三重県で過払い金請求に強いおすすめ司法書士・弁護士事務所

三重県で過払い金請求に強いおすすめ司法書士・弁護士事務所

三重県で過払い金請求に強い司法書士・弁護士事務所

三重県で過払い金請求のできる司法書士・弁護士事務所

くすの木法律事務所 事務所詳細 住所 三重県四日市市安島1-6-14 ラ・テラビル7階A 電話 059-356-3103 営業時間 平日9:00~18:00 債務整理料金 任意整理 お問い合わせ下さい 過払い金請求 お問い合わせ下さい 自己破産 お問い合わせ下さい 個人再生 お問い合わせ下さい 多重債務、利息の払い過ぎ、自己破産、取り立てが厳しい…そんな借金問題を抱えていたら、こちらの事務所に相談してみてはどうでしょうか。あなたの大切な未来をサポートしてくれます。

弁護士法人心 津駅法律事務所 事務所詳細 住所 三重県津市羽所町345 津駅前第一ビル5F 電話 0120-41-2403 営業時間 平日9:00~22:00/土日9:00~18:00 債務整理料金 任意整理 1件あたり2万円+減額分の10% 過払い金請求 返還を受けた過払金の18% 自己破産 20万円~ 個人再生 25万円~ こちらの法人には、債務整理を集中的に取り扱う弁護士らが所属しています。ぜひ相談してみてはいかがでしょうか。

鈴木法務合同事務所 事務所詳細 住所 三重県松阪市駅部田町1609番地8 電話 0598-23-4638 営業時間 平日9:00~17:30 債務整理料金 任意整理 1社当たり28,000円+過払い金の18~20% 過払い金請求 1社当たり1万円+過払い金の20% 自己破産 165,000円~ 個人再生 250,000円~ 借金関係を取り扱っている事務所です。松阪市で借金にお困りの方は、こちらまでご相談してみてはいかがでしょうか。

三重県で多い過払い金請求について

過払い金(グレーゾーン金利)とは消費者金融やカード会社に払いすぎたお金(取られ過ぎた利息)。 お金を貸す時の利息は利息制限法という法律で定められてましたが、2007年くらいまで多くの消費者金融やカード会社(貸金業者)がこの法律より高い利息で、お金を貸していました。

世間で過払い金請求というキーワードが先走り過ぎていて、多くの人が勘違いしている過払い金請求。 これって、完済した借金に対する請求以外は、債務整理という扱いになり、ブラックリストに載ってしまうんです。 というか、過払い金請求というのは、元来、完済した借金に対して行うことを言い、借入中のものに関しては債務整理という扱いになるんです。 なので、世間一般で言われる、過払い金請求はブラックリストに載らないというのは、完済した借金に対する過払い金請求であり、借金中の請求は確実にブラックリストに載ってしまいます。

ただし、借入中の過払い金請求であっても、過払い金で借金を完済できるような事案に関しては、ポイントが異なります。 まず、借入中の過払い金請求を行った時点で、信用情報機関に債務整理として登録されます。 そして、過払い金で完済できれば、その債務整理の登録情報は削除されるので、結果的にはブラックリストはキレイな状態で保たれます。

噂ではブラックリストに入ってしまって新たな借入が難しくなってしまうということです。

しかし、これは平成22年当初の話で、金融庁の見解によると、これは間違っていて本来払い過ぎた利息を取り戻しただけで、 それによって返済がされているのであればブラックリスト入りは不当ということになりました。

つまり、過払い金請求をした後でも債務整理をしていなければ、ブラックリストに入ることはありません。 その後も普通にクレジットカードを使ったりキャッシングをすることが出来ます。

もう一つのデメリットは自分で行うことが難しいということです。 過払い金請求するためには、消費者金融などの金融機関と交渉しなくてはいけないので、なかなか素人の場合、思うように事が進まなく苦労が大きいというとこです。

