債務整理の基本:任意整理のデメリットを徹底解説!

債務整理の基本:任意整理のデメリットを徹底解説!

任意整理とは・任意整理のメリット(おさらい)

「任意整理」とは、借金が返せなくなってしまった人のための法的な救済措置である、「債務整理」の中のひとつです。貸金業者にかけあって借金の利息や返済回数などの見直しを交渉するものです。通常は個人でおこなうのはむずかしく、弁護士や司法書士に依頼する手続きです。

任意整理という手続きを利用すれば借金を減らせたり、将来の利息をカットしてもらうことができ、月々の返済額も無理のない金額に設定し直してもらうことができるのがメリットです。毎月の返済が楽になり、はやく完済できるようになります。

毎月の借金返済が苦しい方にとってはありがたい手続きですが、同時に任意整理にはデメリットもあります。充分理解した上で手続きをすることをおすすめします。

任意整理のデメリット

【1】ローンなどが組めなくなる期間がある(ブラックリスト)

任意整理をおこなうと、その後5年程度ですが、信用情報機関(いわゆるブラックリスト)に事故情報(契約見直しなどのマイナス情報のこと)がのります。このため、その期間は新規の借入れやローンを組むこと、クレジットカードの利用ができなくなります。

【2】借金を大幅に減額できるわけではない

裁判手続きである自己破産や個人再生と比べると、借金を減額できる額が大きくありません。過払い金が多く発生していることがない限り、借金元本の大幅な減額は期待できません。

【3】借金がチャラになるわけではない

任意整理は、裁判手続きである自己破産・個人再生とは違い、借金の全額もしくは一部が強制的に免除されるわけではありません。

借金が免責により0円になる制度は自己破産だけです。個人再生でも、借金が最大5分の1程度まで減額されますが、チャラにはなりません。もちろん任意整理では、借金が0円となることはありえません。

【4】収入がないと任意整理はできない

任意整理は借金がなくなるわけではないので、返済を続けていく必要があります。借金の元本自体が減るわけではなく、最終的には分割で借金を返済する手続きです。当然、無収入の状態のまま借金を返済することはできないので大前提として何らかの収入がないと、任意整理はできません。

そもそも借金の返済能力そのものがない人は、いくら本人が希望しても任意整理をすることはできません。弁護士や司法書士に相談しても自己破産をすすめられる可能性が高いでしょう。

【5】まれに和解が成立しないことがある

まれに強硬な貸金業者は和解が成立しないことがあります。また、一度も返済をしていない借入れや、担保つきの借入れについては和解がむずかしい場合があります。最近では過払い金請求が急増したことで経営状態が悪化した貸金業者が、将来利息カットと分割払いの和解案を受け入れないケースもあるようです。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判