新潟県で過払い金請求した人の口コミと評判のいい弁護士・司法書士

新潟県で過払い金請求した人の口コミと評判のいい弁護士・司法書士

新潟県で過払い金請求した人の口コミ・評判

新潟県の過払い金請求の口コミ・評判1

若い頃、キャバクラの女の子にハマったことがあり、それが原因で借金をしました。最初は返せる範囲でと思っていましたが、借金はいつの間にか膨れ上がっていました。お金を借りることにだんだん抵抗がなくなり、気軽に借りてしまっていたのがダメだったんだと思います。自業自得ですし、恥ずかしくて誰にも相談したことはありませんでした。リボで返済していましたが地道に返していても一向に減りません。そんな時に病気で入院しなければならなくなり、復帰してからもしばらくは今までのように働けなくなってしまい、返済がいよいよきつくなってしまいました。ネットでいろいろ調べてみると弁護士に相談できることを知り、最初は無料相談を利用しました。昔の借入れに関しては過払い金があることがわかり、過払い金請求を依頼しました。すぐに督促がとまったので精神的にもとても楽になりました。もっと早く相談しておけばよかったです。(40代・男性)

新潟県の過払い金請求の口コミ・評判2

夫に内緒で借金をしていました。エステや買い物、ご近所付き合いの交際費で最初はちょっとへそくりが足りない時に借りた微々たる金額だったのが、まるで自分の口座からお金を引き出すかのように錯覚を起こしていたんだと思います。夫は仕事人間で、ろくに会話もなく、口を開けば飯はまだか?だの、ただの飯炊き女のような扱いでした。そんな家庭でのストレスもたまっていたのかもしれません。最初はなんとかやり繰りをして返済していましたが、衝動買いが多くなり、このままではまずいと思い始めていました。きっかけは娘の結婚報告でした。夫というよりは子供のために、こんな母親ではいけないと思いました。広告でみた地元の弁護士さんに恥を忍んで相談しました。夫には絶対にバレたくなかったのでそこを強くいうと、家族には内緒で手続きをすすめてくれました。過払い金請求というもので、多く払い過ぎていたお金が戻ってきて、それでだいぶ借金が減りました。もう派手な買い物はしないよう気をつけています。(50代・女性)

まずは過払い金チェック!過払い金回収額が日本一の杉山事務所で無料診断

これから過払い金請求をしようと思っている方は、まずご自分の過払い金がいくら発生しているか気になっていると思います。過払い金の返還額が日本一の司法書士法人杉山事務所なら、無料で過払い金の診断ができます。

診断だけの利用もOK!もちろんそのまま依頼することも可能です。まずは、日本一の司法書士事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

新潟県で過払い金請求に強い司法書士・弁護士事務所

新潟県で過払い金請求のできる司法書士・弁護士事務所

新潟第一法律事務所 事務所詳細 住所 新潟県長岡市旭町2丁目1番地3 旭町いづみプラザ2階A号室 電話 0120-15-4640 営業時間 平日9:00~17:00 債務整理料金 任意整理 1社当たり3万円+過払い金の20% 過払い金請求 1社当たり1万円+過払い金の20% 自己破産 28万円 個人再生 38万円 債務が増えて生活が困難になってきた場合、こちらの事務所にご相談してはいかがでしょうか。法的な手続きを使用することによって生活を再建できます。

上越つばき法律事務所 事務所詳細 住所 新潟県上越市本町3丁目2-24 電話 025-527-2757 営業時間 平日9:00~17:00 債務整理料金 任意整理 1社当たり4万円+減額分の10% 過払い金請求 返還を受けた過払金の20% 自己破産 30~40万円 個人再生 40万円~ 勤めていた会社から解雇されてしまいローンの返済が行き詰まった、いろいろな金融機関から多額の借金をしてしまい返せない等、借金に関する問題を取り扱っています。相談されてみてはいかがでしょうか。

平哲也法律事務所 事務所詳細 住所 新潟県新潟市中央区関屋本村町1丁目111-1 電話 025-233-4115 営業時間 平日9:00~17:00 HP http://www.ttlo.jp/ 債務整理料金 任意整理 着手金20,000円/1社 + 減額金額の10% 過払い金請求 着手金10,000円/1社 + 返還金額の20%(訴訟時は25%) 自己破産 着手金250,000円~400,000円 個人再生 着手金200,000円 + 報酬金150,000円~250,000円 インターネットでも相談予約を受け付けており、初回相談料は30分まで無料となります。 迅速かつ納得のいく解決を依頼者とともに考えてくれる法律事務所です

