過払い金請求を自分でやるには?デメリットは?個人でやる方法と注意点

過払い金請求を自分でやるには?デメリットは?個人でやる方法と注意点

過払い金請求は、弁護士や司法書士などの専門家に依頼するのが一般的ですが、自分で手続きをすることもできます。自分で過払い金請求をやろうと考えている方も多いと思いますので、自分で過払い金請求をする場合の手順や注意点、メリット・デメリットをまとめたので参考にしてください。

過払い金請求を自分でやる方法(手順)

1.貸金業者から取引履歴を取り寄せる

過払い金請求をするためにはまず「取引履歴」を取り寄せます。取引履歴とは「いつ、いくらの金利でいくら借りて、いつ、いくら返したか」など、契約当初からこれまでのすべての取引内容が記載されたデータのことです。これをもとに、過払い金がいくらあるか計算します。

取引履歴を取り寄せるには、貸金業者のサービスセンターに電話などで直接問い合わせます。「取引履歴がほしい」と伝えれば、簡単な本人確認(氏名・生年月日など)のあとに郵送か窓口で受け取れます。貸金業者によりますが、おおよそ1週間から1か月程度かかります。

取引履歴の注意点

各貸金業者の対応によりますが、引履歴を取り寄せるのに時間がかかる場合があります。また、貸金業者に電話をした際に取引履歴の利用目的をきかれることがあるようですが、「契約内容を確認したい」などと答えておきましょう。下手に「過払い金請求をするため」と答えてしまってそのまま返済を続けると、貸金業者側から「過払い金があることをわかっているのに返済していた」と主張されるおそれがあります。

2.過払い金の計算(引き直し計算)をする

取引履歴を取り寄せたらそれをもとに過払い金の計算をします。貸金業者に払った利息を本来払うべきだった利息制限法の上限金利で計算し直す作業です。これを引き直し計算といいます。ネットからダウンロードできる引き直し計算ソフトを使えば自分でできます。

無料でダウンロードできる引き直し計算ソフト

名古屋消費者信用問題研究会(名古屋式引き直し計算ソフト)

1行ごとに取引日と借入額・返済額を入力していけば自動的に利息が計算できます。

アドリテム司法書士法人(外山式引き直し計算ソフト)

使い方は簡単。入力シートに取引日、借入額・返済額を入力していき転記ボタンを押すと自動的に利息が計算でき、計算書シートに過払い金額が表示されます。

引き直し計算の注意点

引き直し計算を間違えてしまうと、過払い金の額が少なくなってしまう可能性がありますので、間違えないように注意しましょう。 クレジットカード会社によってはキャッシングとショッピングの利用が同じ項目にあってわかりづらかったり、取引年数が長かったり同じ貸金業者から数回にわたって借入れしている場合は計算が細かくなります。

特に、同じ貸金業者に一度完済して間があいてまた借りている場合、ひとつの取引とみなすか複数の取引とみなすかで時効の問題も絡み、過払い金の額が変わるので、複雑になります。

3.貸金業者に過払い金返還請求書を送る

引き直し計算をして過払い金の額がわかったら、「過払い金返還請求書」を作成して貸金業者に郵送します。

過払い金返還請求書の書き方に正式な決まりはありません。日付、請求先の貸金業者名と代表者名、「利息の引き直し計算をおこなったところ○○円の過払い金があることが判明したので返還の請求をします」という内容を書き、請求する本人(自分)の名前、住所、連絡先電話番号と振込先口座名と口座番号を書きそえます。

過払い金返還請求書の注意点

過払い金返還請求書は送った証拠・受け取った証拠が残るように内容証明郵便で、配達証明をつけて送るようにします。

4.貸金業者と直接電話で交渉する

過払い金返還請求書を送ったあとは、貸金業者の担当者と直接電話で話し合いをします。すんなりと過払い金を満額返してくれる業者はほとんどないといっていいでしょう。減額を要求してくるか、返還の期日を先延ばしにしてくる業者がほとんどです。

貸金業者側から提案された返還額や返還期日に納得できれば和解成立です。(6.過払い金の返還へ)貸金業者の和解案に納得できない場合は裁判所に訴えを起こしましょう。

貸金業者との話し合い(和解交渉)の注意点

個人で過払い金請求する際に一番むずかしいのは貸金業者との交渉でしょう。各貸金業者によって対応はさまざまですが、特に経営状態が低迷していて資金力のない貸金業者はできる限り過払い金を返還したくないので、しつこく減額交渉をしてきます。担当者は過払い金請求の対応に慣れているので、うまく言いくるめられないよう、自分の意思を強く持って、要望を伝えましょう。

5.過払い金請求の裁判

話し合いで和解がまとまらない場合は、裁判所に訴えを起こします。通常、裁判を起こしたあとも同時進行で話し合いによる交渉を続けます。多くの貸金業者は、判決をとられて負けることは会社の利益にならないので、裁判官による判決が出される前に、裁判外の話し合いで和解することが多いです。

過払い金請求の裁判の注意点

貸金業者によってはあの手この手で時間稼ぎをしてくる業者もあります。これはなるべく入金を先延ばしにしたいためです。

貸金業者の経営状態や、過払い金請求に対する対応の傾向がわかっている専門家(弁護士・司法書士)に比べ、個人で過払い金請求しようとすると勝手がわからないので無駄も多くなります。引き際がわからず、徒労におわる可能性もあるので注意しましょう。

自分で過払い金請求するには、各消費者金融やクレジットカード会社の過払い金請求に対する対応状況を調べ、情報収集することが重要です。

6.過払い金の入金

判決や話し合い(和解交渉)で和解案がまとまれば、過払い金が指定の口座に振り込まれます。入金までにかかる期間は貸金業者によって異なります。早くても1~2か月以上かかるでしょう。

過払い金請求を自分でやる手順と注意点をまとめてお伝えしましたが、自分でやってみてうまくいかない場合は無理をせず専門家(弁護士・司法書士)にアドバイスを求めましょう。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判