JCBカードから過払い金を取り戻した体験談(58歳男性・無職)

JCBカードから過払い金を取り戻した体験談(58歳男性・無職)

完済後の定年生活

昔から仕事もプライベートでもJCBカード一枚で済ませていました。 特に地方に出張など出かけると、ほとんどをカード決済したり、現金がなくなると銀行を探すのが面倒くさいので軽い気持ちでJCBのキャッシングを利用していました。

最大で借りている時も50万円もなく、普通にサラリーマンをしていましたので、返済もちゃんとしていました。 ですがある時、キャッシング利用が妻にばれ、利息だけでももったいないと9~10年ほどに渡って借りていた借金をすべて完済することに。 今は会社も定年退職し、年金暮らしをしています。

ふとネットで気づいた過払い金

スマホでネットを見ていて、法律事務所の過払い返還の広告を目にしましたが、自分とは縁遠い話だと思っていました。 私の場合は、借金といっても過去の話ですし、人が聞いても驚くような額ではありません。 ちょっとお金が足りなくなったら借りていた程度の話でしたから、あのJCBでそんな過払い金はないだろうと思っていたのです。

しかし、少し気になり始めたので、妻に話題を振ってみたんです。妻はそれからと言うものパソコンで過払い金について調べ始めました。 JCBのような大手信販会社でもキャッシング一括払いについては、かつて28パーセントほどの高い利率で貸付をしていた可能性があることが分かったのです。

実は借りていた当初も利率は高いなとは感じていましたが、まさか JCBカードで消費者金融並みの金利がかかっている とは思っていませんでした。 今のところ、お金に困っている訳でもなかったのですが、年金生活者となり、この先のことを考えると、もし少額でも返してもらえるお金があるならば、取り返したいと過払い請求を検討してみることになったのです。

弁護士介入で、何もせずにお金が…

普段、弁護士事務所などとは一切関わりのない生活をしていましたが、ネットランキングで評判の高い弁護士会社があったので、電話ですぐに相談してみることにしました。 すると、 完済してから10年以内に手続きをしないと時効になる と言われ、早く申請をするように勧められました。

弁護士の話では、JCBとの過払い金交渉はなかなか厄介だそうで、素人相手では手ごわい業者であると言われましたし、弁護士と一般の方では始めに行う取引履歴の開示請求からして対応が違うと教えていただいたので、やはりここは弁護士の方に請求申請のすべてをお願いすることにしました。

その後、私は一切動いていません。 弁護士の方の話によると取引開示までに1ヶ月も要したようでしたが、お願いしてから1ヶ月半ほどで利息を含めた満額の27万円で和解となりました。

そして、和解から2ヶ月弱ほどで返還金が口座に支払われることになりました。 思っていた以上に簡単にお金を受け取ることができ、びっくりです。 弁護士事務所の報酬に6万円ほどかかりましたが、手元には20万円もの思わぬお金が入りました。

あの時、何もしなければなかったお金ですから、本当にありがたいです。 老後のいざと言う時の資金として、しっかり貯金してあります。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判