神奈川県で評判のいい弁護士・司法書士&過払い金請求した人の口コミ

神奈川県で評判のいい弁護士・司法書士&過払い金請求した人の口コミ

神奈川県で過払い金請求した人の口コミ・評判

神奈川県の過払い金請求の口コミ・評判1

過払い金とか過払い金請求っていう言葉はテレビのCMで耳にして知っていました。アコムやプロミス、レイクとかの消費者金融でお金を借りていたことがある人はお金が戻ってくるってことだと思っていて、自分には関係ないと思っていました。ある日、クレジットカードのキャッシングでも過払い金があるって知って、もしかしたらと思って、地元で評判の良さそうな司法書士事務所に電話してみました。思っていた以上に過払い金があったので、そのまま過払い金請求を依頼しました。知らなかったらそのままにしていたので、過払い金があるって知って良かったです。(40代・女性)

神奈川県の過払い金請求の口コミ・評判2

私は2つの消費者金融からお金を借りていました。金額は80万円くらいです。世間で過払い金が騒がれていましたが、私はまだ少額でしたし、もっとたくさんの貸金業者から多額の借金がある人の話だと思っていて、最初からあまり詳しく知ろうとしていませんでした。でも、もし少しでもお金が戻ってくるなら助かるなと思って、過払い金請求が強いと口コミでみた弁護士さんに無料相談してみました。私の場合、借金総額は少なかったですが、長く取引していたことで過払い金が多く発生しているとのことでした。思った以上にお金が戻ってきたので驚きました。どうせもうないものと思っていたお金だったので、臨時収入のようでうれしいです。(40代・女性)

神奈川県の過払い金請求の口コミ・評判3

23歳ででき婚した最初の夫が仕事を辞め、働かなくなりました。私は幼い子どもを託児所に預け、昼の仕事と夜の仕事を掛け持ちしましたが生活費が足りずに借金ばかりが増えていく毎日でした。2人目を妊娠したことがわかったとき、元夫に二人目を産む余裕はないから堕胎しろと言われたのを機に、離婚を決意しました。それからは幼い子どもを抱え必死に働いて借金を返済していました。転職した先の職場で今の夫と出会ったのが本当に幸運でした。今の夫の理解と協力があり、借金はすべて完済。

それからしばらくして、夫から、もしかしたら過払い金があるんじゃないか?と言われ、調べてもらうことに。地元の司法書士さんに計算をお願いしたところ、80万円ほどの過払い金があることがわかりました。過払い金請求は自分でもできるようなことをネットで見ましたが、私は法律の知識もなく自分でやるのは不安でしたし、夫は仕事があるので代わりにはできないということで、そのままその司法書士さんに依頼することに。司法書士さんにすべてお任せしてよかったです。(42歳・女性)

神奈川県の過払い金請求の口コミ・評判4

あらゆる消費者金融からお金を借りていました。返すあてがなくて本当に返済に困ったとき、貸してくれる業者を見つけた時には「ありがたい」と思ったものでした。お金に困っていた当時はそれで助かったという気持ちもあったので、最初はお世話になった消費者金融を相手に過払い金を請求するのには若干気が引けました。でも、知人に勧められ、弁護士さんに相談したところ、120万円ほどの過払い金が返ってきました。今では過払い金請求を依頼して本当によかったと思っています。(50代・女性)

まずは過払い金チェック!過払い金回収額が日本一の杉山事務所で無料診断

これから過払い金請求をしようと思っている方は、まずご自分の過払い金がいくら発生しているか気になっていると思います。過払い金の返還額が日本一の司法書士法人杉山事務所なら、無料で過払い金の診断ができます。

診断だけの利用もOK!もちろんそのまま依頼することも可能です。まずは、日本一の司法書士事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

過払い金請求に強い事務所ランキング

過払い金請求のデメリット

過払い金は気になるけど何かデメリットはないのかと不安な人も多いと思います。 特に「過払い金請求したらブラックリストにのってしまうのでは?」という不安を多く耳にします。 信用情報(ブラックリスト)と過払い金請求の関係を中心に、知っておきたいデメリットとリスク回避の仕方をまとめました。

安心して過払い金請求をするために、ぜひ参考にしてください。

信用情報(ブラックリスト)への影響は?