新潟県で多い過払い金請求について

過払い金(グレーゾーン金利)とは消費者金融やカード会社に払いすぎたお金(取られ過ぎた利息)。 お金を貸す時の利息は利息制限法という法律で定められてましたが、2007年くらいまで多くの消費者金融やカード会社(貸金業者)がこの法律より高い利息で、お金を貸していました。

世間で過払い金請求というキーワードが先走り過ぎていて、多くの人が勘違いしている過払い金請求。 これって、完済した借金に対する請求以外は、債務整理という扱いになり、ブラックリストに載ってしまうんです。 というか、過払い金請求というのは、元来、完済した借金に対して行うことを言い、借入中のものに関しては債務整理という扱いになるんです。 なので、世間一般で言われる、過払い金請求はブラックリストに載らないというのは、完済した借金に対する過払い金請求であり、借金中の請求は確実にブラックリストに載ってしまいます。

ただし、借入中の過払い金請求であっても、過払い金で借金を完済できるような事案に関しては、ポイントが異なります。 まず、借入中の過払い金請求を行った時点で、信用情報機関に債務整理として登録されます。 そして、過払い金で完済できれば、その債務整理の登録情報は削除されるので、結果的にはブラックリストはキレイな状態で保たれます。

噂ではブラックリストに入ってしまって新たな借入が難しくなってしまうということです。

しかし、これは平成22年当初の話で、金融庁の見解によると、これは間違っていて本来払い過ぎた利息を取り戻しただけで、 それによって返済がされているのであればブラックリスト入りは不当ということになりました。

つまり、過払い金請求をした後でも債務整理をしていなければ、ブラックリストに入ることはありません。 その後も普通にクレジットカードを使ったりキャッシングをすることが出来ます。

もう一つのデメリットは自分で行うことが難しいということです。 過払い金請求するためには、消費者金融などの金融機関と交渉しなくてはいけないので、なかなか素人の場合、思うように事が進まなく苦労が大きいというとこです。

よほど腰を据えて知識武装をして臨まないと思ったような結果は得られないということです。ネット上では簡単に出来るように書いてありますが、実際にはそうはいきません。それでは専門家に依頼するとどうなのかというと、スムーズに過払い金を取り戻してくれますが、依頼料がかかります。

一般的に着手金が2万円から5万円。還金額の15%から20%の成果報酬が必要です。 しかし、これらのデメリットを補って余りあるメリットもあります。実際に数百万円の借金が大幅に減って毎月の返済が楽になった例も多いです。お金の問題を解決することで、暗かった家庭も明るくなったり、夫婦仲が良くなったり、毎日希望を持って生きることが出来るようになります。

過払い金は金融機関が倒産してからではお金は返ってきません。早めの行動をすることで確実に取り戻す必要があります。ただ、過払い金対象に当てはまらない人もいるので、実際のところどうなのかは、無料相談で確認してみましょう。匿名で出来る無料相談で、自分は本当に過払い金請求出来るのか、どのくらいの金額が取り戻せるのか診断してもらいましょう。

法には、債権を持っていたとしても、これを使わない状態が10年間続くと、その債権は消滅してしまい、もはや請求できなくなるという規定があります。これを「消滅時効」といいます。過払い金の返還を求める権利も債権である以上、10年で消滅時効となり、それ以降は請求できなくなってしまいます。

過払い金返還請求権が10年で消滅するとはいうものの、一体どの時点から10年なのか、という点が、かつては論争となっていました。しかし、今は判例(裁判所の判断の先例)によって解決されており、「最終の返済日から」10年と解釈されています。借入日や、初回の返済日が10年以上前であったとしても、最終返済日から10年経っていなければ、過払い金返還請求はできることになります。

完済日から10年以上経ってしまった場合でも、取り戻せる可能性はゼロではありません。取り立てのされ方がひどかった場合などには、貸金業者からの請求を「不法行為」ととらえて請求すればよいのです。

不法行為とは、違法な行為によって人に損害を与えた場合に、その被害者が加害者に対して損害賠償を求めることができる、というルールです。

例えば、交通事故の被害者が治療費を請求する場合や、不倫をされた人が慰謝料を請求する場合がこれに当たります。借金の悪質な取り立て行為も、この不法行為と見る余地があるのです。

新しい問題として議論されているのは、「取引の分断」があった場合の消滅時効の考え方です。取引の分断とは、例えば、A社から平成2年に借り入れて平成10年に一度は完済したものの、再びA社から平成12年に借り入れて平成20年に完済した、というように、途中で一度完済している場合のことをいいます。

