債務整理の基本:任意整理のメリットを徹底解説!

債務整理の基本:任意整理のメリットを徹底解説!

「任意整理」は、借金を返せなくなってしまった人を救済するための「債務整理」という手続きの中のひとつです。任意整理は、将来にわたる利息や過去に支払いすぎた利息、借金の延滞により生じた遅延損害金などのお金を交渉により免除してもらい、純粋に最初に借りた借金元本だけを分割で返済するという「契約見直し」を貸金業者との間で結ぶ手続きになります。

借金返済に苦しんでいる人にとって、任意整理はメリットの多い手続きです。任意整理には具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?任意整理のメリットについてまとめてみました。

任意整理とは

任意整理とは、司法書士が債権者と返済の方法や返済の額について交渉をして、支払いが可能になるような(今よりもよい)条件での合意を成立させる手続きです。裁判所は関与しません。 すべての債務整理の手続きの中で、最もよく利用されるのが、この任意整理の手続きです。

高金利(利息制限法の上限金利を超える金利)の消費者金融等と取引がある場合には、利息制限法による引き直し計算を行い、過去に払い過ぎている利息を元本に充当して借金額を減らします。 そして、利息制限法引き直し計算による減額後、将来の利息はカットして分割払いをするという交渉や、過払い金や親族の援助などで一括返済するので借金額を減額して欲しいというような交渉をしていきます。将来利息のカットについては、ほとんどのケースで可能ですが、一括返済による減額は、必ずできるわけではありません。

裁判所は関与しませんので、自己破産の場合のように裁判所に提出する書類を用意していただく必要はありません。

引用:任意整理とは(メリット・デメリットの解説)|松谷司法書士事務所

任意整理のメリット

【1】貸金業者からの督促が一旦ストップする

任意整理を弁護士・司法書士などの専門家に依頼すると、貸金業者からの支払いの督促が一旦ストップします。督促状や催促の電話も止まります。

【2】過払い金があった場合、借金の減額ができる

金融業者との取引において、払い過ぎていた利息があった場合、取り戻すことができます。これがいわゆる過払い金請求です。利息制限法に基づいて利息の再計算(引き直し計算)をおこなって過払い金があった場合、借金そのものの額を減らせます。

【3】将来利息をカットしてもらえる

任意整理の大きなメリットは、原則として今後の利息を免除してもらいます。利息がなくなった分、早く完済できるようになります。任意整理手続きをおこなうことによって、原則的に未払い状態である金利分の支払いや将来における金利、または遅延損害金についてすべて支払いをカットしてもらうことができます。

【4】周囲にバレずに内緒で手続きできる

任意整理は裁判所を通さない手続きなので、家族や職場など周囲に知られずに手続きをすることができます。また、自己破産や個人再生と違って官報に掲載されることはありません。

【5】資格制限がないので比較的容易に手続きが可能

任意整理には、自己破産のような職業制限や資格制限はありません。誰でも手続きをすることができます。

【6】家や車などの財産を維持できる

任意整理は、裁判をおこなわない「和解(話し合いによる交渉)」です。一部の業者に絞って交渉することができます。住宅ローンや自動車ローンなど、残したいローンについては支払いを続けていくことができます。個人再生や自己破産などの他の債務整理の手続きと比べてリスクが少ないのがメリットです。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判