信用情報とは、お金の貸し借りに関する個人の信用力の情報です。クレジットカードをつくったり、携帯電話を分割で購入する時などに必ずチェックされるもので、信用情報機関に登録されています。世間でいわゆる「ブラックリスト」と呼ばれているものです。

完済後の過払い金請求はブラックリストにのりません

過払い金請求のデメリットのひとつとして、ブラックリストにのってしまうと勘違いしている人も多いようですが、借金を完済したあとに過払い金請求をするならブラックリストにのることはありません。

返済中の過払い金請求で、「借金が残るケースのみ」ブラックになる可能性あり

借金を返済中に過払い金請求する場合、引き直し計算後に「借金が残るケース」は債務整理扱いになる可能性があります。債務整理とは、借金を減らすことができる手続きですが、信用情報に影響します。

借金を返済中に引き直し計算(過払い金の計算)をして「借金がゼロになるケース」では、過払い金請求してもブラックリストにのりません。完済後の手続きと同じです。

クレジットカードのショッピング利用に注意

クレジットカードのキャッシング利用分の過払い金請求をするときは、同じカードでショッピングの返済が残っていないかどうか確かめましょう。キャッシングは完済していても、ショッピングの支払いが残っていると返済中の扱いになり、信用情報に影響することがあります。

ブラックリスト(信用情報)のデメリットを回避するためには

どうしてもブラックリストにのりたくない人はきっちり完済してから過払い金請求をしましょう。クレジットカードの場合はショッピングの利用分も返済してからにしましょう。

返済中の場合でも、戻ってくる過払い金の金額が残債よりも多ければブラックリストにのらないので、一度過払い金がいくらあるのか、調べてみるといいと思います。

過払い金の相談・調査を無料でやってくれる事務所もあります。できれば過払い金請求専門でやっていて実績のある事務所にお願いするのが確実です。家族や友達など周囲にバレずに相談・調査・過払い金請求手続きまでやってもらえます。

過払い金請求のデメリットについて詳しくはこちらの記事をあわせてお読みいただくとより理解が深まると思います。安心して過払い金請求するために、ぜひ参考になさってください。

過払い金請求に強い事務所ランキング

神奈川県で過払い金請求に強い司法書士・弁護士事務所

神奈川県で過払い金請求のできる司法書士・弁護士事務所

泉総合法律事務所

事務所詳細
住所 神奈川県横浜市西区南幸2-20-2 共栄ビル6階
電話 045-312-1488
営業時間 平日10:00~21:00/土日祝10:00~18:00
HP http://www.springs-law-yokohama.com/

債務整理料金
任意整理 30,000円/1社 ※減額報酬0円
過払い金請求 過払成功報酬の20% ※減額成功報酬0円
自己破産 同時廃止200,000万円 少額管財280,000万円 実費一律25,000円
個人再生 280,000円
泉総合法律事務所では、個人の借金問題に10年以上の実績があり、在籍弁護士はもちろん、スタッフも債務整理の知識を持っているため、気軽に相談することが出来ます。 また、弁護士費用の支払いが困難な場合には、分割払いにも柔軟に対応してくれます。

川崎シティ法律事務所

事務所詳細
住所 川崎市川崎区駅前本町15-5 十五番館ビル11階
電話 044-233-0885
営業時間 平日10:00~17:00
HP http://www.kawasaki-city.jp/

債務整理料金
任意整理 お問い合わせください
過払い金請求 お問い合わせください
自己破産 210,000円~
個人再生 300,000円~
川崎シティ法律事務所は、相続や遺産、遺言、自己破産、債務整理などの様々な法律相談を行っています。 インターネットからメール相談も可能ですので是非ご利用ください。

藤沢総合法律事務所

事務所詳細
住所 神奈川県藤沢市藤沢484-1 藤沢アンバービル7F
電話 0466-27-3960
営業時間 平日0:00~18:00

債務整理料金
任意整理 1社当たり32,400円
過払い金請求 返還を受けた過払金の21.6%
自己破産 324,000円
個人再生 572,400円
債務整理案件では、初回相談料は無料です。また弁護士費用もリーズナブルでわかりやすくなっております。まずはご相談ください。

過払い金請求に強い事務所ランキング

神奈川県で多い過払い金請求について

過払い金請求は自分でできる?過払い金請求を自分でやる方法は?

