収入激減で税金が払えない!過払い金請求で100万減額

収入激減で税金が払えない!過払い金請求で100万減額

再三周りからも注意されていた事ですが、次の年の税金や次の年のロイヤリティー収入の事を考えないと大変な事になると忠告されていたのですが、まだ若かった事もあり調子に乗って使い込み過ぎてしまった事や、次の年の商品が前年度程の売り上げを叩き出せなかった事により、給料は上がっているのに収入が激減という状態になってしまい、さらに住民税等の税金関係で苦しむ事になり借金を行わないと厳しいという状態になりました。

借金の発端は大きな利益が入った事から

25歳の頃に借金をする事になりました、収入減による借金なのですが、その時の会社の給与には満足している状態で同性代よりもかなり大きく、給料自体は上昇傾向にありました。

何故そういう状態で収入が減って借金を行う事になったかと言うと、当時の収入は会社からの月々受け取る給与とボーナス、他にも作る商品に応じたロイヤリティー収入のようなものが加算される仕組みでした、前年度に売れる商品開発を行っていた為に、そのロイヤリティー収入が給料やボーナスよりも遥かに大きかったという状態です。

再三周りからも注意されていた事ですが、次の年の税金や次の年のロイヤリティー収入の事を考えないと大変な事になると忠告されていたのですが、まだ若かった事もあり調子に乗って使い込み過ぎてしまった事や、次の年の商品が前年度程の売り上げを叩き出せなかった事により、給料は上がっているのに収入が激減という状態になってしまい、さらに住民税等の税金関係で苦しむ事になり借金を行わないと厳しいという状態になりました。

流石に周りの方に助けてもらうのも恥ずかしかったですし、銀行での借り入れを行う事にしました、生活費の補填が主な用途であり、その年に関しては殆ど遊びに行くのも控えながらの返済生活であり、何の楽しみも無いのですが自業自得の節制生活を強いられました。

それでも付き合い等もありますから時々飲みに出かけたり、小規模な旅行に行く程度の事をしましたが、そういう遊びのお金は別途消費者金融での借り入れでした。消費者金融のアコムやプロミス等で借り入れを行っていました、その後多重債務状態になり利息負担もきつくなってきて、三桁以上の借金でしたし何となく不安な気分がありました。

返済時の利息も結構高いという実感もありましたが、返済には遅れないようにと踏ん張っていましたが、なかなか借金が減らない生活が続きズルズルと行ってしまいました。借金をした事によって悪いイメージは無かったですし、実際に生活補填に役に立ちましたが、返済日を忘れてしまった事があり会社に業者から連絡が来た事があり、やはり借金があるという事により何かに縛られているような感覚を持ちました。

返済遅れが何度かあると金融ブラックに登録されて社会的に信用を失うリスクもあるの事ですから緊張感がありました。

借金時の生活について

前年度の収入の高さから車を購入したり、旅行に行ったり、お酒や女性との遊び等散財しまくった状態でしたが、税金対応していなかった事で一転借金生活になるので気分的には沈んだ返済生活でしたが。

しかし、最初は生活費補填で何とかやりくり出来ていたのですが、最低限の付き合いもありましたし、お酒を飲みに行ったり外出する時にお金の計算をしなくてはいけないという暮らしになり、遊びにいく度に知人があまり高い所に連れていくなよと感じており、何か委縮した感覚でした。

前年度の収入があったのでハメを外して強気だった事もあり、現状借金しているなんて口が裂けても言えないという妙なプライドもあったので、遊びに行った時の割り勘時にはいつもヒヤヒヤしていましたし、実際付き合いが悪くなった期間であった事は間違い無いです、とにかく節制生活をしている間は誤魔化しながら生きている感覚でしたし、お金のやりくりで頭が痛かったです。

ただし返済計画通りに進めないと元金が減らないので、計画通りに生きるしか無かったです。生活はまず贅沢していた食生活が変わった事と、仕事上がりの行動が変わりました。

ただし、借金を周りにバレたくなかったので、一緒に行っていたランチを週に5回から2回に減らすとか、ダイエットしてるという事にして行動しました。

仕事上がりにもジムに通うと嘘をついて週に1回だけ付き合いで外食する程度で、他も買物等も極力しないように心掛けて窮屈でしたが、税金や支払関係を払ったらお金が殆ど残らない状態だったので仕方無かったです。

