ニッセンの過払い金請求いくら戻る?デメリットは?特徴と対策・費用と期間

ニッセンの過払い金請求いくら戻る?デメリットは?特徴と対策・費用と期間

ニッセンは過払い請求に好意的な対応

女性向けの通販カタログなどでお馴染みのニッセンは、お買い物だけのイメージかと思われがちですが、カードでのキャッシング利用があれば過払い金が発生します。 ニッセンのカードで代表的なカードは魔法使いの絵が記載されたマジカルカードです。 お買い物での洗練されたイメージとは逆で、過払い金の対応に関しては、渋さも感じる会社です。

裁判をしなくても、任意の交渉により80%~90%の返還額での和解は望めますが、全額を取り戻すには裁判が必要です。 裁判をした場合でも訴えを起こしてから2~3か月ほどで和解できることが多く、あまり長期化はしません。 ただし、法律上の争点※その点を争ってきますので、その場合は解決まで時間がかかってしまうこともあります。

※一度完済し間をあけて再度取引を再開した場合など。 過払い金の返還時期は平均で和解してから3か月ほどで、裁判をしてもあまり変わりません。 ※返還率とは過払い金の発生金額に対する業者から実際に戻ってくる過払金の割合であり、ご依頼者様へのご返金はこの回収金から報酬を差し引いた後の金額となります。

ニッセンでの過払い金請求のデメリット(注意点)

完済後の過払い金請求の場合には基本的にブラックリストに載るようなこともなく、ほぼデメリットはありません。

ニッセンカード問題 ニッセンのカードでショッピングをご利用中の場合には注意が必要です。 まず、ニッセンに対し過払い金を請求するとカードが解約になります。 さらに、ショッピングの残高がある状態で過払い金を請求した場合、過払い金とショッピング残高とで相殺されます。 相殺の結果が、ショッピングの金額のほうが大きい場合は残った金額を任意整理することになります。 任意整理となるとブラックリストに載りますので、影響がでれば他社のカード等にも影響がでることになります。 過払い金のほうが多くショッピング利用分も全て相殺できる場合か、キャッシングとショッピング共に完済してからの請求をすればこのような問題は起きません。

返済中での手続きは任意整理とよばれ、完済後の過払い金請求手続きとは異なります。 なお調査の結果、借金がなくなり過払いになっている状態であればブラックリスト(信用情報)のデメリットなく請求することができます。 ※完済後での手続きであれば他社のカードには影響はありません。

ニッセンクレジットでの過払い金回収までの期間

取引履歴到着まで平均14日 受任通知送付から取引履歴到着まで平均2週間です。 他の業者で取引履歴を取り寄せると早いところでは1週間、遅いところでは3ヶ月かかりますので、取引履歴の送付までは比較的はやい業者と言えるでしょう。

請求書送付~和解成立まで平均7日 ニッセンへ請求書を送ってから和解が成立するまでの期間の平均は1週間です。 和解成立までの期間も他の業者と比べはやいです。

和解から返金まで平均30日 返金までの期間は和解内容にもよりますが、和解から1ヶ月ほどでの返金となります。 和解から1ヶ月後の返金というのも他の業者よりもはやい対応です。

日数まとめ平均51日 ニッセンへの過払い金請求をした場合にかかる期間としては平均2ヶ月です。 和解の場合は受任~返金まではとても早い対応をしてくれる業者です。

ニッセンからの過払い金回収(和解・訴訟)

【和解】 元金90% 2ヶ月後の返還 元金の90% ニッセンと和解をする場合は元金の90%ほどで和解となることが多いようです。 90%ほどの金額でもいいから早く返金してほしいという場合には裁判所を通さず、任意の話し合いで回収します。 全額の返金を求めるとなると裁判が必要になります。 和解の場合の元金は利息非充当計算での元金です。

【裁判】 満額 4~5 ヶ月後の返還 元金の満額+α 上記の和解金額では納得いかないという場合には訴訟が必要になります。 しかし裁判をするとなるとやはり時間はかかります。ニッセンの場合、争点がない場合でも4~5ヶ月程度返還までに期間がかかります。争点がある場合は回収まで更に期間がかかることになります。

ニッセンへの過払い請求の注意点

ニッセン(マジカルクラブ)へ過払い金返還請求をする場合は、次の事を注意する必要あります。 ショッピングの利用がある場合 ショッピングを利用している残高が残っている場合は、過払い金とショッピング利用残高を合算します。もし過払い金よりもショッピング残高が多い場合は、信用情報が自事故扱いになってしまいます。

ニッセンの取引履歴を自分で取得し計算したい方

ニッセンの過払い金が気になる方、取引内容の記憶が曖昧な方、キャッシングを利用していたが、ショッピング中心だったかが思い出せない方など、直接ニッセンへ連絡し取引履歴を取り寄せることが可能です。取り寄せた履歴を元に過払い金の引き直し計算をするとご自身の過払い金がいくらか判明します。