過払い金請求のためにはいろいろな準備や手続きを踏む必要がありますが、自分でやることが可能です。

専門家に任せて解決したいという人もいれば、お金の問題は自分で手続きや交渉を行いたいという人もいると思います。自分でやる場合は過払い金請求に関する知識を得ておく必要があります。

ここでは過払い金請求を自分で行う上での方法や注意点をまとめましたので、参考にしていただければと思います。

過払い金請求を自分でやる流れ

1.取引履歴を取り寄せる

まずは自分に発生している過払い金がいくらかどうかを計算する必要がありますので、請求対象の貸金業者に取引履歴を要求することから始めます。

取引履歴にはこれまでの自分の融資や返済に関する記録がありますので、これを基にすれば発生した過払い金を算出することができるのです。

取引履歴を取り寄せる方法は、「取引履歴開示請求書」を送付したり、電話連絡で貸金業者に直接要求するなどいくつか方法があります。

貸金業者は要求された場合応じなければならない義務がありますので送付されないということはありませんが、業者によって届くまでの時間に差があります。

一週間で届くところもあれば、一カ月以上掛かるところもありますので、時効が迫っている場合は要注意です。

2.過払い金がいくら発生しているか計算

取引履歴が届いたら、過払い金を算出するために引き直し計算を行います。 引き直し計算とは、実際に支払った返済額から利息制限法(15%~20%)に基づいて返済した場合の返済額を差し引くという計算法で、これにより導き出された金額が発生した過払い金になります。

実際に計算してみると非常に面倒ですが、無料の引き直し計算ソフトを公開しているホームページがいくつかありますので、困ったときはダウンロードして使用してみるといいでしょう。

3.請求先の貸金業者に過払い返還請求書を送る

発生した過払い金の額を確認することができたら、いよいよ過払い金を請求する旨の書類を内容証明、配達証明つきで送付して請求を開始することになります。 「過払い金返還請求書」には請求を行う旨や日付といった様々な情報を記載する必要がありますが、具体的に「こう書かなければならない」という決まりはありません。

いくつかのホームページが請求書の雛形を作成していますので、ダウンロードして雛形に必要事項を記載していくとスムーズに作成できます。

4.貸金業者の担当者と交渉する

まずは話し合いで払い戻される過払い金を決定することになりますが、最初の段階は電話で担当者相手に交渉します。

貸金業者側は過払い金の支払いを少なくすることに主眼を置いた交渉をしてくる可能性が極めて高いです。 具体的には「全額は支払えない」と言ったり、低めに算出した金額を提示するといったもので、しっかりと自分の意見を言えるようにしておかなくてはなりません。

5.話し合いで和解できなかった場合、過払い金請求の裁判をする

交渉が決裂した場合は裁判で結論を出すことになります。 請求するこちらが原告側になりますので、自分の住んでいる場所を管轄している地方裁判所に訴状を送って裁判を行います。

なお、過払い金の請求額が140万円以下の場合は、地方裁判所ではなく簡易裁判所に訴状を送ることになりますので、その点も頭に入れておきましょう。 訴状も過払い金返還請求書と同様にいくつかのホームページが雛形を用意していますから、スピーディに手続きを行いたい場合は、雛形をダウンロードして訴状を作成するといいです。

6.過払い金の入金

話し合いで支払われる金額の合意がなされたり、裁判の結果が出て支払われる金額が決定されると、後は過払い金が実際に入金されるのを待つことになります。

和解が成立しての払い戻しの場合は数カ月で入金がありますが、訴訟後の場合は訴訟の期間も含めて1年以上掛かりますので、留意しておく必要があります。 入金が行われて、ようやく全ての工程が終了です。

過払い金請求を自分でやるメリットとデメリット

メリット

過払い金を自分で請求する際のメリットは、専門家に方に依頼するための金額が掛からないということに尽きます。

専門家は頼りになりますが、一部が無料で過払い金の計算を行ってくれるくらいで、請求の交渉・訴訟に至るまで報酬を支払わなければなりません。

自分で全て解決できれば依頼する分のお金が浮くのでかなり得をしますが、貸金業者との交渉の過程で大幅に払い戻し額を減らされて大損した、ということがないように交渉については特に気を付けなければなりません。