社会的信用を失う恐怖があり借金解決に

借金を返済出来ないと、信用情報に傷がつきますし、そういった事を行っていると将来的に住宅ローン等を好条件で受ける事が難しいという事もあります、早く借金は返済しながら生活出来るようにする必要性は感じていました。

最初は上手くやりくり出来て返済出来ていましたし、完済させるまでは生活をある程度節制する事は仕方ないと思って行動していました、テレビで多重債務者が転落する姿を見て、しかも収入が少ない人だけに起こりえるわけでなく、自分以上の収入の人間でも転落していく姿もありましたし、確実に完済させる必要があると実感しました。

返済計画を綿密に立てて、完済までの日数や利息負担総額等も計算して返済生活に突入していきました。

借金返済の為の節制生活

借金を返済出来ないと、信用情報に傷がつきますし、そういった事を行っていると将来的に住宅ローン等を好条件で受ける事が難しいという事もあります、早く借金は返済しながら生活出来るようにする必要性は感じていました。

最初は上手くやりくり出来て返済出来ていましたし、完済させるまでは生活をある程度節制する事は仕方ないと思って行動していました、テレビで多重債務者が転落する姿を見て、しかも収入が少ない人だけに起こりえるわけでなく、自分以上の収入の人間でも転落していく姿もありましたし、確実に完済させる必要があると実感しました。

返済計画を綿密に立てて、完済までの日数や利息負担総額等も計算して返済生活に突入していきました。

借金返済の為の節制生活

借金を返済する為に、無駄な出費を極力減らしていましたが、それだけではなく、複数社からの借り入れになっていたので一社におまとめ借り換えを行って金利を低くし、利息負担を減らす等の行動に出ました、一社にまとめる事で返済しやすくなり、利息負担も減るので有効な返済方法と感じましたし、ネット検索していてサービスに気が付きました。

複数社からの借り入れは返済日を忘れてしまいがちになりますし、一社辺りに支払う利息負担も大きくなりがちですから、借金に悩んでいる方にとって強い味方であるサービスです、借金には悩んでいる時に借り換えという選択肢を取る事は望ましいものです。

債務整理や過払い金請求については言葉だけは知っていましたが、実際どういう事かは知らなかったです、知人が債務整理経験を行った事があると後々知り、他にも借金返済が長期化に及ぶ事によって利息を支払い過ぎた時に返還してもらえる過払い請求等も知人から教えてもらいました。

話を聞いていても自分の場合は返済に長期化しないし、債務整理を行う事も無いと思っていましたし、そうなってはならないと強く感じました。

とにかく借金返済時のトラブルは避けて、出来るだけ早く返済してしまいと思っていました。そして面倒な手続きは行いたくないとも思っていました、実際は返済が長期化する事になりますが、その時は利用しないと思っていました。

債務整理の依頼を行なおうと思ったきっかけ

過払い金や債務整理の仕組みがいまいち理解出来ていなかったのですが、借金を軽くしたり、お金を返してもらえるのか?と思い、一度自分の借金も対応してもらえるのかどうかを確認してもらいたいと思いましたし、近くに弁護士の事務所もあったので駆け込もうと思ったのですが、借金を行っている事自体を専門家にでも言いたくないという考えがあり踏みとどまりました。

そもそもこれを活用するとブラックリストに乗るというリスクもある事を知りましたし、関わる事もなく借金を完済させたいと思いました、ただ返済時に負担を楽にしたいとも思って助けてもらえるなら助けてもらいたいという感覚は常にありました。

近所に事務所があった事や、事務所の評判も悪くなかったので、何か借金返済が楽になったり自分が有利になるのかプロの目線でチェックしてもらいたいと思いました。

返済を長期化させるつもりが無かったのですが、結局忍耐が足りずに長期化してしまったので過払い請求等が出来るのかどうかを確認したいと思って依頼してみようかと思いました。

専門家の対応について

いい年して借金で苦しんでる人間を見下すのだろうと思っていましたが、意外と行ってみると親身に対応してくれましたし、会う前と会った後でも全く印象が違い、むしろ好感度の高い対応をしてもらえました。

