熊本県で過払い金請求に強いと評判のいい弁護士・司法書士事務所

熊本県で過払い金請求に強いと評判のいい弁護士・司法書士事務所

熊本県で過払い金請求に強い司法書士・弁護士事務所

熊本県で過払い金請求のできる司法書士・弁護士事務所

あかつき法律事務所 事務所詳細 住所 熊本県熊本市中央区細工町5丁目28番1号 伊藤ビル2F 電話 096-326-5590 営業時間 平日9:00~18:30 HP http://www.akatukilaw.com/ 債務整理料金 任意整理 着手金30,000円/1社 過払い金請求 着手金30,000円/1社+返還金額の20%(訴訟時は25%) 自己破産 着手金300,000円 個人再生 問い合わせ 弁護士に依頼すると最終的にいくらかかるか分からないというイメージを払拭すべく出来るだけ分かりやすい料金設定を理念としている法律事務所です。 債務額からいくら減額できても過払い金が発生しない限り減額金額に対する報酬を一切頂いておりませんのでお気軽にご相談ください。

司法書士西岡合同事務所 事務所詳細 住所 熊本県熊本市北区清水本町12-15 1F 電話 096-345-3880 営業時間 平日9:00~18:00 HP http://www.nishioka-office.com/ 債務整理料金(税別) 着手金 なし 任意整理 1社当たり2万円~3万円 過払い金請求 取戻し金額の20%~25% (債権者の難易度による) 自己破産 22万円(10社まで) 1社増えるごとにプラス2万円 個人再生 住宅ローン特則なし  26万円 住宅ローン特則あり  32万円 ※その他、郵送料や印紙等の実費を申し受けます。 ※分割払いのご相談にもできる限り応じます。 (土日祝日夜間も予約で対応可) 男女1名ずつの司法書士が在籍。専門家にありがちな敷居の高さを取り払い、女性お一人でも安心してご来所いただける雰囲気を作っています。

八代わかば法律事務所 《住所》熊本県八代市旭中央通8番地12 リップルビル1F 《電話》0965-33-9255 《営業時間》平日9:00~17:00 <債務整理料金> ・任意整理:54,000円/1社 ・過払い金請求:返還金額の20% ・自己破産:324,000円~ ・個人再生:378,000円~ 可能な限り依頼者の要望に沿い納得いただけるように事件処理を心がけているので十分に時間をかけて説明してくれます。 任意整理、過払い金請求は着手金無料で、時間外、土日祝日、出張相談も受け付けていますのでお勧めの法律事務所です。

熊本県で多い過払い金請求について

過払い金(グレーゾーン金利)とは消費者金融やカード会社に払いすぎたお金(取られ過ぎた利息)。 お金を貸す時の利息は利息制限法という法律で定められてましたが、2007年くらいまで多くの消費者金融やカード会社(貸金業者)がこの法律より高い利息で、お金を貸していました。

世間で過払い金請求というキーワードが先走り過ぎていて、多くの人が勘違いしている過払い金請求。 これって、完済した借金に対する請求以外は、債務整理という扱いになり、ブラックリストに載ってしまうんです。 というか、過払い金請求というのは、元来、完済した借金に対して行うことを言い、借入中のものに関しては債務整理という扱いになるんです。 なので、世間一般で言われる、過払い金請求はブラックリストに載らないというのは、完済した借金に対する過払い金請求であり、借金中の請求は確実にブラックリストに載ってしまいます。

ただし、借入中の過払い金請求であっても、過払い金で借金を完済できるような事案に関しては、ポイントが異なります。 まず、借入中の過払い金請求を行った時点で、信用情報機関に債務整理として登録されます。 そして、過払い金で完済できれば、その債務整理の登録情報は削除されるので、結果的にはブラックリストはキレイな状態で保たれます。

噂ではブラックリストに入ってしまって新たな借入が難しくなってしまうということです。

しかし、これは平成22年当初の話で、金融庁の見解によると、これは間違っていて本来払い過ぎた利息を取り戻しただけで、 それによって返済がされているのであればブラックリスト入りは不当ということになりました。

つまり、過払い金請求をした後でも債務整理をしていなければ、ブラックリストに入ることはありません。 その後も普通にクレジットカードを使ったりキャッシングをすることが出来ます。

もう一つのデメリットは自分で行うことが難しいということです。 過払い金請求するためには、消費者金融などの金融機関と交渉しなくてはいけないので、なかなか素人の場合、思うように事が進まなく苦労が大きいというとこです。

よほど腰を据えて知識武装をして臨まないと思ったような結果は得られないということです。ネット上では簡単に出来るように書いてありますが、実際にはそうはいきません。それでは専門家に依頼するとどうなのかというと、スムーズに過払い金を取り戻してくれますが、依頼料がかかります。

一般的に着手金が2万円から5万円。還金額の15%から20%の成果報酬が必要です。 しかし、これらのデメリットを補って余りあるメリットもあります。実際に数百万円の借金が大幅に減って毎月の返済が楽になった例も多いです。お金の問題を解決することで、暗かった家庭も明るくなったり、夫婦仲が良くなったり、毎日希望を持って生きることが出来るようになります。

過払い金は金融機関が倒産してからではお金は返ってきません。早めの行動をすることで確実に取り戻す必要があります。ただ、過払い金対象に当てはまらない人もいるので、実際のところどうなのかは、無料相談で確認してみましょう。匿名で出来る無料相談で、自分は本当に過払い金請求出来るのか、どのくらいの金額が取り戻せるのか診断してもらいましょう。

