長野県で過払い金請求した人の口コミ&評判のいい弁護士・司法書士

長野県で過払い金請求した人の口コミ&評判のいい弁護士・司法書士

長野県で過払い金請求した人の口コミ・評判

長野県の過払い金請求の口コミ・評判1

私は20代でデキ婚しました。結婚した男性は当時、同じ職場の先輩でした。子どもが生まれて私は仕事を辞め、旦那は転職しました。しかし、転職してから仕事がうまくいかなくなり、働かなくなりました。私は旦那の実家に入ることを選ばす、託児所付き、寮付きのパチンコ屋で働き、旦那がそこにコッソリ住むような形になりました。稼ぎは少なく、借金ばかりが増えていきました。私は離婚したかったのですが、旦那はそれを拒み続けました。私は子どもと二人で生きていくことを決め、旦那に黙ってパチンコ屋をやめ、寮を出ました。それからは友人に弁護士を紹介してもらって過払い金請求をして借金を整理し、離婚問題も解決しました。いま新たな人生の再スタートをきれてよかったと思っています。(30代・女性)

長野県の過払い金請求の口コミ・評判2

私はギャンブル、特に競馬が好きで、長い期間お金を借りては返す生活を繰り返していました。収入もそれなりにあったので毎月なんとか返済はしていたのですが、結婚してから自分の自由になるお金が減ったので、それを機に今は競馬はやっていません。昔の借金でも過払い金が取り戻せるという話を聞いたのでためしに近くの司法書士事務所の無料相談を受けて、調べてもらいました。すると数十万円の過払い金があると言われました。最初は半信半疑でしたが、返済し終わっている状態であればデメリットは特にないといわれたので過払い金請求を依頼しました。元は自分のお金ですが、思わぬ臨時収入が入ったような気分でうれしいものですね。苦労をかけてきた妻と旅行にでも行こうかと考えています。(50代・男性)

まずは過払い金チェック!過払い金回収額が日本一の杉山事務所で無料診断

これから過払い金請求をしようと思っている方は、まずご自分の過払い金がいくら発生しているか気になっていると思います。過払い金の返還額が日本一の司法書士法人杉山事務所なら、無料で過払い金の診断ができます。

診断だけの利用もOK!もちろんそのまま依頼することも可能です。まずは、日本一の司法書士事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

長野県で過払い金請求に強い司法書士・弁護士事務所

長野県で過払い金請求のできる司法書士・弁護士事務所

千野司法書士事務所 事務所詳細 住所 長野県上田市緑が丘一丁目23番8号 電話 0268-23-3277 営業時間 平日9:00~18:00 債務整理料金 任意整理 1社当たり3万円+過払い金の20~25% 過払い金請求 1社当たり3万円+過払い金の20~25% 自己破産 20万円~ 個人再生 25万円~ 「消費者金融やクレジットカード会社への毎月の借金返済が大変」「長い間、高い金利で支払いを続けてきたけど、もっと低い金利にできないのか」このような悩みをお1人で抱えられている方が少なくありません。こちらの事務所では、このようなお悩みに対し、債務整理のプロである司法書士が最適な解決策をご提案しています。

中日本司法書士事務所(長野・松本債務整理相談センター) 事務所詳細 住所 長野県松本市中央3丁目6番17号 源智ビル2階 電話 01230-52-3160 営業時間 平日10:00~19:30 債務整理料金 任意整理 1社当たり4万円+過払い金の20% 過払い金請求 返還を受けた過払金の20% 自己破産 25万円~ 個人再生 35~45万円 「長野・松本債務整理相談センター」は、任意整理・過払い金請求・自己破産・個人再生などの債務整理の経験豊富な中日本司法書士が運営しています。

アディーレ法律事務所 長野支店 事務所詳細 住所 長野県長野市南長野末広町1361 ナカジマ会館ビル6F 電話 0120-316-742 営業時間 平日10:00~22:00 債務整理料金 任意整理 1社当たり43,200円 過払い金請求 1社当たり43,200円 自己破産 29.16~47.52万円 個人再生 41.04~51.84万円 借金返済問題を実績豊富な弁護士がお受けいたします。お客様が抱えている借金に関する問題は、債権処理によって解消することができます。周囲の方に知られることもなくお客様の借金支払いを免除、あるいは過払い金を取り戻すことができます。まずはご相談ください。

