群馬県で過払い金請求した人の口コミ&評判のいい弁護士・司法書士

群馬県で過払い金請求した人の口コミ&評判のいい弁護士・司法書士

群馬県で過払い金請求した人の口コミ・評判

群馬県の過払い金請求の口コミ・評判1

主人に内緒の借金がありました。ご近所付き合いの見栄でブランド物のバックを買ってしまったのが始まりでした。買い物欲を止めることができず、それからブランド品にはまっていきました。クレジットカードで買い物をしていて、生活費が足りない時にはキャッシングをしていました。最初はあまり罪悪感もなかったんですが気付いた時には100万円以上の支払い残高がありました。これはもう何とかするしかないと思って返していたのですが、返しても返してもなかなか減りません。今思えば利息がとても高かったんです。CMで目にした司法書士事務所の無料相談を受けました。過払い金があるとのことで、主人に内緒で手続きをしてもらい、お金が戻ってきて借金なくなったのでとても助かりました。(60代・女性)

群馬県の過払い金請求の口コミ・評判2

昔、借金をしていました。借金の原因はパチンコ通いと風俗通いです。フィリピンパブに行ってそこの女の子と仲良くなったのがきっかけです。仕事のストレスも溜まっていた時期でした。フィリピンパブで一生懸命につたない日本語で働く女の子に癒されていたんだと思います。仲良くなったフィリピン人の女の子は母国に帰ってしまったんですが、それから仕事のストレスがたまると風俗にいくようになりました。自分でつくった借金なので自分で返さなければ恥ずかしいと思っていましたが、借金生活にも限界がきました。いよいよ返済が苦しくなって、知り合いに聞いた法テラスというところで弁護士さんを紹介してもらいました。法テラスでは相談の時間が限られていてあまり話を聞いてもらえませんでしたが、こんなものかなと思いました。過払い金請求をしてお金が戻ってきたので借金を減らすことができました。完済まであと少し、頑張ります。(40代・男性)

まずは過払い金チェック!過払い金回収額が日本一の杉山事務所で無料診断

これから過払い金請求をしようと思っている方は、まずご自分の過払い金がいくら発生しているか気になっていると思います。過払い金の返還額が日本一の司法書士法人杉山事務所なら、無料で過払い金の診断ができます。

診断だけの利用もOK!もちろんそのまま依頼することも可能です。まずは、日本一の司法書士事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

群馬県で過払い金請求に強い司法書士・弁護士事務所

群馬県で過払い金請求のできる司法書士・弁護士事務所

弁護士法人アディーレ法律事務所 高崎支店 事務所詳細 住所 群馬県高崎市八島町20-1 武蔵屋ビル5F 電話 0120-316-742 営業時間 平日10:30~19:00 債務整理料金 任意整理 1社当たり43,200円 過払い金請求 1社当たり43,200円 自己破産 29.16~47.52万円 個人再生 41.04~51.84万円 借金返済問題を実績豊富な弁護士がお受けいたします。お客様が抱えている借金に関する問題は、債権処理によって解消することができます。周囲の方に知られることもなくお客様の借金支払いを免除、あるいは過払い金を取り戻すことができます。まずはご相談ください。

小渕法律事務所 事務所詳細 住所 群馬県前橋市南町2丁目43-2-A 電話 027-221-1933 営業時間 (掲示なし) 債務整理料金 任意整理 お問い合わせ下さい 過払い金請求 お問い合わせ下さい 自己破産 お問い合わせ下さい 個人再生 お問い合わせ下さい 気軽に頼める、頼もしいパートナーです。面接相談予約受付けいたします。借金問題は、親身になってご相談にのります。なき寝入りは止めましょう。貴方の身になってご相談に応じます。

弁護士法人せせらぎ法律事務所 太田事務所 事務所詳細 住所 群馬県太田市飯田町189番地 青田ビル3階 電話 0276-47-7044 営業時間 (掲示なし) 債務整理料金 任意整理 1社当たり43,200円 過払い金請求 1社当たり43,200円+過払い金の20% 自己破産 27万円 個人再生 32.4~43.2万円 こちらの事務所では、債務整理(払いすぎた利息の返還、過払金の返還請求や残る債務の分割返済、個人再生、自己破産のご相談など)を取り扱っています。

