前橋市で過払い金請求した人の口コミ・評判

前橋市で過払い金請求した人の口コミ・評判

前橋市で過払い金請求した人の口コミ・評判

リブラ法律事務所の口コミ

はじめて相談したところがリブラ法律事務所でした。 過払金を依頼しましたが,相談料と着手金が無料だったので, 安心してお願いできました。

多重債務で悩んでいたところ,すぐ相談にのっていただき依頼を決断しました。今後のことも考慮した返済計画を提案していただきました。相談してよかったです。

業務の流れを分かり易く説明してくれたので, 安心して依頼する決心がつきました。

樋口法律事務所の口コミ

問合せをする都度,先生や事務員の方が状況を細かく 説明してくれるので信頼して任せられます。

破産の道しかないと思っていましたが債務整理で 解決できる説明を受けてがんばる気が起きました。

岡田法律事務所の口コミ

借金が複数あったため,毎月の支払いが大変でした。 任意整理を依頼して,現在は岡田法律事務所だけに毎月振込しています。 業者の返済日がバラバラだったので,今では計画して支払うことができます。

遠いところからわざわざ先生が来ていただき, 説明してくださいました。安心してお願いすることができました。

無料相談で依頼はしませんでしたが,メリット,デメリットを詳しく説明していただきました。

引用:前橋市で過払い金請求@口コミを調べてみた

前橋市について

前橋市は群馬県の中南部に位置する、同県の県庁所在地です。前橋市は、90年代にTHE BLUE HEARTSが歌う主題歌「TRAIN-TRAIN」が大ヒットしたテレビドラマ「はいすくーる落書」の原作の舞台とされています。原作は当時現役の高校教師だった多賀たかこ著の同名エッセイ(よみははいすくーるらくしょ)。原作では群馬県立赤城農林高校(仮名、モデルは群馬県立勢多農林高等学校)という農業高校が舞台でしたが、ドラマでは工業高校に変えられました。原作は女子進学校から転任してきた女性教師が、問題行動に走る高校生たちと奮闘する日々を綴ったものです。

テレビドラマでは舞台が東京・鎌田へと移されていますが、斉藤由貴と生徒達の体当たりの演技は好評を呼び、またドラマの世界観と見事にマッチしたTHE BLUE HEARTSの歌う主題歌・「TRAIN-TRAIN」も大ヒットを記録。第4話で「星をください」、第8話で「キスしてほしい」、最終話では「リンダリンダ」が挿入歌として使われました。 伊東四朗や小林稔侍らのコミカルな演技が脇を固め、高視聴率を記録しました。また生徒役として出演した的場浩司や保坂尚輝(現・保阪尚希)らはこのドラマをきっかけにブレイクし、現在に至っています。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判