長野県で多い過払い金請求について

過払い金(グレーゾーン金利)とは消費者金融やカード会社に払いすぎたお金(取られ過ぎた利息)。 お金を貸す時の利息は利息制限法という法律で定められてましたが、2007年くらいまで多くの消費者金融やカード会社(貸金業者)がこの法律より高い利息で、お金を貸していました。

世間で過払い金請求というキーワードが先走り過ぎていて、多くの人が勘違いしている過払い金請求。 これって、完済した借金に対する請求以外は、債務整理という扱いになり、ブラックリストに載ってしまうんです。 というか、過払い金請求というのは、元来、完済した借金に対して行うことを言い、借入中のものに関しては債務整理という扱いになるんです。 なので、世間一般で言われる、過払い金請求はブラックリストに載らないというのは、完済した借金に対する過払い金請求であり、借金中の請求は確実にブラックリストに載ってしまいます。

ただし、借入中の過払い金請求であっても、過払い金で借金を完済できるような事案に関しては、ポイントが異なります。 まず、借入中の過払い金請求を行った時点で、信用情報機関に債務整理として登録されます。 そして、過払い金で完済できれば、その債務整理の登録情報は削除されるので、結果的にはブラックリストはキレイな状態で保たれます。

噂ではブラックリストに入ってしまって新たな借入が難しくなってしまうということです。

しかし、これは平成22年当初の話で、金融庁の見解によると、これは間違っていて本来払い過ぎた利息を取り戻しただけで、 それによって返済がされているのであればブラックリスト入りは不当ということになりました。

つまり、過払い金請求をした後でも債務整理をしていなければ、ブラックリストに入ることはありません。 その後も普通にクレジットカードを使ったりキャッシングをすることが出来ます。

もう一つのデメリットは自分で行うことが難しいということです。 過払い金請求するためには、消費者金融などの金融機関と交渉しなくてはいけないので、なかなか素人の場合、思うように事が進まなく苦労が大きいというとこです。

よほど腰を据えて知識武装をして臨まないと思ったような結果は得られないということです。ネット上では簡単に出来るように書いてありますが、実際にはそうはいきません。それでは専門家に依頼するとどうなのかというと、スムーズに過払い金を取り戻してくれますが、依頼料がかかります。

一般的に着手金が2万円から5万円。還金額の15%から20%の成果報酬が必要です。 しかし、これらのデメリットを補って余りあるメリットもあります。実際に数百万円の借金が大幅に減って毎月の返済が楽になった例も多いです。お金の問題を解決することで、暗かった家庭も明るくなったり、夫婦仲が良くなったり、毎日希望を持って生きることが出来るようになります。

過払い金は金融機関が倒産してからではお金は返ってきません。早めの行動をすることで確実に取り戻す必要があります。ただ、過払い金対象に当てはまらない人もいるので、実際のところどうなのかは、無料相談で確認してみましょう。匿名で出来る無料相談で、自分は本当に過払い金請求出来るのか、どのくらいの金額が取り戻せるのか診断してもらいましょう。

法には、債権を持っていたとしても、これを使わない状態が10年間続くと、その債権は消滅してしまい、もはや請求できなくなるという規定があります。これを「消滅時効」といいます。過払い金の返還を求める権利も債権である以上、10年で消滅時効となり、それ以降は請求できなくなってしまいます。

過払い金返還請求権が10年で消滅するとはいうものの、一体どの時点から10年なのか、という点が、かつては論争となっていました。しかし、今は判例(裁判所の判断の先例)によって解決されており、「最終の返済日から」10年と解釈されています。借入日や、初回の返済日が10年以上前であったとしても、最終返済日から10年経っていなければ、過払い金返還請求はできることになります。

完済日から10年以上経ってしまった場合でも、取り戻せる可能性はゼロではありません。取り立てのされ方がひどかった場合などには、貸金業者からの請求を「不法行為」ととらえて請求すればよいのです。

