過払い金請求こんな事務所には相談するな!事務所選び4つのポイント

過払い金請求こんな事務所には相談するな!事務所選び4つのポイント

過払い金請求を考えたとき、どの司法書士、もしくは弁護士に依頼すべきか、かなり迷ってしまうのではないでしょうか?最近では過払い金請求に強いとうたって派手な広告を打っている司法書士や弁護士事務所がたくさんありますが、広告を出している事務所が必ずしも良いというわけではありません。過払い金請求を依頼する際の事務所選びのポイントをまとめてみました。

ポイント1:司法書士や弁護士本人が依頼者と面談しない事務所はNG

初回相談のときに気を付けておいたほうがいいのは、担当する司法書士や弁護士本人が面談してくれるかどうかという点です。実は、有資格者以外が面談を行っている事務所は意外と多いのです。

弁護士の場合、過払い金請求は他の民事事件と違って弁護士が法廷に出て行く場面がありません。事務所によっては有資格者がほとんど関与せず、事務員に丸投げにしているところもあります。
事務員が依頼者に法律的なアドバイスをするのは、非弁行為として弁護士法で禁止されています。非弁行為が弁護士会にバレると、その事務所は業務停止処分を受けることがありますので、未解決のうちに中断してしまうこともあり得ます。

司法書士事務所の場合でも、特に規模の大きい事務所などでは事務効率アップのためにずさんな対応をしている事務所もあるようです。
初回相談時からきちんと有資格者が出てきて対応してくれる事務所を選びましょう。

ポイント2:委任契約書を作らない事務所は信用できない

無料相談のときに、契約に際して「委任契約書」を交わすか、有無を確認しましょう。
委任契約書には、専門家にどんな内容を依頼したかや、報酬の額などが記載されています。

委任契約自体は口頭の約束で成立しますので、委任契約書を作成しなかったからといって違法ではありません。しかし、委任契約の内容を書面にしておかなければ、後でトラブルになる可能性が高くなります。

たとえば、報酬について、何かと理由をつけて最初聞いていた以上の手数料を取られることがあります。委任契約書がなければ、「聞いていた話と違う」ということも言えなくなってしまうので、必ず契約書を交わしてくれる事務所に依頼しましょう。

ポイント3:本人の意向と関係なく一部の業者とのみ和解を迫る事務所は怪しい

複数の会社から借入があるのに、一部の業者とだけ和解するようしつこく提案するような弁護士は、「提携弁護士」の疑いがあります。
提携弁護士とは、貸金業者と提携して、貸金業者に紹介料を渡す代わりに多重債務者を紹介してもらい、利益を得ようとする弁護士です。借金で困っている人から高額の報酬を取る一方で、貸金業者側の利益になるような和解を成立させます。

過払い金請求や債務整理の手続きをおこなっている弁護士や司法書士の中には、残念ながら悪徳と呼ばれる弁護士・司法書士が存在します。相談者の立場で親身になって解決してくれる弁護士・司法書士ばかりではありませんので注意しましょう。

ポイント4:任意整理後に説明なしに代行返済手数料を取る事務所は避けた方がいい

過払い金請求や債務整理の手続きでは、まとまった報酬以外に何かにつけて手数料を取る司法書士事務所や弁護士事務所が多くあります。代表的なものに、代行返済手数料があります。代行返済とは、任意整理で和解が成立した後、貸金業者への毎月の返済を事務所が代行するものです。

任意整理後、複数の貸金業者に毎月返済を行う場合に代行返済を利用すれば、事務所に送金するだけであとは期日に各貸金業者に振り込んでもらえるので便利なシステムです。うっかり忘れてしまうこともありません。

しかし、代行返済を利用すると、手数料として1社あたり1ヶ月1,000円程度取られるのが相場なので、複数の業者への返済が何年にも及べば相当の金額を払うことになります。
自分の意思で代行返済を選ぶならいいのですが、任意整理後、何の説明もなしに代行返済をおこない、当然のように手数料を請求してくる事務所もあるので注意が必要です。
手続きにかかる費用については、初回の面談ですべて確認しておきましょう。

まずは過払い金チェック!過払い金回収額が日本一の杉山事務所で無料診断

これから過払い金請求をしようと思っている方は、まずご自分の過払い金がいくら発生しているか気になっていると思います。過払い金の回収額が日本一の司法書士法人杉山事務所では、無料で過払い金の診断ができます。

過払い金があるかどうか調べるだけでも無料でOK!もちろんそのまま依頼することもできます。まずは、日本一の実績を誇る司法書士事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

まとめ

過払い金請求をお考えの際に、事務所選びに迷ったら以下の4つのポイントに注意しましょう。

1.司法書士や弁護士本人が依頼者と直接面談してくれるかどうか
2.委任契約書を作ってくれるかどうか
3.本人の意向と関係なく一部の業者とのみ和解を迫ってこないかどうか
4.かかる費用はすべて最初に確認すること(任意整理後に説明なしに代行返済手数料を取るなど、あとからお金が発生しないかどうか)

過払い金請求を信頼できる専門家に依頼したいなら、広告だけを頼りに選ぶのではなく、信頼できる紹介機関を利用するのが安心です。また、初回は無料で相談を受け付けてもらえる事務所が多いので、複数の事務所に相談し、料金はもちろんですが、対応やシステムをよく比較して選ぶといいでしょう。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判