過払い金の落とし穴!過払い金請求する前に気をつけるべき注意点

過払い金の落とし穴!過払い金請求する前に気をつけるべき注意点

消費者金融やクレジットカード会社などからお金を借りたことがある人は、それらの貸金業者からお金が戻ってくるという過払い金請求。借金をしていた人にとっては夢のような話です。そんなおいしい話に、落とし穴はないのだろうか?心配になると思います。

実際、過払い金請求には請求する人の状況によって、気をつけなければいけない注意点がいくつかあります。自分にも過払い金があるかもしれない、過払い金請求しようかなと思っている方は必見です。

過払い金請求した貸金業者からは新規の借入れができなくなる

過払い金請求した貸金業者からは、新規の借入れをすることがむずかしくなります。すべての貸金業者がそうとは言い切れませんが、過払い金請求をされた側の心情として、同じ人にまた快く融資をしようとは思いません。審査がきびしくなるもの当然かもしれません。請求先と合併した貸金業者や同系列の業者も同様に借入れがむずかしくなるといわれています。

これはクレジットカード会社への過払い金請求も同じです。過払い金請求したクレジットカード会社のカードは使えなくなる可能性が高く、同系列のカード会社も審査に通らない可能性が高くなります。

ただし、過払い金請求した業者以外だったら新規の借入れもクレジットカードの審査にも影響はないので、さほど問題ないでしょう。

返済中の過払い金請求はブラックリストにのる

借金を返済中の貸金業者に対して過払い金請求をする場合、過払い金が発生していればその分で借金を減らすことができます。しかし、そのあと残った借金を分割で支払っていくという契約見直しの交渉(債務整理)の手続きを踏むことになるので、信用情報に登録される(いわゆるブラックリストにのる)ことになります。

信用情報に登録される(ブラックリストにのる)と、過払い金請求した貸金業者以外からも新規の借入れやローンの審査が一定期間むずかしくなります。

ただし、信用情報に登録される(ブラックリストにのる)のは一定期間に限ります。過払い金請求で借金を減らし、その後、無事に借金を完済できれば5年程度で登録は削除されるので、ローンを組むことやクレジットカードを持つことも可能です。

返済中の過払い金請求でも過払い金で借金がなくなればブラックリストにはのらない

返済中の過払い金請求だとしても、戻ってきた過払い金で借金を完済できれば、信用情報に登録される(ブラックリストにのる)ことはありません。「いま返済中だから、ブラックリストが気がかりで過払い金請求に踏み切れない」という人も、過払い金がいくら発生しているか調べてみましょう。貸金業者から「取引履歴」を取り寄せて、利息制限法に基づいた法定金利で「引き直し計算」することで過払い金がいくら発生しているかわかります。

完済したと思っていても返済中の扱いになることがあるので注意

過払い金請求をしようと思っている完済した貸金業者以外に、いま返済中の業者がある場合は、その業者同士が関連会社ではないかどうか注意が必要です。吸収合併して同じ会社になっていたり、保証会社になっている場合もあります。

過払い金請求する業者が吸収合併した業者にも、借金がないかどうか A業者に過払い金請求する場合、A業者が吸収合併したB業者にも借金がないことをご確認ください。完済とは認められず、返済中の手続き(債務整理)になる可能性があります。

例)アイフルはライフ(ライフカード)を吸収合併しました。完済した状態で、アイフルに過払い金請求する場合はライフにも借金がないかどうか確認が必要です。

過払い金請求する業者が保証会社となっているカードローンを利用していないかどうか 「A業者は○○銀行のカードローンの保証会社」という場合があります。その場合は、そのカードローンの利用がないかもご確認ください。関連する会社の借金がある場合、完済とは認められず、返済中の手続き(債務整理)になる可能性があります。

例)アコムは三菱東京UFJ銀行のカードローンの保証会社です。アコムを完済していても、三菱東京UFJ銀行のカードローンから借入れがある場合は返済中の扱いになる可能性が高いので注意が必要です。

引用:過払い金請求前の注意点 過払い金請求を成功させるポイント3つ@杉山事務所

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判