デメリット

デメリットとしては、手間と時間が掛かるという点がまず挙がります。 過払い金には最終取引から10年という時効が存在し、一部の例外を除いてそこを過ぎてしまうと請求することができなくなるというリミット付きです。

基本的に借金を完済した時が最終取引と判断されますが、過払い金が発生するのは「グレーゾーン金利」の適用に関する対応が甘かった2007、08年以前の借金が対象になります。完済している人の中には過払い金の時効が迫っている人が非常に多いです。

モタモタしているうちに時効になってしまうので、時間を掛けられない人は専門家の方に依頼する方がいいでしょう。

次のデメリットは、交渉によって戻ってくる過払い金が少なくなる可能性高いことです。 貸金業者は過払い金に関して豊富な知識を持っていますし、過払い金の支払いで業績が悪化している事情から、なるべく支払額を少なくするための交渉を展開します。

個人で請求している人相手には特にその傾向が強くなり、交渉に押されて少ない金額で合意してしまうということになりかねません。

専門家は知識も豊富で、業者側の交渉のやり方も熟知していますので、交渉の中で自分の意見を通しやすくなるというメリットがあるのです。

次は、同居している家族に過払い金の請求を知られてしまうことです。 過払い金の請求を行う=過去に借金をしていたということですので、黙って借金していた人にとっては過払い金の請求によって隠れた重大な行動を知られるリスクがあります。 黙って手続きを行いたい人も、専門家への依頼が必要になるのです。

過払い金請求は自分でするべきなのか?

結局のところ、過払い金の請求は自分で行うべきなのでしょうか? 結論から言えば、「状況によっては自分で請求した方がいい場合がある」一方で、専門家に依頼するよりもリスクが大きいのです注意です。

自分で請求する場合は時間と手間が掛かるものの、上手くいけば専門家への報酬を浮かすことができますので、「時効までに余裕がある人」が個人での請求が合っているといえるでしょう。

とはいえ、自分で請求する際であっても実際に請求を始める前に専門家にアドバイスをもらうということはできますし、後で軌道修正して専門家に依頼するといったことも可能なので、「最初から最後まで自分で解決しよう」というよりも、「困ったら専門家に依頼しよう」といった柔軟な考えをもって、準備や手続きを行うといいでしょう。

過払い金請求に強い事務所ランキング

過払い金請求の多い神奈川県について

神奈川県(かながわけん)は、日本の県の一つ。関東地方の南西端、東京都の南に位置する。県庁所在地は横浜市。県名は東海道筋に古くから栄えた宿場町神奈川宿(現・横浜市神奈川区)、および幕末に戸部町(現・横浜市西区紅葉ヶ丘)に置かれた神奈川奉行所に由来する。これら「神奈川」の由来は、京急仲木戸駅近くに流れていた長さ300mほどの小川の名前からで、現在は道路になっている。 都道府県別の人口は東京都に次ぐ第2位。人口密度は東京都、大阪府に次ぐ第3位。県内総生産は東京都、大阪府、愛知県に次ぐ第4位。県内の政令指定都市数は3つと日本最多。面積は第43位の規模である。

