債務整理するなら知っておきたい任意整理の流れ

債務整理するなら知っておきたい任意整理の流れ

債務整理をしようと決意したとしても、どのような流れで手続きが進んでいくのか不安だと思います。ここでは債務整理の中でもいちばん手続きされることが多い「任意整理」の流れについて紹介しますので参考にしてください。

任意整理の流れ【1】まずは法律事務所に相談

借金問題の相談は弁護士か司法書士に相談しましょう。弁護士はすべての手続きをおこなえますが司法書士は140万円以下の整理しか扱えません。弁護士事務所は敷居が高いと思う方も多いでしょう。しかし弁護士事務所は初回だけ相談無料に応じている事務所も多いので、まずは無料相談を試してみましょう。140万円以下であれば司法書士に相談してもいいでしょう。債務整理の実績が豊富な司法書士事務所も多くありますので無料相談で自分に合った事務所を選びましょう。

任意整理の流れ【2】弁護士か司法書士に任意整理を正式に依頼

弁護士や司法書士に相談して正式に依頼を決めると委任状の書類を作成してくれます。債務整理の場合は依頼主がお金に困っていることは弁護士や司法書士も理解してくれていますので費用面で心配しすぎる必要はありません。分割払いに応じてくれる事務所も多いです。

弁護士か司法書士に依頼したあとはすべて専門家にお任せです。依頼者がおこなうことは何もありません。

任意整理の流れ【3】受任通知発送

弁護士や司法書士が正式に依頼を受けたあとは、貸金業者に対して「受任通知」を発送します。受任通知を受け取った貸金業者側は借金の督促ができなくなるので、それまできていた督促がストップします。借金返済を催促される日々から解放されるので精神的に楽になれます。

任意整理の流れ【4】取引履歴を取り寄せる

貸金業者にいつ・いくら借りて・利息はいくらで・いくら返しているか、これまでのすべての取引が記載された書類を取り寄せます。貸金業者が複数業者あればすべての業者から取り寄せます。

任意整理の流れ【5】利息制限法に基づいて引き直し計算

取引履歴を取り寄せたら、過払い金がないかどうか、利息制限法に基づいて利息の再計算(引き直し計算)をします。過払い金があれば借金の元本を減らすことができます。長期間にわたって取引をしていた人は多額の過払い金が発生している可能性もあります。

任意整理の流れ【6】方針の決定

引き直し計算をして過払い金があった場合は残債と相殺して残った借金の総額が割り出されます。3~5年で分割返済できる状況であれば任意整理の手続きを進めます。

任意整理の流れ【7】貸金業者と交渉

各貸金業者と、過払い金請求・将来利息をカットする交渉・残債の月々の分割金額、などの交渉をおこないます。ここは弁護士や司法書士の交渉の手腕にかかってきます。各貸金業者についての知識や任意整理の経験値も大きく左右します。

任意整理の流れ【8】和解契約書の締結

各貸金業者と和解が成立したあとは和解契約書をむすびます。

任意整理の流れ【9】手続き終了

すべての貸金業者と和解が成立すれば任意整理の手続きは終了です。和解内容に基づいて月々の返済を続け、完済まで頑張りましょう。入金先は通常、任意整理を依頼した弁護士や司法書士事務所です。後払いの事務所の場合、貸金業者への返済が始まる前に弁護士や司法書士費用の分割払いからスタートします。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判