長崎県で過払い金請求に強いと評判のいい弁護士・司法書士事務所

長崎県で過払い金請求に強いと評判のいい弁護士・司法書士事務所

長崎県で過払い金請求に強い司法書士・弁護士事務所

長崎県で過払い金請求のできる司法書士・弁護士事務所

原総合法律事務所 事務所詳細 住所 長崎県長崎市万才町8-22長崎朝日ビル6階 電話 095-820-2500 営業時間 平日9:00~18:00 債務整理料金 任意整理 着手金20,000円/1社(ヤミ金は40,000円/1社) + 報酬金20,000円/1社 + 減額金額の10% + 返還金額の20% 過払い金請求 着手金20,000円/1社(ヤミ金は40,000円/1社) + 報酬金20,000円/1社 + 減額金額の10% + 返還金額の20% 自己破産 着手金190,000円~ + 報酬金20,000円~ + 返還金額の20% 個人再生 着手金270,000円~ + 報酬金50,000円~ + 返還金額の20% 多様化する現代社会の複雑な法的トラブルを迅速、誠実に対応し質の高い法的サービスを提供することを目指している法律事務所です。 初回30分まで相談料無料、キッズルーム完備、第1、3火曜日には12:10~の相談も受け付けていますのでお仕事のお昼休みに相談できます。

司法書士法人 横田総合司法事務所 事務所詳細 住所 長崎県佐世保市木場田町3番34号 電話 0956-24-8877 営業時間 (掲示なし) 債務整理料金 任意整理 1社当たり3万円 過払い金請求 お問い合わせ下さい 自己破産 18万円 個人再生 30万円 こちらの司法事務所では、皆様の身近な相談相手として、 過払い請求と債務整理について親身にお答えいたしております。債務整理とは、法律の力を借りて、借金(多重債務)を解決することです。

弁護士法人ユスティティア 諫早事務所 事務所詳細 住所 長崎県諫早市高城町5番10号 諫早商工会館404号 電話 0957-22-8100 営業時間 平日9:00~18:00 債務整理料金 任意整理 1社当たり21,000円+過払い金の10.5~21% 過払い金請求 返還を受けた過払金の10.5~21% 自己破産 215,000~367,500円 個人再生 262,500~367,500円 こちらの事務所がこれまでに手掛けてきた相談件数は、推計6000件以上にも及びます。当事務所が掲げているポリシーでもある、「常に依頼者の事件解決のために最善を尽くす」ということを実践してまいりました。

長崎県で多い過払い金請求について

過払い金(グレーゾーン金利)とは消費者金融やカード会社に払いすぎたお金(取られ過ぎた利息)。 お金を貸す時の利息は利息制限法という法律で定められてましたが、2007年くらいまで多くの消費者金融やカード会社(貸金業者)がこの法律より高い利息で、お金を貸していました。

世間で過払い金請求というキーワードが先走り過ぎていて、多くの人が勘違いしている過払い金請求。 これって、完済した借金に対する請求以外は、債務整理という扱いになり、ブラックリストに載ってしまうんです。 というか、過払い金請求というのは、元来、完済した借金に対して行うことを言い、借入中のものに関しては債務整理という扱いになるんです。 なので、世間一般で言われる、過払い金請求はブラックリストに載らないというのは、完済した借金に対する過払い金請求であり、借金中の請求は確実にブラックリストに載ってしまいます。

ただし、借入中の過払い金請求であっても、過払い金で借金を完済できるような事案に関しては、ポイントが異なります。 まず、借入中の過払い金請求を行った時点で、信用情報機関に債務整理として登録されます。 そして、過払い金で完済できれば、その債務整理の登録情報は削除されるので、結果的にはブラックリストはキレイな状態で保たれます。

噂ではブラックリストに入ってしまって新たな借入が難しくなってしまうということです。

しかし、これは平成22年当初の話で、金融庁の見解によると、これは間違っていて本来払い過ぎた利息を取り戻しただけで、 それによって返済がされているのであればブラックリスト入りは不当ということになりました。

つまり、過払い金請求をした後でも債務整理をしていなければ、ブラックリストに入ることはありません。 その後も普通にクレジットカードを使ったりキャッシングをすることが出来ます。