不法行為とは、違法な行為によって人に損害を与えた場合に、その被害者が加害者に対して損害賠償を求めることができる、というルールです。

例えば、交通事故の被害者が治療費を請求する場合や、不倫をされた人が慰謝料を請求する場合がこれに当たります。借金の悪質な取り立て行為も、この不法行為と見る余地があるのです。

新しい問題として議論されているのは、「取引の分断」があった場合の消滅時効の考え方です。取引の分断とは、例えば、A社から平成2年に借り入れて平成10年に一度は完済したものの、再びA社から平成12年に借り入れて平成20年に完済した、というように、途中で一度完済している場合のことをいいます。

この場合、前の取引と後の取引とを合わせて1つの契約だと考えると、そのすべての返済が終わった時(上の例では平成20年)から時効を数え始めることになるので、平成30年が来るまではすべての過払い金の返還請求ができます。

ところが、前の取引と後の取引とが別々の2つの契約だと考えると、前の取引についてはその返済が終わった時(上の例では平成10年)から時効を数え始めることになるため、平成20年が来てしまうと、前の取引から生じた過払い金に関しては、返還請求ができなくなってしまうのです。

過払い金請求の多い長野県について

長野県(ながのけん)は、本州内陸部に位置する日本の県である。令制国名の信濃国に因み「信州」とも呼ばれる。海に面していない、いわゆる内陸県であり、大規模な山岳地があるため可住地面積率は小さい。 県庁所在地は長野市で、善光寺の門前町として発展し、第18回冬季オリンピックの開催地となった自治体である。 令制国の信濃国にほぼ相当する(旧神坂村・旧山口村が岐阜県中津川市に編入される等の僅かな差異はある)ので、「信州」(しんしゅう)と呼ばれることも多く、特に観光ガイドでは「信州」と呼ぶ。古代は、科野(しなの)と書いた。 2010年(平成22年)現在、男女とも都道府県別平均寿命で1位の長寿県となっている。

本州の中部に位置し、周囲8県に隣接する東西約128km、南北約220km、面積13,562.23km2、東西に短く南北に長い地形である。面積は、北海道を除く46都府県のうち、岩手県、福島県に次ぐ面積を持つ。これは南関東1都3県の面積の合計に近い。長野県は群馬県・埼玉県・山梨県・静岡県・愛知県・岐阜県・富山県・新潟県と8つの県と接し、日本で最も多くの都道府県と隣接する県でもある(2位は埼玉県、岐阜県、兵庫県の7都府県。但し兵庫県は海上区間を含む)。ただし、埼玉県とは県境が10km程しか無く、中津川林道(埼玉県側は未舗装、また冬季や夜間は閉鎖されている。)のみでしか直接的な行き来ができない。富山県とは陸続きで接しているものの3000m級の北アルプスが立ちふさがっており、地形的にあまりにも険しくまた非常に山奥であるため空路か関電トンネルトロリーバスでしか往来が出来ず、一般人は自家用車両による往来は不可能である(車両が往来できない県境は他に群馬・福島県境があるがこちらは徒歩でのみ越境可能である)。他にも地形的な問題等で飯田市と静岡県静岡市、松本市と下諏訪町、王滝村と大桑村、岐阜県中津川市、同下呂市など陸続きでありながら往来できない市町村が多数ある。 中央部を高地が占める山地型の地形ではなく、むしろ北西の県境の飛騨山脈、南東の県境の赤石山脈の標高が高く、間のいくつかの盆地(伊那谷、松本盆地、佐久盆地、長野盆地など)を中心とした地域が形成されている。大半は内陸部の気候(中央高地式気候)であるが、北部(長野盆地、白馬岳麓など)は日本海側の気候(日本海側気候)の特徴も有する。県内の南半分は太平洋側に近く飯伊地域の多くは東京都(伊豆諸島、小笠原諸島を除く)よりも南であり、県の最北端は那須塩原市やいわき市とほぼ同緯度である。自然が豊富であり、地域医療への関心も高いことから平均寿命も長く、世界一の長寿国日本の都道府県で一番の長寿を誇る。「日本の屋根」と呼ばれ、県境に標高2000m – 3000m級の高山が連なり、内部にも山岳が重なりあう急峻で複雑な地形である。数多の水源を擁し、天竜川(南信、諏訪湖を水源とし伊那谷を通る)、木曽川(中信)は南下して太平洋へ、千曲川(東信、北信)、犀川(中信)は長野市で合流して北上し、県境を越えて信濃川と名称を変えて日本海へ、姫川(中信)も日本海に流れている。長野県に流域をもつ一級河川としては、信濃川水系・天竜川水系・木曽川水系・姫川水系・矢作川水系・富士川水系・関川水系・利根川水系がある。 本州を縦断する糸魚川静岡構造線(糸静線)が県下を南北に走る。糸静線の東側は第三紀層が分布している。糸静線沿線の諏訪湖から中央構造線が南に走る。 内陸側なので、気象など自然地理学では、中部地方の中央高地として分類される。 最大人口は長野市の387,146、最大面積は松本市の978.77km2、最大人口密度は岡谷市の620.27人/km2、最大昼間人口比は軽井沢町の117.8%。