この場合、前の取引と後の取引とを合わせて1つの契約だと考えると、そのすべての返済が終わった時(上の例では平成20年)から時効を数え始めることになるので、平成30年が来るまではすべての過払い金の返還請求ができます。

ところが、前の取引と後の取引とが別々の2つの契約だと考えると、前の取引についてはその返済が終わった時(上の例では平成10年)から時効を数え始めることになるため、平成20年が来てしまうと、前の取引から生じた過払い金に関しては、返還請求ができなくなってしまうのです。

過払い金請求の多い新潟県について

新潟県(にいがたけん)は、日本の県の一つで、中部地方の日本海側に位置する。県庁所在地は新潟市。日本海に面し、中部地方、甲信越地方、関東甲信越地方に属する。県名は県庁所在地の新潟市に由来する。 面積は東京都の約5.74倍で47都道府県で第5位、海岸線の長さは635.6kmである(越後331.0km・佐渡281.5km・粟島23.1km)。地理的要素の違いから、上越地方、中越地方、下越地方、佐渡地方の4地域に大きく分けられる。 新潟県のイメージと言えば田中角栄、魚沼産コシヒカリ、豪雪地帯など県庁所在地のある下越地方よりも中越地方の田舎のイメージが強い。 古代には越国の領土であり、五畿七道の北陸道のうち東半分を占め、令制国(旧国)では越後国と佐渡国の全域に相当する。この旧国名から越佐(えっさ)と表現することもある。 県章は「新」の字を崩した物を中央上に置いて、その周りを「ガタ」を丸く図案化したもので囲んだものである。また、県章とは別にシンボルマークも制定されている。

県内全域日本海側気候で豪雪地帯(一部特別豪雪地帯)であり、山間部は世界有数の豪雪地帯となっている。特に津南町や十日町市、妙高市周辺で積雪が多い。しかし日本海の暖流(対馬海流)の影響で緯度の割には冬の気温が高く、日照時間が少ないために放射冷却が起こりにくく、朝晩はあまり冷え込まない。そのため降る雪は水分が多く、重たい性質である。一方、新潟市などの沿岸部の積雪はそれほどでもなく、特に近年は温暖化の影響で積雪量が減少している。夏はフェーン現象の影響で、気温が上がりやすく湿度も高くて蒸し暑い。特に糸魚川市は、日本国内の最低気温の最高記録である30.8°Cを観測しており、熱帯夜が非常に多い場所として知られている。海洋性気候である佐渡島は、冬は暖かく、雪よりも雨の日が多いほどである。 1874年(明治7年)から1896年(明治29年)の統計では、約150万から180万人で推移し日本一人口の多い道府県であった(→過去の都道府県の人口一覧#1884年 – 1918年、)。この時期は、都市化が進んでおらず、日本人の9割近くが農業によって生活を成り立たせていたため、収穫高が大きい新潟県は人口涵養能力が高かった。国勢調査において、1940年(昭和15年)に200万人を突破し、1955年(昭和30年)に247.3万人となったが1970年(昭和45年)に236.1万人にまで減少した。その後増加し、1985年(昭和60年)に247.8万人に達した。1997年(平成9年)に249万1874人(推計人口)でピークを記録した後は減少傾向となり、2005年(平成17年)に243.1万人(全国14位)、2010年(平成22年)には約237.1万人となった。特に、進学や就職などの理由による18歳〜24歳の若年層の減少が深刻で、県では人口対策を最重要課題に掲げている。

新潟県は、上越地方・中越地方・下越地方及び、離島である佐渡地方・粟島(岩船郡)からなる。 県域が本州の形に似ていることから、地図で本州を新潟県と入れ替える等のネタも見られる。けど、大百科扉絵にもなった右の地図は弄り過ぎってレベルじゃねーぞ!いいぞもっとやれ 新潟県歌の歌詞には「県民二百五十万」とあり、発表から60年以上経った現在でもほぼ同じくらいの人口を抱える。 面積は日本の都道府県では第5位だが、可住地面積で比べると北海道に次いで第2位である。 通常の区分では「北陸地方」に分類されることが多いが、富山県・福井県・石川県のいわゆる北陸三県からは、北陸地方ではないとみなされることがあるようである。→北陸ホイホイ また、経済分野では「(関東)甲信越地方」に分類され、地域開発では「東北地方」になる。電力供給の面でも、東北電力の管轄となっている。「北陸地方」の枠組は国土交通省・北陸地方整備局の本拠が新潟市であり、ほか海上保安庁、気象庁がそうである。農政も北陸であり、北陸四県での主に作られる品種がコシヒカリなのはそのため。更には「中部地方」に加えられることもあるために、地方区分が非常にあいまいで厄介な地域となっている。ちなみに、東北地方と思われることを快く思わない人が多いような気がする(主観)。また地質的には大体東日本になるが上越の糸魚川市の西部は西日本の地質で、このことが新潟の地域区分をよりややこしくしてる。