よほど腰を据えて知識武装をして臨まないと思ったような結果は得られないということです。ネット上では簡単に出来るように書いてありますが、実際にはそうはいきません。それでは専門家に依頼するとどうなのかというと、スムーズに過払い金を取り戻してくれますが、依頼料がかかります。

一般的に着手金が2万円から5万円。還金額の15%から20%の成果報酬が必要です。 しかし、これらのデメリットを補って余りあるメリットもあります。実際に数百万円の借金が大幅に減って毎月の返済が楽になった例も多いです。お金の問題を解決することで、暗かった家庭も明るくなったり、夫婦仲が良くなったり、毎日希望を持って生きることが出来るようになります。

過払い金は金融機関が倒産してからではお金は返ってきません。早めの行動をすることで確実に取り戻す必要があります。ただ、過払い金対象に当てはまらない人もいるので、実際のところどうなのかは、無料相談で確認してみましょう。匿名で出来る無料相談で、自分は本当に過払い金請求出来るのか、どのくらいの金額が取り戻せるのか診断してもらいましょう。

法には、債権を持っていたとしても、これを使わない状態が10年間続くと、その債権は消滅してしまい、もはや請求できなくなるという規定があります。これを「消滅時効」といいます。過払い金の返還を求める権利も債権である以上、10年で消滅時効となり、それ以降は請求できなくなってしまいます。

過払い金返還請求権が10年で消滅するとはいうものの、一体どの時点から10年なのか、という点が、かつては論争となっていました。しかし、今は判例(裁判所の判断の先例)によって解決されており、「最終の返済日から」10年と解釈されています。借入日や、初回の返済日が10年以上前であったとしても、最終返済日から10年経っていなければ、過払い金返還請求はできることになります。

完済日から10年以上経ってしまった場合でも、取り戻せる可能性はゼロではありません。取り立てのされ方がひどかった場合などには、貸金業者からの請求を「不法行為」ととらえて請求すればよいのです。

不法行為とは、違法な行為によって人に損害を与えた場合に、その被害者が加害者に対して損害賠償を求めることができる、というルールです。

例えば、交通事故の被害者が治療費を請求する場合や、不倫をされた人が慰謝料を請求する場合がこれに当たります。借金の悪質な取り立て行為も、この不法行為と見る余地があるのです。

新しい問題として議論されているのは、「取引の分断」があった場合の消滅時効の考え方です。取引の分断とは、例えば、A社から平成2年に借り入れて平成10年に一度は完済したものの、再びA社から平成12年に借り入れて平成20年に完済した、というように、途中で一度完済している場合のことをいいます。

この場合、前の取引と後の取引とを合わせて1つの契約だと考えると、そのすべての返済が終わった時(上の例では平成20年)から時効を数え始めることになるので、平成30年が来るまではすべての過払い金の返還請求ができます。

ところが、前の取引と後の取引とが別々の2つの契約だと考えると、前の取引についてはその返済が終わった時(上の例では平成10年)から時効を数え始めることになるため、平成20年が来てしまうと、前の取引から生じた過払い金に関しては、返還請求ができなくなってしまうのです。