平成の市町村大合併は、他県ほど実施されず、中小自治体が櫛比する。ただし、広域連合制度が県内全市町村で活用されており、一部事務組合による広域行政も活発。2005年(平成17年)には長野県から岐阜県へ越県合併の事例もあった。 北信(北信地域、長野地域)、東信(佐久地域、上小地域)、中信(松本地域、木曽地域、大北地域)、南信(上伊那地域、飯伊地域、諏訪地域)の4地域は、自然地理や歴史や交通などの各面で、特徴が全く異なっている。これは、「信濃の国」(県歌)における「松本、伊那、佐久、善光寺」の4区分にも象徴されている。大まかに分けると、北信、東信、中信、南信は、それぞれ長野県の北部、東部、西部、南部の地域となっており、北信と南信を除いて、4地域は互いに接している。 北陸新幹線・信越本線・飯山線・小海線や国道18号・上信越自動車道の沿線である北信と東信は、千曲川流域で主に中山道と北国街道沿線に当たる。 北信は、新潟県・群馬県に接しており、戦国時代には村上氏・武田氏・織田氏・上杉氏の支配圏に置かれてきた。善光寺街道沿いであった経緯や北陸新幹線・上信越自動車道で接続していることから、新潟県、群馬県、東京との繋がりが深い。近年では、首都圏からの観光客も多く訪れている。また、中信とは長野自動車道・篠ノ井線により接続している。北信は、長野盆地を中心とした地域であり、新潟県に近いことから、海水浴で日本海へ行く者も多い。 一方の東信は、群馬県・埼玉県・山梨県に接しており、戦国時代には武田氏・織田氏・徳川氏・北条氏・真田氏の支配権に置かれてきた。中山道と北国街道の合流点であった歴史的経緯や北信と同様に北陸新幹線・上信越自動車道で接続していることから、浅間山や碓氷峠を越えた群馬県、東京との交流も深い。また、野辺山高原を経由する国道141号・小海線により繋がる山梨県との交流も深い。山梨県との間には、現在、中部横断自動車道が整備中である。三国峠 (長野県・埼玉県)を経由して、埼玉県とも接しているが、道路事情が悪いため物流はほとんどない。道路で雁坂峠の国道140号が開通する前には、碓氷峠 – 東信 – 山梨県 – 静岡県大井川以東のルートが、国道16号圏内を経由せずに関東地方内を迂回する最短ルートとなっていたために、関東志向が最も強い地域になっている。 これらに対して、中央本線・飯田線・大糸線や中央自動車道・長野自動車道の沿線である中信と南信は、中山道、甲州街道、千国(ちくに)街道(糸魚川街道、松本街道)、北国西街道、三州街道沿線に当たる。 中信は、新潟県・富山県・岐阜県に接しており、戦国時代には小笠原氏・仁科氏・木曾氏を経て、武田氏・織田氏の支配権に置かれてきた。中山道、甲州街道、千国街道(糸魚川街道、松本街道)、三州街道の沿線であったことから、新潟県、岐阜県、山梨県、愛知県、東京都との交流が深い。