法には、債権を持っていたとしても、これを使わない状態が10年間続くと、その債権は消滅してしまい、もはや請求できなくなるという規定があります。これを「消滅時効」といいます。過払い金の返還を求める権利も債権である以上、10年で消滅時効となり、それ以降は請求できなくなってしまいます。

過払い金返還請求権が10年で消滅するとはいうものの、一体どの時点から10年なのか、という点が、かつては論争となっていました。しかし、今は判例(裁判所の判断の先例)によって解決されており、「最終の返済日から」10年と解釈されています。借入日や、初回の返済日が10年以上前であったとしても、最終返済日から10年経っていなければ、過払い金返還請求はできることになります。

完済日から10年以上経ってしまった場合でも、取り戻せる可能性はゼロではありません。取り立てのされ方がひどかった場合などには、貸金業者からの請求を「不法行為」ととらえて請求すればよいのです。

不法行為とは、違法な行為によって人に損害を与えた場合に、その被害者が加害者に対して損害賠償を求めることができる、というルールです。

例えば、交通事故の被害者が治療費を請求する場合や、不倫をされた人が慰謝料を請求する場合がこれに当たります。借金の悪質な取り立て行為も、この不法行為と見る余地があるのです。

新しい問題として議論されているのは、「取引の分断」があった場合の消滅時効の考え方です。取引の分断とは、例えば、A社から平成2年に借り入れて平成10年に一度は完済したものの、再びA社から平成12年に借り入れて平成20年に完済した、というように、途中で一度完済している場合のことをいいます。

この場合、前の取引と後の取引とを合わせて1つの契約だと考えると、そのすべての返済が終わった時(上の例では平成20年)から時効を数え始めることになるので、平成30年が来るまではすべての過払い金の返還請求ができます。

ところが、前の取引と後の取引とが別々の2つの契約だと考えると、前の取引についてはその返済が終わった時(上の例では平成10年)から時効を数え始めることになるため、平成20年が来てしまうと、前の取引から生じた過払い金に関しては、返還請求ができなくなってしまうのです。

過払い金請求の多い熊本県について

熊本県(くまもとけん)は、九州地方の中央に位置する県である。 県庁所在地は熊本市(政令指定都市)。令制国の肥後国に当たる。有明海、不知火海、東シナ海に面していて、また日本第2位の阿蘇カルデラを持つ阿蘇山が知られる。 熊本という地名は、古くは隈本と書いた。隈本の由来には諸説あるが、菊池則隆に因むとする伝承がある。「隈本」の名が文献に見られるのは南北朝時代以降で、これを加藤清正が「隈」の字が畏(おそれる、かしこまる)の字を含むため武将の居城の名に相応しくないとして「熊」の字を充てたと言われている。なお「来熊(らいゆう)」「訪熊(ほうゆう)」「帰熊(きゆう)」と1文字で略するときは「熊(「ゆう」と音読み)」を使用する。

熊本県(くまもとけん)とは、九州地方の中央に位置する都道府県のひとつ。 ちなみに、歴代総理大臣2人輩出している。 さらに、熊本県資本の納豆メーカー「丸美屋」(ふりかけの丸美屋じゃないよ)と「マルキン食品」をかかえ、西日本の中ではかなり納豆の消費が多い県でもある。金山寺納豆(といっても、もの自体は味噌に近い)というローカル納豆もある。

各県にいえる当たり前のことであるが北と南では通じない方言もある。人口2番目の八代市では熊本弁といわず八代弁(やっちろべんというと親しい気がするよ!)という。両方ともどっちかというと福岡県よりの方言っぽいと思う。 漫画家のうすた京介氏は北のほうの出身らしくたまに自身の漫画に方言が出るがこれを追加した八代出身の筆者ですら理解できない方言があったりする。方言って難しいね! また「金がない」ことを「金んにゃー」と言うことがあるが、これは総じて北部の言葉らしい。決して萌え萌えなフレーズじゃないぞ!髭ボーボーのおっちゃんやパツキンのヤンキーがむしろ好んで使うから要注意だ。 同じ熊本県でも、海で隔てられている天草の言葉は別物だと思ったほうがいい。どちらかというと長崎・島原よりである。 「もっこす」とは頑固者といった意味で、熊本人の気質を表す方言の一つである。 頑固であるがゆえに意見を曲げず「肥後の議論倒れ」という言葉も有名である。 「わさもん」といわれる「新しいもの好き」も気質の一つであり、LRT電車(日本初の超低床電車、VVVF)をはじめ数々の 日本初を有している。 肥後の引き倒し 高校派閥(死ぬまでついてくる高校派閥。大学?なにそれおいしいの?) あとぜき(ドアはちゃんとしめましょう、ということ) りごう(車の行き違い。本県出身者が他県で自動車学校に行くと伝わらずビビる。) リバテープ

熊本県は地図上で見る通り、九州の中央に位置する。そのため、度々『九州北部』なのか『九州南部』なのかが議論となる。 気象庁の観測では『九州北部』に分類している。その為、気象情報では『九州北部』あるいは『九州中部、北部』の分類に入る。 しかし、この場合だと九州北部が5県、九州南部が2県と、県の数でバランスが付かなくなってしまう。その為、一部企業では熊本県を含めて『九州南部』と広義していることがある。 『南九州』の広義では、球磨地方を『南九州』と指す場合がある。八代市より南を『南九州』として扱う事が多く、『南九州』が付く企業の事業所や工場などがある。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判