倒産・母の介護・交通事故・うつ病で借金!債務整理で解決

倒産・母の介護・交通事故・うつ病で借金!債務整理で解決

100万円の車を購入することになりました。仕事が順調にいけば当時の給料からすれば返済はそれほど大変なものではないと考えていました。しかし、勤め先の突然の倒産により借金を丸々抱えたまま無職の状態となり、返済は一気に苦しくなりました。

時私は古くなった通勤用の車を買い替えるために、ローンを組みました。

当時古くなった車の買い替えを考えていました。そのとき当時の勤務先の先輩からカーショップを紹介され、そのお店で100万円の車を購入することになりました。仕事が順調にいけば当時の給料からすれば返済はそれほど大変なものではないと考えていました。

しかし、勤め先の突然の倒産により借金を丸々抱えたまま無職の状態となり、返済は一気に苦しくなりました。次の仕事先を何とか見つけてローンの返済を続けていましたが、母が糖尿病で入院しその職場も母の介護のために辞めざるを得なくなりました。母が入院した矢先に不注意から交通事故を起こしてしまい、車は廃車になり、ローンだけが残るという最悪の状態に陥りました。

母の退院を待って見つけた新しい仕事場も、ストレスから発病したうつ病で長く続かず、車のローンを払うのはますます苦しくなっていきました。そのうえ母の通院のためにはどうしても車が必要で、ローンを抱えたまままた新たにローンを組むという二重ローン状態になり、返済はほぼ不可能になってしまいました。

新しい仕事もうつ病のためになかなかうまくいかず、毎日鳴り響く返済の催促の着信に毎日おびえる日々を送っていました。そんな時、通っていた心療内科の先生から障害年金というものが受給できるという事を教えていただきました。私は障害年金の手続きをして、二か月で10万円程の障害年金を受給しながら、短時間の仕事をしながらなんとか生活をしていました。

一回目は120万円、二回目は50万円の借金

オリエントコーポレーションという会社から一回目は120万円を、二回目は50万円を借りました。借りた時の気持ちは当時23歳の私は5年ローンを組んだことから「これを返済し終えるのは28歳になったときか」と少し後悔の念も感じていました。借りた後は会社の倒産やうつ病の発症などで返済が難しくなり、障害年金と短時間の仕事で得る収入でなんとか生活は送ることは出来ていました。

当時の私の借金に対するイメージは決して良いものではありませんでした。しかし、通勤用に車は必要だいう考えと、当時の収入から考えればそれほど返済は難しくないだろうと考えからローンを組むことを決心しました。ローンの返済の額と返済期間を出来るだけ短くするためにをなるべく安い中古の軽自動車を購入することにしました。

国民健康保険税支払い困難に、母が通院続ける事も危うく、先が真っ暗に

当時勤めていた職場が突然倒産した事と、母の介護からのストレスからうつ病を発症し、仕事を見つけて就職しても長続きせず収入が激減したからです。最初にローンを組んだ車は交通事故で廃車になり、ローンだけが残りました。そのうえ、母の通院のためにどうしても車は必要でローンの上にローンを組むという状態になったからです。ローンを返すために就職するのですが、うつ病を発症し長続きせず、短時間の仕事しかこなせずローンの返済をしながら生活していくという事はとても不可能な状態でした。

心療内科の先生から障害年金を受給できるという話を聞いて、手続きをして、二月に10万円の障害年金と短時間の仕事の収入を合わせてなんとか生活していましたが、それでも生活は苦しく食べるのもやっとという状態でした。生活の苦しさから自殺を考えたこともありましたが、心療内科の先生や母から反対され、なんとか生きながらえているという状態が五年間も続きました。

自分で買い物をすることがなくなり、着る服はいつも同じ服を着るようになりました。友達と遊ぶお金もないので交友関係は希薄になりどんどん友達が減っていきました。外食をすることがなくなり、ガソリン代を節約するためと、うつ病のために外出することはほとんどなくなりました。趣味であった水泳もスポーツクラブに行くお金が無いので続けることは出来なくなりました。国民健康保険税も滞納分が10万円を超えて、病院に行くこともできなくなる寸前の状態でした。