北国西街道沿線には、長野自動車道が整備されており、長野地域と接続している。中信地域の北部に位置する大北地域は、飛騨山脈のすぐ東側に位置しており、登山・スキーなどの観光が盛んで、日本最大規模の八方尾根スキー場や、栂池高原スキー場があり、長野オリンピックの会場にもなった。観光客としては、関東地方からだけでなく関西地方からの観光客も多い。また、国道147号・国道148号を経由して繋がる新潟県との交流もあり、山岳観光ルートの立山黒部アルペンルートにより富山県とも接している。また、中信地域の中部に位置する松本地域(中信)は、諏訪地域(南信)とともに中山道と甲州街道の沿線として発展した地域で、山梨県、東京都、岐阜県(東濃、飛騨)との交流が深い。中信地域の南部に位置する木曽地域(中信)は、広域の名古屋圏(中京圏)であり、歴史的に中世以前は美濃国に属し江戸時代には尾張藩領であったことや、国道19号(中山道)を通して、岐阜県・愛知県と接続しているため、経済や文化の面で繋がりが深い。 一方、南信は、山梨県、静岡県、愛知県に接しており、戦国時代には諏訪氏・武田氏・織田氏・徳川氏の支配圏に置かれてきた。中山道、甲州街道、三州街道の沿線であったことから、山梨県、東京都、静岡県、愛知県との交流が深い。諏訪地域は、松本地域(中信)とともに中山道と甲州街道の沿線として発展した地域で、山梨県、東京都、岐阜県(東濃)との交流が深い。また、飯伊地域(南信)は、広域の名古屋圏(中京圏)であり、中央自動車道・国道153号(三州街道、足助街道)を通して、岐阜県東濃地方・愛知県尾張・西三河地方と接続しているため、経済や文化の面で繋がりが深い。さらに、飯伊地域では、静岡県・愛知県東三河地方とも隣接しているが、道路事情が悪いため、物流が発達していない。現在、三遠南信自動車道(飯田市 – 浜松市)を建設中であるが、全通するかは未定である。また、JR飯田線、国道151号線で、新城市・豊川市を経て豊橋市に出られる。 水系は、北信・中信(松本地域、大北地域)・東信(一部を除く)が日本海側水系に属するのに対して、南信・中信(木曽地域)・東信(佐久市・立科町・南牧村の一部)は太平洋側水系に属している。 一般に、飯伊地域、木曽地域は名古屋志向が強く、その他の地域は東京志向が強い。近世以前は中山道沿いという面で信濃国全体でまとまりがあったが、明治時代に東京が首都になり交通が整備されると、 北陸新幹線(旧信越本線)を経由して東京とのつながりが深い北信・長野・上小・佐久地域 中央本線を経由して東京とのつながりが深い大北・松本・諏訪・上伊那地域 名古屋とのつながりの深い木曽・飯伊地域 という3地域に区分できるようになった。ただし長野新幹線開通により大北地域の住民の多くはバスで長野駅まで行き新幹線利用にシフトしている。