神奈川県は、関東地方の南西部に位置する県で、元の相模国全域と武蔵国の一部に当たる。県の人口は9,146,681人(2016年10月1日現在)で、総人口の約6.9%を占め、面積は2415.83km2で、国土の約0.6%を占める。 県内の市町村数は33で、うち市は19、町は13、村は1(愛甲郡清川村)。県内の政令指定都市は横浜市・川崎市・相模原市の3市、中核市は横須賀市の1市、特例市は小田原市・大和市・平塚市・厚木市・茅ヶ崎市の5市である。 県東部の横浜市、川崎市は、都市化・工業化が進んでおり、東京湾に面した京浜工業地帯の一角を形成する。県西部は緑豊かな丹沢山地から足柄山地、箱根山が連なり、酒匂川が流れる足柄平野には小田原城の城下町・小田原市が開ける。県中央部は相模原市、海老名市などの平野部で都市化・工業化が進んでおり、相模川が流れ平塚市から相模湾に注ぐ。県南東部は、海沿いに茅ヶ崎市、藤沢市が開け、鎌倉幕府が置かれた鎌倉市から、明治以来の軍港都市・横須賀市がある三浦半島にかけて、三浦丘陵が連なる。 県域は、古くは相模国の中心である相模湾沿岸部と相模川流域部が栄えた。川崎市と横浜市の大部分を占める武蔵国の領域は、古東海道(矢倉沢往還)沿いと東京湾沿岸を中心に小規模な農漁村が形成された。相模国府は所在地が特定されていないが、平塚市、大磯町、海老名市、小田原市に置かれていたという説がある。 平安時代から武士団の活動が活発化し、末期には征夷大将軍・源頼朝により鎌倉に鎌倉幕府が置かれた。鎌倉時代の始まりである(開幕の時期は諸説あり)。鎌倉には鶴岡八幡宮を筆頭に神社仏閣が多数建立され、鎌倉五山も整備され、武士の都として君臨する事となる。その後、執権北条氏によって運営された鎌倉幕府は元寇の恩賞を分け与えられず、全国的に反乱を招く。幕府自体も新田義貞の鎌倉攻めにより滅亡。足利尊氏による室町時代へと時代は移る。室町時代には鎌倉公方が東の将軍府として置かれるも、政権争いが絶えず、最終的に鎌倉公方は茨城県古河に移り古河公方となり、武家の都・鎌倉の終焉を迎える。その際に鎌倉の街並みも破壊され、現在に至る街の連続性は失われた。

戦国時代には北条早雲が相模・伊豆を切り取り、日本最初の戦国大名となる。その後5代に渡り名君を出した後北条氏の拠点である小田原は隆盛を誇り、関東制覇に邁進した。当時の小田原城下の発展は西の山口に対し、東の小田原と迄言われた。日本最初の上水道も、この時代に整備された。しかし羽柴秀吉の快進撃の前に降伏を余儀なくされ、戦国大名としての北条氏は断絶に至った。秀吉の全国制覇の際、北条氏の領土は徳川家康に移り、家康は拠点を小田原から江戸に移した。その後江戸時代には江戸幕府の置かれた江戸への交通路として東海道が整備され、東京湾沿岸部の開発が進んだ。県域には幕府直轄の代官支配地と旗本・御家人の所領が多く配された。江戸時代中期以降、県域内に本拠を置いた大名領(藩)は西部の小田原藩(小田原市)及び規模の小さい2藩(荻野山中藩(厚木市中荻野)、武蔵金沢藩(六浦藩、横浜市金沢区))のみであるが、一方で県域外に本拠を置く大名の飛地領が多く置かれ(烏山藩(栃木県那須烏山市)、佐倉藩(千葉県佐倉市)、西大平藩(愛知県岡崎市)など)、県域内の支配はモザイク状に細分されていた。幕末には横浜港が開港され、明治時代に入ると東京湾沿岸部を中心として発展した。 戦前・戦後を通じて、京浜工業地帯周辺における商工業の発展と東京一極集中に伴うベッドタウン化などにより人口も増加したため、県内には過疎地域自立促進特別措置法によって指定された過疎地域がない。とは言え、後述(#人口)のように横須賀市や小田原市、三浦市など人口の停滞ないし減少が顕著な地域もあり、また足柄上地域などに中山間地域を抱えている点に他都道府県と変わりはない。

人口は1939年(昭和14年)に200万人、1956年(昭和31年)に300万人を超えて以後、ほぼ7年ごとに100万人ずつ増加していった。2012年(平成24年)6月1日現在では907万2471人と、全都道府県で第2位の人口となっている(人口密度は東京、大阪に次ぐ第3位)。また、2010年から2015年における人口増加率は首都圏で東京、埼玉に次ぐ第3位となっている。 合計特殊出生率は1.28と全国の1.37を下回っている(2009年)が、総人口はいまだ増加傾向にあり、特に横浜・川崎・相模原では都心回帰に伴って県内の市町村からの転入も多い。一方で、横須賀・三浦・小田原など東京通勤圏最外縁部に位置する市町では減少傾向にある。このため都市部への人口集中が進み、2012年(平成24年)現在、神奈川県民のうち約41%が横浜市民、約16%が川崎市民、約8%が相模原市民である。すなわち、県人口の半数以上が横浜市、川崎市、相模原市に集中していることになる。その一方で、例えば三浦市では人口が5万人を割り込み、戸建て住宅の定住者に10万円の奨励金を交付する三浦市定住促進制度などを導入するなど、人口減が顕著になっている。