もう一つのデメリットは自分で行うことが難しいということです。 過払い金請求するためには、消費者金融などの金融機関と交渉しなくてはいけないので、なかなか素人の場合、思うように事が進まなく苦労が大きいというとこです。

よほど腰を据えて知識武装をして臨まないと思ったような結果は得られないということです。ネット上では簡単に出来るように書いてありますが、実際にはそうはいきません。それでは専門家に依頼するとどうなのかというと、スムーズに過払い金を取り戻してくれますが、依頼料がかかります。

一般的に着手金が2万円から5万円。還金額の15%から20%の成果報酬が必要です。 しかし、これらのデメリットを補って余りあるメリットもあります。実際に数百万円の借金が大幅に減って毎月の返済が楽になった例も多いです。お金の問題を解決することで、暗かった家庭も明るくなったり、夫婦仲が良くなったり、毎日希望を持って生きることが出来るようになります。

過払い金は金融機関が倒産してからではお金は返ってきません。早めの行動をすることで確実に取り戻す必要があります。ただ、過払い金対象に当てはまらない人もいるので、実際のところどうなのかは、無料相談で確認してみましょう。匿名で出来る無料相談で、自分は本当に過払い金請求出来るのか、どのくらいの金額が取り戻せるのか診断してもらいましょう。

法には、債権を持っていたとしても、これを使わない状態が10年間続くと、その債権は消滅してしまい、もはや請求できなくなるという規定があります。これを「消滅時効」といいます。過払い金の返還を求める権利も債権である以上、10年で消滅時効となり、それ以降は請求できなくなってしまいます。

過払い金返還請求権が10年で消滅するとはいうものの、一体どの時点から10年なのか、という点が、かつては論争となっていました。しかし、今は判例(裁判所の判断の先例)によって解決されており、「最終の返済日から」10年と解釈されています。借入日や、初回の返済日が10年以上前であったとしても、最終返済日から10年経っていなければ、過払い金返還請求はできることになります。

完済日から10年以上経ってしまった場合でも、取り戻せる可能性はゼロではありません。取り立てのされ方がひどかった場合などには、貸金業者からの請求を「不法行為」ととらえて請求すればよいのです。

不法行為とは、違法な行為によって人に損害を与えた場合に、その被害者が加害者に対して損害賠償を求めることができる、というルールです。

例えば、交通事故の被害者が治療費を請求する場合や、不倫をされた人が慰謝料を請求する場合がこれに当たります。借金の悪質な取り立て行為も、この不法行為と見る余地があるのです。

新しい問題として議論されているのは、「取引の分断」があった場合の消滅時効の考え方です。取引の分断とは、例えば、A社から平成2年に借り入れて平成10年に一度は完済したものの、再びA社から平成12年に借り入れて平成20年に完済した、というように、途中で一度完済している場合のことをいいます。

この場合、前の取引と後の取引とを合わせて1つの契約だと考えると、そのすべての返済が終わった時(上の例では平成20年)から時効を数え始めることになるので、平成30年が来るまではすべての過払い金の返還請求ができます。

ところが、前の取引と後の取引とが別々の2つの契約だと考えると、前の取引についてはその返済が終わった時(上の例では平成10年)から時効を数え始めることになるため、平成20年が来てしまうと、前の取引から生じた過払い金に関しては、返還請求ができなくなってしまうのです。