冬季オリンピックや聖火リレー、地図上の大きさのお陰でそれなりの知名度を誇る。 「山」「田舎」のイメージが強い。だいたいあってる。 酷道が3本も走っているし、深田久弥の「日本百名山」のうちの3分の1くらいが長野県に関わっているのだから無理もない。 その「山」・「田舎」の環境のお陰か、5年に一度政府が発表する平均寿命ランキングにおいて 男性は1位、女性も毎回5位以内と健闘している。 そして最新版である2010年度のランキングにおいて、男性は5年連続1位。女性は1位常連だった沖縄県を抜いて初めて1位に輝いた。(沖縄県は3位) なお、同じ県が男女共に一位を獲得するのは長野県が初めてである。 南北方向に長く、その距離は200kmを超える。 大きく4つの地域に分かれ、北信は北陸、東信は関東、中信・南信は東海地方との繋がりが深い。 ほぼ「都市=山間の盆地、郊外=山間地」で中間都市がなく、高山が多いこともあって地域間のアクセスには非常に時間がかかる。 隣の地域より他県の主要都市の方が近い場合も多く、県内各地域の繋がりは薄い。 特に東北信と中南信では文化的な違いが大きい。 明治初期には中南信と現在の岐阜県飛騨地方が「筑摩県」として独立していた。 現在の区分になってからもしばらくは、北信中心になりがちな県政への不満から筑摩県復活が度々議論された。 「信濃の国」はそのような条件でも県としての一体感を持てるように作られた歌で、歌詞中の地名に「長野盆地」ではなく旧称の「善光寺平」を用いるなど、長野市から遠い旧筑摩県地域への配慮がなされている。 なお、県立の高校であっても正式名称は「長野県長野高等学校」のように「立」が付かないのも特徴。 周囲を山に囲まれており、長野自動車道や中央道ができるまでは峠道を越えなければならなかったため、「陸の孤島」と揶揄されることもあった。 基本的に鉄道を走らせるには山が多く起伏が激しすぎるため、大きな鉄道を通すために長いトンネルを掘ったり、スイッチバック式などのような特殊な運行方法を必要とした。そのため、もっぱら陸路の移動手段は車が大勢を決しており、逆に車無しでの移動は非常に不便であることから、免許をもつ人ひとりにつき一台の車を持っている家もざらである。 そんな事情のため、日本で一番運賃が高い私鉄(松本電気鉄道)と二番目に運賃が高い私鉄(しなの鉄道)があるという、鉄道を利用していくには財布に厳しい面がある。 なお、どれくらい高いのか例に挙げると 松本駅から100m位先にある西松本駅まで運賃は170円である。(松本電気鉄道の場合) そのため乗鞍方面や長野市より北に行く際は自動車の使用をお勧めする。 蛇足ではあるが、上記の松本電気鉄道は過去に倒産寸前まで行った事があるため 近年は収益の増大に力を入れている。 その一環として、昨今の流行に漏れず「渕東なぎさ(えんどうなぎさ)」というキャラクターを採用し、 様々なイベントを行っている。(所謂萌えキャラである) 彼女の名前は同線にある渕東駅と渚駅から取られている。そのため渚駅の駅名看板には 彼女の可愛いイラストが入っている。結構可愛いと思うのは筆者だけだろうか? また、松本・諏訪ナンバーの車(伊那、駒ケ根、木曾、飯田地域を走る車を除く)の交通マナーは大変悪いと言われている。そのため「松○ルール」なるものが存在すると揶揄されることも。(大○民国や名○屋よりもタチが悪いようだ) 主な行為としては ・直進する車両がいても、右折車両がガンガン突っ込んでくる ・直進車線の車が曲がれば、それに続いて強引に曲がる ・車間距離が少しでもあれば強引に割り込んでくる ・ウインカーを直前まで出さない ・ってか出さない車もよくいる ・逆に出しっぱなしなのもよくいる ・信号無視もちらほら ・制限速度?なにそれ食えるの? そのため制限速度で走っていると間違いなく煽られる 対処法としては、「パトカーの近くを走る」「制限速度+20kmで走る」といったことが挙げられる ・歩行者や合流しようとする車に道を譲らない  脇道から合流しようとする車があると、速度を上げ意地でも入らせないようにしてくる ・やっと譲ってくれたと思ったら県外ナンバー(もしくは長野)だったというのはよくあることである ・運転手がおばさんorおじいさんだと、高確率で横断歩道を渡っている歩行者にクラクション鳴らしてくる といったものがある。 これらの行為は、他の地域に比べてドライバーの多くが高齢者であるといったことが原因の一つではないかと言われている。(教習所のおっちゃん談) そのためドライバーの意志が読みにくい(ってか読めない)ため予測が難しく、事故につながりやすいのでこれらの地域に行く際は軽トラ、高齢者マークのついている車には十分に注意することが望まれる。 また、それ以外の車でも非常にマナーが悪いためこちらにも気を付けることが望まれる。 これらのこともあってか岡谷、諏訪、茅野付近では警察がよく働いているので、巻き込まれないように注意しよう。 地元メディアの気象予想は全国屈指の細かさで、多いものだと県内の70箇所以上の天気予報を出している。これは、長野県が元々農業県で、天候の良し悪しが生活を大きく左右していたことと、山に囲まれ、比較的近いエリアでも天候が大きく変わってしまうことがあるためである。他の都道府県から長野県に行く際は、全国版の長野市の天気予報が晴れだからと油断しないように。 昔、カップヌードルが全国展開して売り出されたとき、長野県だけがその対象から外れたという逸話がある。しかし、そのカップヌードルが長野県で発生したあさま山荘事件で一躍有名になろうは、何の因果だろうか。 真偽は定かではないが、おっさん世代にはカップスターのCMが馴染み深い。 お腹が痛くなったら、御岳百草丸。これ常識。

