためである。むしろ、瀬戸内海を越えて山口県や四国との交流が盛んであった。 2010年代にイクメンブームが来ている最中、大分県は「日本一夫が家事をしない県」と言われている。2006年度の調査によると、「夫が家事・育児にかける時間」が全国47都道府県で最少だったことが分かった。 「それって男尊女卑?」「女性は毎晩涙で枕を濡らしているの?」と思う人もいるかもしれないが、そういう感じでもないらしい。大分県の女性は姉御肌でしっかり者が多く、「家のことは女に任せて、男は外で働いて稼いでこい」という感じなのである。 さらに、「男性の休日の休息時間」が大分県は最多、つまり、大分県の男性は休日は動かないのんびり気質が多く、家事をさせても遅いばかりなので、少しきつめに表現すれば大分県の女性は「男に家事は期待していない」というのが実情のようである。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判