レイクの過払い金請求は自分でやれ!失敗しないための注意点まとめ

レイクの過払い金請求は自分でやれ!失敗しないための注意点まとめ

2007年以前に、あなたも「ほのぼのレイク」でキャッシングをしませんでしたか? 当時29.2%という高金利で融資をしていたレイク。今となってはその分、あなたに多額の過払い金が戻ってくる可能性があります。

ただし、武富士やアコムと並ぶ大手消費者金融だけのことはあります。2014年までは比較的対応がよかったものの、最近では訴訟になることも多く手強い相手です。それだけにここでご紹介するような注意点に気を付ければ、かなりあなたの希望に近い額を取り戻すことも可能なので強気でがんばりましょう!

レイク(新生フィナンシャル)とは

「ほのぼのレイク」というブランド名で有名。もともとは武富士やアコムと並ぶ大手消費者金融のひとつ。2008年にGEコンシューマーファイナンスから「新生フィナンシャル株式会社」と社名変更。2011年10月以前のレイクカード利用者に対して「新生フィナンシャルカードローン」の名称でサービスの提供を開始し、今では堂々と銀行系カード会社へと転身した金融業者です。

レイク(新生フィナンシャル)の最近の経営状況

東京スター銀行やオリックス銀行など信用保証事業も毎年拡大していて、2015年3月期決算では678億円の黒字になっています。バックに新生銀行がついているので資金力は豊富。倒産の危険はないといっていいでしょう。

レイク(新生フィナンシャル)の過払い金請求の対象期間と当時の金利は?

対象期間:2007年(平成19年)以前 当時の金利:29.2%

レイク(新生フィナンシャル)から過払い金が返還されるまでの期間の目安

裁判(訴訟)を起こさず、話し合いにより和解した場合

返還までの期間:1.5~3カ月

裁判(訴訟)を起こした場合

返還までの期間:2~4カ月

レイク(新生フィナンシャル)の過払い金請求の回収率の目安

裁判(訴訟)を起こさず、話し合いにより和解した場合

回収率:個人の場合30~50%、専門家の場合90~100%

裁判(訴訟)を起こした場合

回収率:個人の場合30~50%、専門家の場合90~100%

レイク(新生フィナンシャル)の過払い金請求を個人でやった場合に多い傾向や特徴

レイクはカード会社の中でも比較的、過払い請求に対してスムーズだと2014年頃までは評判でしたが、最近はかなり厳しくはなっています。話し合いでの和解より訴訟のほうが対応はよいと言われています。

ただし、もともとは消費者金融なので手強い相手ではあります。油断をしていると大幅な減額となる可能性も。訴訟に自信がない方は、専門家に相談したほうが回収率も返還までの日にちも短くてすむでしょう。

レイク(新生フィナンシャル)に過払い金請求する場合の注意点

レイクに過払い請求をする際は、いくつか注意点があります。ここでご紹介するものは、どれも後からでは取り返しがつかない事柄なので、まずはしっかりと一読してから過払い請求の手続きを始めるようにしてください。

取引履歴の廃棄問題

取引履歴の請求をする際、1993年(平成5年)以前の取引履歴は廃棄(削除)したと公表しているため、この間のデータは出してきません。ところが、廃棄したはずのデータの一部が見つかったということで、最近は参考データとして1990年(平成2年)1月頃からの月ごとの入出金記録が記載された文章を送ってくるようになったとも言われています。

ただし、参考データでは正確な過払い額は出ませんので、データをもとに毎月の取引日を推定し請求しなければなりません。裁判になった場合、推定から割り出した金額に合理性があれば、1993年以前の過払い金についても認められる傾向になってきましたが、この計算は個人では難しいので専門家の手をお借りしたほうがいいかもしれません。

一度完済してまた借入れをしている場合は「取引の一連と分断」に注意

一度完済し、時間をおいて再びキャッシングした際、取引と取引の間が1年以上あいた場合、別々の契約として過払い計算することを「分断」、2つの取引を1つの契約として計算することを「一連」と呼びます。

注意が必要なのは、一連で計算したほうが過払い金の額が多くなります。それだけに業者側は少しでも減額したいので分断を主張してきます。その際、1回目のキャッシングが10年以上前に完済していた場合、時効扱いとなってしまうため過払い請求ができなくなってしまうのです。

分断ではなく「一連契約」だとみなされやすいポイント

あなたの取引に分断が発生していれば、レイクはこの辺を根拠として減額での和解案を出してくることが多くなります。ただし、裁判になっても分断期間が1年以内であれば1つの契約とみなされることが多いのと、以下のようなポイントがあれば「一連」の主張がとおりやすくなります。

・2回目のキャッシングの際、新たな契約はしていない ・1回目の完済時にカードをレイクに返していない ・あくまでも「解約はしてない」と言い切る

日本GEからの補償打切り問題

2008年に新生銀行がレイクを買収する際、過払い金請求に関してはGEコンシューマーファイナンスが負担するという契約を交わしました。ところが、2014年に契約が打ち切りとなったのです。2014年頃から対応が厳しくなったという裏にはこのような事情があったわけです。

レイクは契約を打ち切る条件として、「今後5.2年分の返還資金」という試算で1,750億円を一括で受け取りました。

2014年・・・420億円 2015年・・・396億円

1,750億円の中から2年間でこれだけの返還金が払われたことになり、残りのお金は約934億円。2019年には資金がショートする、と言われていますので過払いが発生している方は早めに請求をしましょう。

過払い金請求の時効に注意

過払い金の請求は「10年」で時効と法律で決められています。誤解されやすいのが、お金を借りてから10年ではなく、返し終わってから10年ということ。ですので、たとえ30年前の借入であったとしても、10年前まで返済していたのであれば過払い金の対象となりますので、いつ払い終わったのか確認してみましょう。

レイク(新生フィナンシャル)の会社概要

社名:新生フィナンシャル株式会社 設立:1994年10月 本社住所:東京都千代田区外神田3-12-8 住友不動産秋葉原ビル 代表電話:03-3525-9000 代表者:代表取締役社長 杉江 陸 資本金:1億円 従業員数:1,225名(2016年3月末現在) 営業内容:パーソナルローン、信用保証他 貸金業者登録番号:関東財務局長(8)第01024号

※ここに掲載されている情報は2016年9月現在のものです。詳細は公式サイトでご確認ください。 ≪公式サイト≫ http://lake.jp/

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判