長野県について

長野県(ながのけん)は、本州内陸部に位置する日本の県である。令制国名の信濃国に因み「信州」とも呼ばれる。海に面していない、いわゆる内陸県であり、大規模な山岳地があるため可住地面積率は小さい。 県庁所在地は長野市で、善光寺の門前町として発展し、第18回冬季オリンピックの開催地となった自治体である。

令制国の信濃国にほぼ相当する(旧神坂村・旧山口村が岐阜県中津川市に編入される等の僅かな差異はある)ので、「信州」(しんしゅう)と呼ばれることも多く、特に観光ガイドでは「信州」と呼ぶ。古代は、科野(しなの)と書いた。 2010年(平成22年)現在、男女とも都道府県別平均寿命で1位の長寿県となっている。

本州の中部に位置し、周囲8県に隣接する東西約128km、南北約220km、面積13,562.23km²、東西に短く南北に長い地形である。面積は、北海道を除く46都府県のうち、岩手県、福島県に次ぐ面積を持つ。これは南関東1都3県の面積の合計に近い。長野県は群馬県・埼玉県・山梨県・静岡県・愛知県・岐阜県・富山県・新潟県と8つの県と接し、日本で最も多くの都道府県と隣接する県でもある(2位は埼玉県、岐阜県、兵庫県の7都府県。但し兵庫県は海上区間を含む)。ただし、埼玉県とは県境が10km程しか無く、中津川林道(埼玉県側は未舗装、また冬季や夜間は閉鎖されている。)のみでしか直接的な行き来ができない。富山県とは陸続きで接しているものの3000m級の北アル プスが立ちふさがっており、地形的にあまりにも険しくまた非常に山奥であるため空路か関電トンネルトロリーバスでしか往来が出来ず、一般人は自家用車両による往来は不可能である(車両が往来できない県境は他に群馬・福島県境があるがこちらは徒歩でのみ越境可能である)。他にも地形的な問題等で飯田市と静岡県静岡市、松本市と下諏訪町、王滝村と大桑村、岐阜県中津川市、同下呂市など陸続きでありながら往来できない市町村が多数ある。

中央部を高地が占める山地型の地形ではなく、むしろ北西の県境の飛騨山脈、南東の県境の赤石山脈の標高が高く、間のいくつかの盆地(伊那谷、松本盆地、佐久盆地、長野盆地など)を中心とした地域が形成されている。大半は内陸部の気候(中央高地式気候)であるが、北部(長野盆地、白馬岳麓など)は日本海側の気候(日本海側気候)の特徴も有する。県内の南半分は太平洋側に近く飯伊地域の多くは東京都(伊豆諸島、小笠原諸島を除く)よりも南であり、県の最北端は那須塩原市やいわき市とほぼ同緯度である。自然が豊富であり、地域医療への関心も高いことから平均寿命も長く、世界一の長寿国日本の都道府県で一番の長寿を誇る。

「日本の屋根」と呼ばれ、県境に標高2000m – 3000m級の高山が連なり、内部にも山岳が重なりあう急峻で複雑な地形である。数多の水源を擁し、天竜川(南信、諏訪湖を水源とし伊那谷を通る)、木曽川(中信)は南下して太平洋へ、千曲川(東信、北信)、犀川(中信)は長野市で合流して北上し、県境を越えて信濃川と名称を変えて日本海へ、姫川(中信)も日本海に流れている。長野県に流域をもつ一級河川としては、信濃川水系・天竜川水系・木曽川水系・姫川水系・矢作川水系・富士川水系・関川水系・利根川水系がある。

本州を縦断する糸魚川静岡構造線(糸静線)が県下を南北に走る。糸静線の東側は第三紀層が分布している。糸静線沿線の諏訪湖から中央構造線が南に走る。 内陸側なので、気象など自然地理学では、中部地方の中央高地として分類される。 最大人口は長野市の387,146人、最大面積は松本市の978.77km²、最大人口密度は岡谷市の620.27人/km²、最大昼間人口比は軽井沢町の117.8%。

引用:長野県 – Wikipedia

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判