神奈川県とは、日本の関東地方南西部にある県。北で東京都と、西で静岡県と、北西で山梨県と、それぞれ隣接している。また、陸路以外では東京湾アクアラインおよび東京湾フェリーによって千葉県とも往来が可能である。県庁所在地は横浜市。 律令国 明治9年から26年までの多摩郡を含む神奈川県 律令国 明治9-26年 廃藩置県により県が誕生するまでは、この辺りは「相模国」と呼ばれていた(北東部、横浜の辺りは武蔵国の領域)。また廃藩置県では西半分が伊豆国と統合されて足柄県が設置されたり(明治9年に神奈川県に相模国部分を編入)、明治26年まで多摩郡が神奈川県に含まれたりしていた。 県内には、かつて鎌倉幕府が置かれ、大仏でも有名な鎌倉市、近代に入り横浜港が栄え、現在は中華街やシウマイで有名な横浜市、また温泉で知られる箱根や鶴巻などがあり、県西部には丹沢山地や箱根の山が並び登山もできるほか、海沿いの県という事もあって湘南の海で泳ぐ若者もいるなど、観光資源は意外に豊富。

南に相模湾と面しており、南東の端には三浦半島、南西の端には真鶴半島がある。県の中央を北から南に相模川が流れる。相模川の途中には相模湖(相模ダム)、津久井湖(城山ダム)、宮ヶ瀬湖(宮ヶ瀬ダム、正確には支流の中津川)などがある。北部から西部にかけてはそれぞれ丹沢山地、箱根の山が並ぶ。 また、大正時代に起きた関東大震災の震源である「相模トラフ」を始め、県内や沿岸の海底などに規模の大きい地震が起き得る可能性のある断層が幾つか発見されているため、県内各地では大地震を想定した地震対策が採られている。

横浜市、川崎市、相模原市が政令指定都市、横須賀市が中核市(藤沢市は中核市候補市)、小田原市、大和市、平塚市、厚木市、茅ヶ崎市が特例市である。 相模原市は2010年4月に政令指定都市に移行した。そのため、神奈川県は日本で唯一3つの政令市を抱える都道府県となった。 なお、よく誤解されるが町田市は東京都に属する。

過払い金請求に強い事務所ランキング

神奈川県のオススメ!知って得する多様性都市かながわの魅力とは

神奈川県って?

関東の南西部に位置し、日本列島のほぼ中央。東に東京湾、西に相模湾を臨む。日本における人口第2位の県であり、横浜市・川崎市・相模原という3つの政令指定都市を抱えています。近代的な街並みと歴史的景観が共存している県です。

神奈川県の基本スペック

人口:9,144,183人(平成29年4月1日現在)
男 4,562,352人
女 4,581,831人
面積 2,415.81 km²

神奈川県所在地 横浜市

人口総数3,728,124人の政令指定都市であり、六大都市。日本の市町村で最も人口が多い。江戸時代末期に開港の舞台となり、今なお日本屈指の貿易港である横浜港を有しています。そのため、異国情緒溢れる街並みも魅力のひとつとなっています。

神奈川県のオススメ観光名所

横浜 みなとみらい 21

神奈川県横浜市。約186ヘクタールにも及ぶ広大な敷地面積の中に、横浜ランドマークタワー、赤レンガ倉庫、よこはまコスモワールド、臨港パーク、カップヌードルミュージアムほか、数多くの観光施設が立ち並んでいます。横浜港に面しており、その景観や夜景の美しさも話題に。

鎌倉大仏(高徳院)

神奈川県鎌倉市にある高徳院に建立された阿弥陀如来像。仏身の高さ11.3メートル(台座含む総高13.3mメートル)で、重さは121トン。拝観料20円で像内を見学する『胎内拝観』も体験出来ます。