借金返済に苦しんで長期化した理由等も他人に言うのは嫌でしたが、実際に会うと話をうまく引き出してくれて話しやすかったです。

依頼した専門家によれば、すぐに過払い金を返済してもらえるという事でした、請求出来る資料も揃っていましたし、説明を受けた時に任せて借金を楽にしたいと思いました。

必要書類を作ってもらい、借り入れ先に送り、過払い請求金額等の算出された書類が届いて手続きを行っていきます、専門家の方からは作業の過程で連絡や報告を受ける事になり、そのまま進めて行ってもらえますし、説明も明確であり解らない事はその場でその都度答えてくれますし、連絡はわりと段階ごとにする事になり、私も詳しくない事ですから殆ど放置状態で任せていましたが、キチンと解るように説明を受ける事が出来ました。

依頼してからすぐに過払い金が返ってくるというわけでなく、色々な手続きがあり、2か月程度の経過後に連絡があり、過払い金の返済金額等が明確になりました。

過払い金に関しては実際に専門の方に任して対応する事が望ましいです、素人では解らない事も多いですし、払い過ぎた借金というのは専門知識が無いと解りにくいものですし、借り入れ期間が5年以上になってくるとこういった過払い金を受け取れる可能性が大きいです。

過払い金の返還額や依頼報酬について

過払い金の返還金額が合計で100万円程度ですが、解決報奨金や減額報奨金、過払い金報奨金等を支払う必要があります。細部の金額は明確には覚えて無いですが、それぞれの金額で請求しても良い上限設定がされており、合計で20万程で差し引きで75万程有利になりました。

いずれにしても最初は一年程で完済出来ると思っていた借金でしたが、その後多重債務を一本化して返済しようとしたり、その後結局再び借金をしてしまって計画通りに返済出来ない等があり、中々借金を完済させる事無くズルズルと行ってしまいました。

その借金を減額されて過払い金請求出来たのは有難かったですし、かなりの金額を無駄に払っていた事が解りますし、今後は借金は控えて自分の身の丈に合った生活をしたいと感じました、いずれにしても長い時間をかけて返済する必要があり辛かったです。

発端に大きなお金が入ってラッキーと思った所から一転、その後は節制しつつたまに欲望に負けてというような生活でしたが、この程度の報酬で減額や返金出来た事は感謝したいです。

依頼前後の不安点について

過払い金請求を行い、成功した場合には借入を行った金融業者から二度と借りる事が出来ないと聞いていました。これは社内的にブラックに登録されるからという事で、ブラック登録に関しては抵抗がありました。

過払い金返還請求というのは借金側としては当然の権利要求になりますが、業者側からすればお金をむしり取られたような感覚になるようです、と言う事からも過払い請求した客とは取引を行いたくなるというのは当然です。

過払い請求した特定の業者だけから借金を行う事が出来なくても、他の業者に借金すれば問題無いと感じますが、金融業者は横の繋がりも深い部分がありますから、状況によって別業者からも借金が出来なくなるというリスクもあります。

いずれにしても完済しきったら二度と借金しない事が理想ではありますし、まず借金完済させる事が重要だったので、過払い請求によって発生するリスクへの不安は消えていきました。まずは有利に完済させる事が必要です。

過払い金請求後の生活の変化や心境の変化

過払い請求に至るまでは色々な葛藤がありましたが、発端の借金から完済までに数年以上かかった事からも、とにかく完済させて楽になりたいと思ったので、心境としては請求が出来て良かったとホッとしました。

生活に関しても完済までの見通しがついた事や、返済負担額が減る事によってメリットしか感じなかったです、過払い請求を行うまではそれを行うに至った自分の不甲斐なさや、ブラックリスト登録される事への不安等もありましたが、借金から解放される事を期待する気持ちの方が大きかったです。

実際ダラダラと減らない元本等を見て憂鬱でしたし、こんな長引くとも想像もしなかったものですから、過払い請求後は晴れやかな気分で会った事は間違いないです。

過払い金請求をして良かった事や悪かった事とは

返済生活からの解放の目途が立ったのは本当に良かったと感じます、借金を行い、それ以降は生活の節制、そこからは常に利息を払うような生活になり、元本が減る前に借金が必要な場面が出てきてさらに借金というような生活だったので、過払い請求でお金が返ってくると知った時は良かったです。

もちろん悪かった所は将来的に数年間は大きな借り入れを行う事が難しくなりますし、借り入れ先の業者からはブラック扱いというのは気持ち良いものではないです。

いずれにしても過払い請求によって借金完済出来るようになった事は極めて重要であり、悪い事は色々浮かぶのですが、完済出来るという良さに比べたら小さいもので、利点の方が大きく感じています。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判