過払い金請求の多い長崎県について

長崎県(ながさきけん)は、日本の九州地方西端部にある県。県庁所在地は長崎市。 南西方向から暖流の対馬海流が流入してくるため、全般的には気候は温暖で、寒暖差も小さい。しかしながら、大陸に近いために寒波の影響を受けやすく、平年を大きく下回るほどに寒さが厳しくなることもあり、真冬日が観測されることもある。冬場は東シナ海側を中心に曇りがちの天気になることが多く、時雨や雪を降らせることがある。積雪することは少ないが、すぐ西側は東シナ海なので季節風の風向によっては、雪雲が遮られずに供給されることにより、大雪となることがある。特に2001年(平成13年)1月16日には長崎市で14cmの積雪を観測し、さらに2016年(平成28年)1月24日には17cmの積雪を記録し[4]、県内各地で大雪となった。しかし、九州地方最北端の対馬では朝鮮半島のすぐ南側に位置するため、東シナ海で発生した雪雲は朝鮮半島に遮られる上、朝鮮半島との海上区間はわずか50km程と極端に短いため雪雲は発達せず、降雪日は多いものの積雪することは稀である。 生物的見地から見ると、各地の海岸に見られるアコウなどの亜熱帯性植物は温暖な気候を反映している。他にも大陸に近いためツシマヤマネコやムツゴロウなどの大陸系遺存種が多いこと、各地の離島で多くの亜種・変種が確認されていることなども特徴である。 島原半島は活火山地帯で温泉が多いが、1990年(平成2年) – 1995年(平成7年)の雲仙・普賢岳の噴火は島原市と深江町を中心に大きな被害をもたらした。また、東シナ海に突き出しているため、台風の上陸数も多く、長崎県に限らず、日本列島に大災害をもたらした台風9号(1970年、長崎市)、台風17号(1976年、長崎市)、台風17号(1991年、長崎市)、台風19号(1991年、佐世保市)、台風18号(2004年、長崎市)、台風14号(2005年、諫早市)、台風13号(2006年、佐世保市)などの台風が上陸している。

『軍艦島』の愛称で有名な長崎市の端島や軍港として栄えた佐世保市や九十九島をはじめ五島や壱岐・対馬など、 島の数が日本の都道府県の中で1番多く、なんと1000近い971島が長崎県内に存在する。 2位は鹿児島県の605、3位は北海道の508(北方領土の178を含む)。 海岸線が日本の47都道府県の中で2番目に長く、その総延長は4,209kmで全国の海岸線の約12%を占める。 北海道は北方領土を含めて4,410kmとなり日本一なのだが、そうでないと3,062kmとなり長崎県がダントツで1位となる。その理由として複雑に入り組んだリアス式海岸と離島の多さが挙げられる。案外知られていないが漁業が盛んで北海道に次いで2位である。釣りスポットも膨大にあり、海釣り好きからも好まれる。こちらもあまり知られてないが古くから栽培されている果実のビワの生産量全国1位。 実は日本で唯一1つの県(佐賀県)としか隣接しない県である。海運では島原半島が熊本県、壱岐・対馬が福岡県と強く結びついているため、あまり気付かれない様子。 長崎を代表する企業としては、通販「ジャパネットたかた」、「たらみ(食品)」、「V・ファーレン長崎(Jリーグ)」など。 代表する学校なら、高校サッカーの国見高校。そして、高校野球の清峰高校。 長崎市内を走る路面電車(長崎電気軌道)は、始発から終点まで乗っても大人100円・子供50円…だったが、不況に勝てず2009年10月1日よりついに大人120円・子供60円に値上げされた。それでも全国で一番運賃が安い路面電車という地位に変化は無い。「長さ11kmを走っても120円」と言うといかに安いかが分かる。 日本で唯一、県営バスがあり、高速路線バスが大阪までやってくる。塗装は赤をベースとしている。 長崎県の教会群が現在世界遺産登録を目指している。 県内のほとんどの地域が長崎市、佐世保市のどちらかの経済圏に属するが、壱岐市及び対馬市は福岡市の経済圏に、松浦市の一部(鷹島、福島)は佐賀県唐津市の経済圏に属する。

朝鮮半島から大陸ルートに近い壱岐市のカラカミ遺跡において弥生時代後期(西暦100~200年頃)に製鉄用の炉が発見されている。この頃の壱岐は大陸から日本本土への交易のみならず鉄器を供給をしていた中継地点だったと思われる。 平安時代中期に刀伊の入寇が起きた際に松浦郡(現在の長崎県平戸・松浦市~佐賀県唐津・伊万里市)を襲撃しに来た海賊を追い払ったのは松浦党の先祖(源知)とされる。松浦党は後に源平の合戦で源氏側に味方した。 16世紀に入ると寒村であった長崎港は大村純忠により開港し著しく発展。ポルトガル・オランダをはじめ多数の国と外交する国際港となった。近世になると佐世保は大規模な軍港として発達した。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判