過払い金請求の多い三重県について

三重県(みえけん)は、日本の都道府県の一つで、紀伊半島の東側に位置する。県庁所在地は県中部の津市。海、山の豊富な自然に恵まれ、農業・漁業が盛んである。また江戸時代(御伊勢参り)から現在(F1日本グランプリや、8耐など)に至るまで、観光を産業として成り立たせている。 北勢、伊賀、中勢、南勢(伊勢志摩)、東紀州の5地域で構成されている。江戸時代から、お伊勢参り(お蔭参り)の名で知られる伊勢神宮を擁する地域として発展した。令制国では、伊勢国・志摩国・伊賀国の全域と、紀伊国(当初は熊野国)の一部、計4国より構成される。包括する旧律令国の数は、5国を包括している兵庫県に次ぐものである。 人口は22番目、面積は25番目、人口密度は23番目である。経済力については名古屋圏の一部である北勢地域を抱える事から上位の県であり、1人当たりの GDP の県民経済計算は5位から15位の間の高水準で推移している。本県内で最大の人口を有する市町村は四日市市の約31万人で、国から特例市に指定されている。一方、県庁所在地である津市の人口は約16万人であり、2005年から2006年の短期間は県庁所在地のなかでもっとも人口が少なかった。平成の大合併後の人口は約28万人である。本県は東紀州を中心に過疎地域があるほか、津市や松阪市の一部も過疎地域に指定されている。三重県の総人口は約180万人であり、熊本県、鹿児島県、岡山県等と同規模であるが、本県はこれらの県と比較して人口が突出した都市は存在せず、中規模の複数の都市に人口が分散している。 三重県の北中部は中京工業地帯であり、主要企業が多い。四日市市では自動販売機が年間で約12万台生産されており、自動販売機の生産量が全国で最も多い。また、石油化学コンビナートの四日市コンビナートは、四大公害病の一つである四日市ぜんそくの原因となり問題になったが、現在は法整備や汚染防止技術向上などの対策が格段に進み、工業地帯周辺の大気状態は良好になっている。亀山市にはカメヤマローソク(本社は大阪市に移転)や、三重県のハイテク企業誘致策により建設されたシャープ亀山工場がある。なお、三重県はローソクの生産量と鍵の生産量が全国一である。 伊勢神宮や伊賀上野、二見浦、世界遺産の熊野古道などの観光地やナガシマスパーランド、なばなの里、志摩スペイン村、鈴鹿サーキットなどのテーマパークがある。特に伊勢・志摩地区は観光地としても名高い。本県は地理的に、近畿圏と中京圏の中間に位置しているため、両地域からの観光客が多い。なお、伊勢・志摩地区にも路線を有する近畿日本鉄道(近鉄)は大阪や名古屋から伊勢・志摩地区への観光客に向けた企画乗車券を販売するなど誘客に務めている。 方言は三重弁が話されており、その中でも伊勢弁・伊賀弁・志摩弁・紀州弁に分けることができる。三重弁は近畿方言に属しており、大部分の地域が京阪式アクセントまたはその変種である。三重県は特に北部において、愛知県と経済面・物流面での関係が深いが、方言は揖斐川を境界として愛知県・岐阜県との間に大きな違いがある。揖斐川の東側に位置する桑名市長島町および桑名郡木曽岬町は東京式アクセントで、愛知県と同じ方言圏に属している。 三重県は、滋賀県、福井県、岐阜県とともに「日本まんなか共和国」を設立し、知事サミットや文化交流事業などを行っている。 名古屋名物になっている天むすは元々は三重県発祥のものである。他に、ひつまぶしも三重発祥との説がある(大阪発祥説もある)。

三重県は南北の長さは約180km、東西の幅は108kmと、細長い形をしている。伊勢平野をはじめとする平野部から、鈴鹿山脈などの山脈、青山高原などの高地、盆地、低地など様々な地形を有する。北側の愛知県や岐阜県、南側の和歌山県など、6府県と隣接する。伊勢湾から松阪市飯高町にかけて中央構造線が通っており、飯高町月出では大規模な露頭が見つかっている。2002年に「月出の中央構造線」として国の天然記念物に指定された。2007年には長野県大鹿村とともに日本の地質百選「中央構造線(月出)」に選定された。 一般的には、東海地方に含まれることが多い[1][2]。国土整備行政上は、福井県、滋賀県と同様、近畿圏、中部圏のいずれにも含まれている[3]。また伊賀市と名張市の属する伊賀地域を近畿地方(大阪圏)、伊賀地域以外(北勢・中勢・南勢・伊勢志摩・紀北地域)を東海地方(名古屋圏)とする区分もある。 全国八地方区分で公式に複数の地方に跨っている都道府県はこの三重県(近畿地方と中部地方(東海地方を含む)。場合ごとにそれぞれにおいて扱われる。)と山梨県(関東地方と中部地方)の2県のみである。