母の通院を続けさせたいと思ったことと、これ以上苦労をかけたくない

食べることにも困窮し、母の顔を見れば美容院にも行けず、ひげが伸びっぱなしで、そんな母を見るたびに私が自責の念に駆られるようになった事と、毎日電話の音に怯える日々を続けていくことが嫌になったからです。

電気代やガス代も滞納し、国民健康保険税も支払えずいつ病院に通えなくなってもおかしくないような状態をなんとか打開しなくてはいけないと考えたからです。病院に行くことができなくなれば母は糖尿病の治療が受けられなくなり、合併症から失明や最悪の場合死に至ると医師から宣告され、自分が蒔いた種なのだから自分で解決し、母を助けたいと考えたからです。このまま自分に甘えて母にこれ以上苦労を掛けてはいけないと、借金を返済する方法を一から考え始めました。

テレビのCMやチラシで見つけた法律事務所

テレビのCMやチラシや、電話帳などで借金問題の相談にのってくれる法律相談事務所を見つけて、電話を掛け現在の状況を説明し任意整理の方法や、過払い金の調査などによって返済額が減額される場合があるという事を教えていただきました。法律相談事務所で教えてもらった情報をもとにローンを組んでいたオリエントコーポレーションとも相談し月々の返済額を減額してもらえるように頼むこともしました。任意整理と過払い金の調査によって月々のローン返済額が減り、催促の電話もかかってこなくなり精神的にも経済的にも負担を減らすことができました。

テレビのCMやチラシ、ニュースなどで過払い金請求を知りました。当時は自分にも過払い請求ができるのかどうか、債務整理を行う際に手続きが上手くいくのかどうか不安でした。しかし実際に相談に乗っくださった法律相談事務所の方は親切で、過払い請求で返済額の減額ができる事と任意整理によって精神的な負担を軽減できると言うこと等債務整理についての知識について丁寧に教えてくださいました。

精神的な負担が軽くなったおかげで仕事も長続きするようになり、暮らし向きは少しずつ良くなっていき、母の病院代と国民健康保険代も支払えるようになっていきました。

躊躇した点は依頼費用が高額になるのではないと言う点でした。

テレビでみた借金問題に対するCMから過払い金請求によって返済額が減ることや、債務整理についても相談に乗ってもらえるという事を知ったことがきっかけになりました。依頼を躊躇した点は、相談するのにもお金がかかるのではないかと言う事でした。

その後、電話帳などで法律相談事務所に電話をかけて、相談には無料でのってもらえるという事を知り、自力では返済が難しくなっていたこともあり、専門家に相談してみようという事になり、電話で相談にのっていただいた法律相談事務所に相談をして返済額の減額や任意整理のメリット等について教えていただき、少しずつ解決に向けて動き出すことができました。

テレビのCMで見た相談実績数と電話で相談したときも、とても丁寧で親切な対応をしてくださったことが、その専門家の方に依頼しようと思ったきっかけです。実際に事務所を訪れた際もとても親切に借金問題のことについて相談に乗ってくださいました。任意整理や、過払い金請求による借金の返済額の減額についても教えていただきました本当に救われました。

任意整理や過払い金請求にたいして、とても親切に教えてくださいました。

お会いする前は法律の専門家という事もあり、とても厳格で怖い人なのではないかという印象があり緊張していましたが、 実際に相談に乗ってくださった方はとても優しく親切で現在の状況や、返済方法についての案や過払い金請求や任意整理などで精神的にも経済的にも負担を軽くすることができるという事を丁寧に説明してくださいました。

最初にお会いしたのはその方が所属する事務所を訪問したときでした。相談に乗ってくださった専門家の方は一見すると厳格で厳しそうな方でしたがとても優しく、根気強く話を聞いて下さいました。説明もとてもわかりやすく、対応も親切で、現在の状況や債務整理についてのアドバイスや過払い金請求の事などについても親身になって相談に乗ってくださいました。

