ライフの過払い金請求をした人の体験談・35歳男性・会社員

ライフの過払い金請求をした人の体験談・35歳男性・会社員

大学時代からの借金が膨らみ

大学進学で初めて一人暮らしをすることになりました。 ライフの過払い金請求事例・体験談学費と下宿代は親が何とか工面してくれましたが、生活費は自分で何とかするという条件での進学でしたので、生活費の為に色々なアイルバイトをしていました。

しばらくは何とかそれで暮らしていましたが、大学3年のころ、就職活動のためになかなかアルバイトに行けなくなって、収入が激減しました。 それで、当時持っていたライフカードからキャッシングを繰り返すようになりました。 最初は1~2万円とかの少額でしたが、なかなか完済できず、社会人になってもまだ借金がなくなることはありませんでした。

社会人になればまた付き合いもありますし、会社に近い都心マンションに引っ越すなど生活が少し派手になったこともあり、借り入れが少しずつ膨らんでいきました。10年以上取り引きした結果、借入残金額は満額となってしまいました。 返済はしているものの借り入れ金額が減らないという状況が続き、どうにかしなければならないと考えるようになったのです。

友人のアドバイスで司法書士にお願いすることに

ライフの過払い金請求事例・体験談そのことを友人に相談したところ、借金の過払い金の相談を専門家にしてみたらどうかという提案を受けました。 どうもライフは親会社があのアイフルで会社更生法申請をしていて経営状態は良くなく、過払い金を請求するにも 一刻も早い方がいい のではないかとアドバイスされたのです。

そこでとりあえず、ネットで調べた司法書士事務所に相談してみました。 取り引きの細かい内容は自分でも良くわからなかったのですが、ざっと計算しても50万円ほどの過払い金があると言われました。 説明を聞くと、ライフはアイフル同様に、自分で過払い金請求をしても3割から5割くらいの和解でしか歩み寄ろうとしないという現状や専門家でもなかなか請求に応じず、訴訟しても7割ほどの返還にしか成らないこともあると言われたのです。

全額返還を訴え続けると1年以上の長期戦になる可能性もあるということを聞き、このまま司法書士の先生にお願いすることにしました。 全額返還が難しくても、借金がなくなること、司法書士事務所の費用を賄えることを最低条件にお願いすることにしました。

借金がなくなり、すべて解放されました

私は結局何もしないまま、全てが終わっていたという感じでしたが、最終的に訴訟になり、満額ではありませんが、40万円ほど過払い金が返ってきました。 その中から、司法書士事務所に報酬をお支払いして、残りの借金返済をしたら手元にはほとんど残りませんでした。

ですが、それでも借金を完済できたということは、私にとって非常にありがたいことでした。 晴れやかな気持ちで毎日を送ることが出来ています。 もう二度と借金はしないと誓い、日々の仕事に専念しています。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判