借金返済中の過払い金請求を自分でやる注意点・デメリット

借金返済中の過払い金請求を自分でやる注意点・デメリット

借金を返済中の人も自分で過払い金請求をすることができます。ただし、借金を返済中の場合は他の場合と比較して注意しておきたいポイントがいくつかあります。ここでは借金返済中の過払い金請求を自分でやる場合の注意点やデメリットについてお伝えします。

返済中の借金の過払い金請求をするメリット

過払い金を借金の返済に充てることができ、返済が楽になる・完済が早まる

返済中の借金の過払い金にはいくつかメリットがあります。まず、考えられるメリットは今返している借金の返済が楽になることです。過払い金請求すれば払い過ぎたお金が戻ってきます。過払い金を借金の返済に充てることができるので返済中の借金をより早く完済することができます。

毎月借金の返済に追われている場合は過払い金請求をすることで借金を減らすことができ、戻ってくる金額によっては完済までの道のりが見えてくるかもしれません。

残りの借金額より過払い金のほうが多かった場合、手元にお金が返ってくる

また、過払い金の金額が現在返済している借金の金額より多かった場合は、手元にお金が戻ってきます。今ある借金を完済できて借金を返済する生活から抜け出せるだけではなく、手元にお金が戻ってくる場合があるのはうれしいですね。手元に戻ってきたお金は生活費に充ててもいいですし、自由に使えます。

戻ってきた過払い金で借金をゼロにできた場合、ブラックリストはのらない

過払い金請求をするとブラックリストにのってしまうのが心配な人も多いのではないでしょうか。戻ってきた過払い金で借金がゼロになった場合は、ブラックリストにのることはありません。過払い金の計算が間違っていたり、貸金業者との交渉次第では当初計算していた金額より戻ってくる過払い金が少なかったりすることも。

戻ってきた過払い金で借金をゼロにできない場合、ブラックリストにのってしまうので、どれくらいもどってくるか心配な場合は事前に専門家に相談するといいでしょう。

返済中の借金の過払い金請求を自分でやる注意点

貸金業者からの督促がストップしない

過払い金請求を自分でやる場合、貸金業者からの取り立て(督促)はストップしません。過払い金請求の手続きは少し時間がかかりますので、その間は取り立てがあることは理解しておいた方がいいでしょう。司法書士や弁護士などの専門家に依頼すれば貸金業者からの取り立てを止めてもらうことができます。

借金を返済中の過払い金請求は債務整理という扱いになる

借金を返済中に過払い金請求をおこなう場合、貸金業者と契約を見直す「債務整理(任意整理)」の扱いになります。この債務整理(任意整理)は過払い金請求と違い難しい点も多く、個人が交渉した場合は応じてもらえない可能性があります。

借金を返済中で戻ってくる過払い金で今ある借金を返せない場合は債務整理になりますので、司法書士や弁護士などの専門家に相談し、手続きを任せることをおすすめします。

債務整理とは

債務整理とは、発生している過払い金を借金に充当し、返しきれなかった借金の将来利息をカットしてもらう手続きです。債務整理は個人ですることが難しいため、個人で交渉しても貸金業者に応じてもらえないこともあります。借金の返済中に過払い金請求をする場合は自分でやろうとせず、司法書士や弁護士などの専門家に相談するといいでしょう。

返済中の借金の過払い金請求をするデメリット

過払い金よりも借金額のほうが多く、借金が残った場合、ブラックリストにのる

返済中の借金の過払い金請求をしたことでブラックリストにのる場合があります。実際に戻ってきた過払い金の金額より返済中の借金額の方が多い場合です。過払い金で借金を返しきれない場合はブラックリストにのってしまう可能性があります。

借金を返済中に過払い金請求はする場合はいくら過払い金があるのか、いくら返してもらうことができるかは過払い金請求をするまえにしっかり確認しておく必要があります。

ブラックリストにのるとどうなる?

信用情報機関とは、加盟している各社から登録されている情報を管理、提供することで消費者信用の円滑化をはかる機関です。信用情報機関はいくつかありますが、そこに登録されている情報が信用情報です。信用情報機関に事故情報が登録されることを「ブラックリストにのる」と世間では言われています。

借金を返済中に過払い金請求して残りの借金を任意整理すると、事故情報として信用情報機関に個人の情報が登録され、ブラックリストにのった状態になります。貸金業者やクレジットカード会社はローンの申し込みやクレジットカードの申し込みがあった場合、信用情報機関の信用情報を確認します。信用情報機関に事故情報が登録されていることを確認されると、ローンの審査に通らなかったり、クレジットカードが作れなかったりします。

ただし、信用情報機関に事故情報が登録される期間は約5年です。5年ほどたてば事故情報は消えるので、事故情報が登録される前と同じように新たにローンを申し込んだりクレジットカードの申し込みをしたりことができます。一度ブラックリストにのってしまうと一生ローンが組めないわけではないことは覚えておきましょう。

借金返済中の過払い金請求を自分でやる注意点・デメリットのまとめ

借金を返済中に過払い金請求をすると、条件によってはブラックリストにのってしまう可能性もあります。ただし、ブラックリストにのらないようにすることが正解とは限りません。過払い金がある場合、請求して過払い金が返ってくれば返済中の借金は減るので返済は楽になります。

現在、借金の返済に追われている場合は過払い金請求をしたことにより、完済のめどが立つ場合もあります。一度ブラックリストにのった場合でも一生ブラックリストにのるわけではありません。戻ってくる過払い金の金額や残っている借金の金額など現在の状況に合わせて判断しましょう。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判