新潟県は降雪、積雪ともに多い地域であるため、雪が降らない地域では見られない特徴がある。 例えば道路の中央線部分は帯状に少し盛り上がっており、その下に消雪パイプが通っている。冬季には、消雪パイプの出の良すぎる部分で遊びながら小学校に通うのがこの地方の慣わしとなっている。水の出が良すぎる部分がわかりづらく、体に浴びて寒さに震えることも少なくない。 さらに豪雪地帯には、道路の両脇に流雪溝という側溝が通っており、冬場はここに雪を捨てて川に流している。誤って流雪溝に落ちて流されるという事故も起こる。 雪の多い地域の歩道には、雁木(がんぎ)と呼ばれるアーケード上の雪よけが設置されている。詳細はWikipedia参照。冬場以外でも、突然の雨に見舞われた際の避難で大変重宝する。 また、道路交通の面では、信号が縦置きになっている。これは、横型にすると、雪の重みで信号が壊れてしまう可能性があるからといわれる。県内で横型の信号は、橋にぴったりくっついている場所など、雪が積もりにくいか雪を下ろしやすい場所に設置されている。 しかし圧倒的に縦型信号が多いため、それに慣れた越後人が県外に出かけると、横型信号を珍しく感じることがある。もちろん、全国的に珍しいのは縦型の信号であることは言うまでもない。 積雪の非常に多い地域になると、冬場は雪で停止線が隠れてしまう。そのため、停止線標識もところどころ存在する。比較的雪の少ない太平洋岸地域では、停止線標識の存在は珍しいようである。 そして、冬道はスタッドレスタイヤを装着するが、大型車や山道を登る車はチェーンを装着する。毎年、県外からのスキー・スノボー客がチェーンの装着に困り果てるというシーンがスキー場のある市町村のあちこちで見られる・・・と思う。

夏場は歩けない水田の上なども、積雪のあるときにはショートカット用の道にすることも可能である。これは春先に昼間に融けた雪が早朝の寒さで凍り、固くなることで上に乗っても落ちにくくなるもので、いわゆる「凍みわたり」と呼ばれるものである。県内でも積雪が比較的多い地域の人は、大抵やったことがあるものと思われる。 ただし浮かれていると、用水路の上などでとんでもない深さまで落ちて危険なことがあるので、凍みわたりをする際には十分な注意が必要である。

新潟県について

新潟県(にいがたけん)は、日本の県の一つで、中部地方の日本海側に位置する。県庁所在地は新潟市。日本海に面し、中部地方、甲信越地方、関東甲信越地方に属する。県名は県庁所在地の新潟市に由来する。 面積は東京都の約5.74倍で47都道府県で第5位、海岸線の長さは635.6kmである(越後331.0km・佐渡281.5km・粟島23.1km)[1]。地理的要素の違いから、上越地方、中越地方、下越地方、佐渡地方の4地域に大きく分けられる。 古代には越国の領土であり、五畿七道の北陸道のうち東半分を占め、令制国(旧国)では越後国と佐渡国の全域に相当する。この旧国名から越佐(えっさ)と表現することもある。 県章は「新」の字を崩した物を中央上に置いて、その周りを「ガタ」を丸く図案化したもので囲んだものである。また、県章とは別にシンボルマークも制定されている。 新潟の「潟」の字の表記について 江戸時代から、地元を中心に「新(さんずい+写)」という略字(方言字)が使われていた。1981年(昭和56年)に「潟」の字が常用漢字に採用されるまでは、道路標識などでもこの略字が使用されていた。 また、中国語においては、「新泻」という表記が使われているが、新潟県庁としては「新潟」を勧めている。これは、中国語の「泻」は「瀉」(右上にウかんむり)の簡略化に相当し、それにより、「潟」と「瀉」では意味が変わってくるためである[3]。なお、「新潟」の北京語読みは Xīnxì で、不正確とされながら慣用となっている「新泻」=「新瀉」では Xīnxiè である。

引用:新潟県 – Wikipedia

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判