江の島

神奈川県藤沢市。湘南海岸にある陸続きの島。神奈川県指定史跡で、日本百景に選ばれている景勝地。その美しい景色もさることながら、マリンスポーツのメッカとしても知られており、釣りやダイビング、ヨットなど様々なアクティビティを楽しむことが出来ます。

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム

神奈川県川崎市。2011年、国民的マンガ「ドラえもん」の誕生日である9月3日にオープンした、藤子・F・不二雄作品がテーマの博物館。ドラえもん、パーマン、キテレツ大百科をはじめとする数々の展示があり、ショップやカフェも併設されています。入館は日時指定となり、事前にローソンでチケットを購入しておく必要がありますのでご注意を。

さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト

神奈川県相模原市にある自然と遊園地を融合させたレジャーエリア。アスレチック施設やカートアトラクション、キャンプにバーベキューなど、ファミリーで楽しめるアトラクションが充実。季節のイベントも人気で、春にはさくら祭り、秋・冬・春には日没から大規模なイルミリオン(イルミネーション)が行われています。

神奈川県のオススメ名物

中華菓子・中華まんじゅう

神奈川県横浜市にある横浜中華街の名物。中国伝統のお菓子を現代スイーツ風にアレンジしたものや、もちもちの生地にジューシーな豚肉やたけのこなどの食感を活かした肉まんが人気を集めています。

よこすか海軍カレー

神奈川県横須賀市の名物カレー。明治41年発行の『海軍割烹術参考書』に記述されていた軍隊食用カレーライスのレシピを、海軍の街である横須賀が街おこしの一環として再現。ルウを使わず、小麦粉とカレー粉でベースを作るので、昔ながらの懐かしい味に仕上がっています。

横浜クラシック家具

150年以上の歴史を持つ横浜市発祥の洋家具であり、そのブランド名。熟練の職人が手間暇かけて製造したクラシカルで気品溢れる家具。その美しいデザインも魅力です。

相州だるま

東京都八王子市から伝統を受け継ぎ、150年以上に渡って神奈川県平塚市で生産されているだるま。「七転八倒」でおなじみの縁起物として人気の品となっています。

ういろう

白玉粉や米粉のような穀粉を砂糖や水と溶き、練って蒸したお菓子。ういろうと言えば名古屋が有名ですが、実際は神奈川県小田原市のほうが本流。もっちりとした食感でほんのり甘く、お茶請けの銘菓として知られています。

神奈川県の主な『日本一』

チーズ生産量

神奈川県のチーズ生産量は、2016年の発表で約63.5トン。これは2位の北海道を抑えて堂々の日本一で、日本国内の約30%をも生産。乳製品といえば北海道のイメージですが、欧米や南半球から横浜港に運ばれたたくさんのチーズを神奈川県内で加工していることから、このような統計になったようです。

シャンプー・リンスの生産量

神奈川県はシャンプーとヘアリンスの生産量で日本一!2016年の発表では約715億円もの生産額を記録していて、これは国内シェアで約38%という数字。2位の滋賀県に5倍近い大差をつけており、シャンプー・リンス王国の座は当分揺るぎそうにありません。

ワイン生産量

意外だと思われるかも知れませんが、実を言うと神奈川県のワイン生産量は日本一。そのほとんどは藤沢市で生産されていまして、ほぼ独壇場。理由は、あの有名メーカー「メルシャン」の工場があるからなんですね。海外から輸入された原料を、藤沢市の工場で製造して出荷することで、このような記録になっているのです。

病院の少なさ

2016年の発表によると、神奈川県は人口10万人あたりの一般病院数の“少なさ”で日本一。10万人あたり約3.2施設しかなく、これは第2位の滋賀県より0.4ポイント上。ちなみに、日本一多いのは高知県で約16施設。全体的に見て四国・九州は多く、関東・中部が少ないようです。

終わりに

再開発による都会的な一面と、古くからの歴史に彩られた一面。更には自然にも恵まれ、数多くの顔を持ち合わせている神奈川県は、まさに多様性都市と呼ぶにふさわしい存在。それだけに、どこを切り取っても飽きないのが大きな魅力。あなたもそんな神奈川県に足を運び、その隅々まで味わい尽くしてみてはいかがでしょうか。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判