連絡は週に1度のペースで電話で行い、面談は月に一度のペースで事務所を訪れる方法で行っていました。定期的に連絡を取る際には現在の状況はどうか、催促の電話に悩まされていないかなどいつも真剣に気遣ってくださいました。面談を行った際には返済の進捗状況や仕事のことなどについても真剣に相談に乗ってくださいました。

その都度的確なアドバイスをくださり返済がすこしづつ出来ていることや、暮らしが上向き母を病院に連れて行くことができるようになったことを報告すると、自分の事の用に喜んでくださりました。この方のおかげで私は返済を無事に終える事が出来たのだと今でも強い感謝の念を持っています。

返済額が50万円も減ることはとても大きな事でした

借金問題の相談にかかった費用は最終的にはローン会社一件つき2万円で相談にのってもらえました。一般的に見ると高額だと思われるかもしれませんが当時の状況を考えると2万円で借金問題にのってもらえるということは本当にありがたいことでした。

専門家の方に頼らなければとても借金を完済などできていなかったと考えているからです。自殺すらも考えた状況から救い上げてくださった専門家の方には本当に心から感謝しています。減額された50万円で国民健康保険代を支払うことができ、母の糖尿病の悪化を防ぎ、命を救われたとはっきり思っています。

また任意整理や債務整理、過払い金のことについても親身になって説明してくださり、精神的にも経済的にも負担が軽くなったおかげで仕事も続けられるようになりその事が借金の完済につながったと考えています。そう考えれば、相談費用の2万円は決して高くはなく、減額された50万円も大きな金額であったと考えています。

安心して相談をすることができました

私の場合は車のローンの相談だったので、借金ではなくローンのことについても相談にのっていただけるのかという点と、 家族に借金の事を知られるのではないかと言う事を不安に思っていました。

しかし、相談にのってくださった専門家の方はローンでも借金問題の相談対象になりうるとはっきりとおっしゃってくださいました。任意整理と過払い金請求によって返済の催促の電話がかかってこなくなる事やローンの返済額が減額されるということを説明していただき逆に不安に思っていたことを後悔しました。家族にも知られるのではないかと言う不安も、そういうこともなく借金を完済できると専門家の方から説明していただき、精神的にとても楽になりました。そのおかげでうつ病も改善され仕事も続けられるようになり、少しずつ暮らしが上向いていきました。

そのなかで借金を返済する余裕も生まれ、自殺まで考えていたことが嘘のように事態は改善に向かって動き始めました。

任意整理、過払い金請求後には精神的にも経済的にも楽に

任意整理と過払い金請求での返済額減額後は相談前とは生活がまるで違ったものになりました。家族に借金の事を知られる事や、返済の催促の電話を恐れて精神的に追い詰められていた生活から解放され、精神面に余裕が生まれ、仕事も続けられるようになりました。減額された20万円で国民健康保険税の支払いもなんとかできるようになり、母の通院も続けられるようになりました。債務整理や、過払い金請求に対する知識がなければ、今頃どうなっていたかわかりません。

最初に法律事務所の事を知り、相談費用や手続きの煩雑さを考えて躊躇していた自分が今は恐ろしいです。 思い切って法律相談事務所に相談して、専門家の方の意見を聞いたことが正解だったと今でも考えています。

借金の額が減額されたことにより、母が通院を続けられるようになりました

債務整理、過払い金請求をしてよかったことは、自殺まで考えていた状況が少しずつ改善され、今では普通の暮らしができるようになった点です。専門家の方に相談する前は本当に目の前が真っ暗でした。仕事も長続きせず母の病院代も出せなくなる寸前でした。あのまま生活を続けていれば現在も借金は返済できず、悲惨な事態に陥っていたと思います。専門家の方に相談したことにより、精神的にも、経済的にも楽になり、仕事も続けられるようになっていきました。

債務整理、過払い金請求をして悪かったことは一つもありません。無事に返済を終えたときには長い長いトンネルから抜け出たような感覚でした。もう二度と無計画なローンは組むまいと固く誓っています。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判