本人による開示請求(ご依頼前に契約内容を確認したい方) 弁護士や司法書士に依頼する前に、個人で取引履歴を取り寄せることも可能です。 直接ニッセンジーイークレジットに電話で、契約当初からすべての「取引履歴 が欲しいと言えば、開示してくれます。 詳しくはニッセンジーイークレジットへお問い合わせください。

ニッセンの過去と現時点の金利比較

ニッセンと聞くと通信販売のイメージが強いですが、マジカルクラブカードと聞くと心当たりのある方も多いのではないでしょうか? 現在のニッセンジーイークレジットは、8.95%~17.95%という法定金利内での貸し付け業務しか行っていませんが、過去にグレーゾーン金利による貸付けを行っていたため、取引期間が長い方は過払い金が発生している可能性が強いです。

過去から現在までの簡単な経緯 ニッセンジーイークレジットはもともと、平成12年にニッセンホールディングスとGEの2社の投資によって設立された会社です。 その後、社名変更をすることもなく、クレジットカード業務だけでなく、通信販売による情報提供業務、保険代理店業なども行っています。 マジカルクラブカードはJCBと提携をし、現在までに300万人以上の会員数を誇っています。

ニッセンの今後について

過払い金への対応を見ても、今後、ニッセンジーイークレジットの経営が傾く心配はあまりないと言えるでしょう。 過払いブーム時においても、キャッシングよりもショッピングをメインに貸付けを行っていたため、過払い請求によって経営不振に陥ることもほとんどありませんでした。 よって、今後も過払い請求に影響を受けることはなさそうです。 また、通信販売における国内シェア率も非常に高いため、よほどのことがない限り、会社倒産といった懸念はないと言えるでしょう。 ただし、過払い請求には最終取引から10年間という時効期間があるため、過払いに心当たりがある方は、専門家への相談を検討してみてください。

過払い請求体験談

借金をした企業と言うのは、大手の消費者金融業ばかりです。何社も借りたので多重債務になっていました。VISAのクレジットカードのキャッシングでは10万円くらいと、そして、通販のニッセンのクレジットカードでは10万円と、消費者金融業は、アコム、プロミス、レイク、アイフルなどで、180万円くらいなので、合計200万円くらいになっていました。

総額ではそんなに多くない借金だとは思いますが、毎月の返済がそれぞれの企業ごとになる為に、大変な返済額となり、行き詰まってしまったのです。そんな時に、過払い金請求と言うのがあって、借金が戻って来るという情報を聞いたのです。 テレビのコマーシャルでは、払いすぎた利息が戻って来る事がありますと、弁護士から過払い金請求のCMが流れていたのですが、余分に弁護士費用も掛かるので、親の会社の経理の事務員さんに全て処理を行って貰いました。

この過払い金請求は弁護士や司法書士に頼んだら簡単だと言われていますが、自分でも行えるのです。今まで支払った領収書や、受け取った請求書や、借入の時に貰った契約書などが揃えれば、誰でも計算が出来るのです。 過払い金請求とは、利息の法改正があったので行えるものなので、利息が高い分があれば、その分借金が減るのです。それで親の会社の経理の事務員さんに過払い金請求の計算を行って貰い、そして裁判所に出向き、過払い金請求の調停をして貰いに書類を出しに行きました。

過払い金請求を裁判所に出した途端に、取引は一旦停止状態になるので、裁判が完結するまで、双方取引停止となるため、借金の返済はしなくて良いので、とても楽になります。私は、過払い金請求のついでに債務整理も行い、借金が滞るのを防いで、何とか個人再生する事が出来たのです。

今まで返済は1度も遅れずに何とか毎月の返済の支払いはクリアして来たので、相手の企業は驚いていたと思います。きちんと支払っていたから借金の取立てもなければ、裁判所の調停の話し合いでもめる事もなくスムーズに行えました。 親の会社の犠牲になって可哀想にとなだめられるほどでした。このようなスムーズな調停になったのは、借金を取引していた企業が大手の消費者金融業や、大手のクレジットカード会社だからでしょう。

もしも、個人の中小企業の消費者金融業なら、そんな優しい言葉を掛けて貰え無かったかもしれません。調停での話し合いは、親の会社の経理の事務員さんも同行して貰い話し合いも行って貰ったので、業務的な作業だったと思います。 そして経理の事務員さんへお礼として個人的に3万円を支払いました。元は親の会社のせいで借金を作る事になったので、相談は親や親の会社の社員さんにしていたので、これで上手く行きました。借金は大幅に減り、毎月の返済も減り楽に返済が出来てスムーズな暮らしに再生する事が出来て良かったです。

ニッセンの会社概要

商号 株式会社ニッセンGEクレジットカード
本社所在地 京都市中京区新町通錦小路下る小結棚町444 ニッセン四条新町ビル
資本金 40億5,000万円
貸金業者登録番号 近畿財務局長(4)第00732号
過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判