海、山、川の幸と豊富な自然に恵まれ、記紀より「美し国」と称されてきた。農業・漁業・工業が盛んであり、また潤沢な観光資源を有する三重県は、江戸時代(御伊勢参り)から現在(F1日本グランプリ、8耐)に至るまで、観光を産業とし成立させている。地理的には大阪と名古屋に板挟みされているため、関東、関西の文化が綯い交ぜに混合しており、三重県独自のハイブリッドな文化発展をしてきた歴史がある。つまり我が日本国は、東日本と西日本と三重県とで形成されている。勉強になったね。ここまでよろしいか。

主要国首脳会議(G7サミット)の開催地が三重県志摩市の賢島に決定となりました!日本の精神性、伝統文化の象徴である伊勢神宮を始め、豊かな自然、海女さん、漁師さんが誇る海の幸、風光明媚な英虞湾の絶景など、日本全土を始め世界からも脚光を浴びつつある伊勢志摩の今後に大注目です!経済効果は1000億円以上だとか・・・。 多気郡明和町の斎宮跡一帯が、文化庁が認定する日本遺産の内の一つ「祈る皇女斎王のみやこ 斎宮」として登録されました!斎宮の役所の中心だった正殿や東西脇殿などの復元が完成し、更に洗練された施設に。遺跡発掘もまだまだ9割程度が謎に包まれており、伊勢神宮と深い関わりのある明和町斎王跡地は、考古学的価値が極めて高い土地なのです。 映画「娚の一生」の撮影ロケ地に三重県の伊賀市と南伊勢町が登場します。撮影秘話では特産品の伊賀牛や伊勢マグロを堪能したんだとか。「WOOD JOB!」や「寄生獣」に続けて三重の風土がもっと注目されればいいですよね。 桑名に「C.A.G.I cafe」っていう日本最大規模のコスプレ、アニメ、ゲーム、痛車をコンセプトにしたサブカルチャーなカフェができたらしいよ。多気町の「おたコス」と言いす、すごいね。お近くのニコ厨は茶をしばきに行ってみては。 伊勢エビ漁獲量日本一の座に千葉県を抜いて三重県が返り咲いたよ(でもまだ競ってる)!俺ガイルは謝ろう?な? 志摩市に高級ホテルの「アマンリゾーツグループ」が日本初めてのリゾートタイプホテルを進出するみたい。2016年。 多気町に現在の菰野町にある「アクアイグニス」の8倍規模の「アクアイグニス多気(仮)」が誕生。これも2016年。 三交百貨店の跡地で、現在伊勢市駅前の有料駐車場に「三交インホテル伊勢店」が2016年開業。 松阪市に「三越伊勢丹ホールディングス」がなにやら店舗を出店する動きがあるようです。 紀勢自動車道紀北PAに「始神テラス」がOPENしました。マダムシンコの限定商品や、紀北町の新鮮な魚介、野菜が購入できちゃいます。 国道260号錦峠が全線開通いたしました!大紀町と南伊勢町、遠かった隣町の距離がグッと近づきますね。 東芝が四日市市にNANDフラッシュの新工場を7000億円を投資して新設します。 桑名市に本拠地を置くサッカーチーム「ヴィアティン三重」が、全国リーグであるJFL(日本フットボールリーグ)への2017年からの参入が決定。JFLはJ3(Jリーグ3部)の1つ下のアマチュアリーグなので、早ければ2018年にも(22年越しの悲願である)「三重県のJリーグチーム」が誕生するかもしれない。 鬼行列とだんじりで有名な『上野天神祭』が今年も無事に催行されました。お疲れ様でした! 桑名市のくわなエキトピアで、「みかこし」こと小松未可子さんが1日駅長を務めました。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判