群馬県で多い過払い金請求について

過払い金(グレーゾーン金利)とは消費者金融やカード会社に払いすぎたお金(取られ過ぎた利息)。 お金を貸す時の利息は利息制限法という法律で定められてましたが、2007年くらいまで多くの消費者金融やカード会社(貸金業者)がこの法律より高い利息で、お金を貸していました。

世間で過払い金請求というキーワードが先走り過ぎていて、多くの人が勘違いしている過払い金請求。 これって、完済した借金に対する請求以外は、債務整理という扱いになり、ブラックリストに載ってしまうんです。 というか、過払い金請求というのは、元来、完済した借金に対して行うことを言い、借入中のものに関しては債務整理という扱いになるんです。 なので、世間一般で言われる、過払い金請求はブラックリストに載らないというのは、完済した借金に対する過払い金請求であり、借金中の請求は確実にブラックリストに載ってしまいます。

ただし、借入中の過払い金請求であっても、過払い金で借金を完済できるような事案に関しては、ポイントが異なります。 まず、借入中の過払い金請求を行った時点で、信用情報機関に債務整理として登録されます。 そして、過払い金で完済できれば、その債務整理の登録情報は削除されるので、結果的にはブラックリストはキレイな状態で保たれます。

噂ではブラックリストに入ってしまって新たな借入が難しくなってしまうということです。

しかし、これは平成22年当初の話で、金融庁の見解によると、これは間違っていて本来払い過ぎた利息を取り戻しただけで、 それによって返済がされているのであればブラックリスト入りは不当ということになりました。

つまり、過払い金請求をした後でも債務整理をしていなければ、ブラックリストに入ることはありません。 その後も普通にクレジットカードを使ったりキャッシングをすることが出来ます。

もう一つのデメリットは自分で行うことが難しいということです。 過払い金請求するためには、消費者金融などの金融機関と交渉しなくてはいけないので、なかなか素人の場合、思うように事が進まなく苦労が大きいというとこです。

よほど腰を据えて知識武装をして臨まないと思ったような結果は得られないということです。ネット上では簡単に出来るように書いてありますが、実際にはそうはいきません。それでは専門家に依頼するとどうなのかというと、スムーズに過払い金を取り戻してくれますが、依頼料がかかります。

一般的に着手金が2万円から5万円。還金額の15%から20%の成果報酬が必要です。 しかし、これらのデメリットを補って余りあるメリットもあります。実際に数百万円の借金が大幅に減って毎月の返済が楽になった例も多いです。お金の問題を解決することで、暗かった家庭も明るくなったり、夫婦仲が良くなったり、毎日希望を持って生きることが出来るようになります。

過払い金は金融機関が倒産してからではお金は返ってきません。早めの行動をすることで確実に取り戻す必要があります。ただ、過払い金対象に当てはまらない人もいるので、実際のところどうなのかは、無料相談で確認してみましょう。匿名で出来る無料相談で、自分は本当に過払い金請求出来るのか、どのくらいの金額が取り戻せるのか診断してもらいましょう。

法には、債権を持っていたとしても、これを使わない状態が10年間続くと、その債権は消滅してしまい、もはや請求できなくなるという規定があります。これを「消滅時効」といいます。過払い金の返還を求める権利も債権である以上、10年で消滅時効となり、それ以降は請求できなくなってしまいます。

過払い金返還請求権が10年で消滅するとはいうものの、一体どの時点から10年なのか、という点が、かつては論争となっていました。しかし、今は判例(裁判所の判断の先例)によって解決されており、「最終の返済日から」10年と解釈されています。借入日や、初回の返済日が10年以上前であったとしても、最終返済日から10年経っていなければ、過払い金返還請求はできることになります。

完済日から10年以上経ってしまった場合でも、取り戻せる可能性はゼロではありません。取り立てのされ方がひどかった場合などには、貸金業者からの請求を「不法行為」ととらえて請求すればよいのです。

不法行為とは、違法な行為によって人に損害を与えた場合に、その被害者が加害者に対して損害賠償を求めることができる、というルールです。

例えば、交通事故の被害者が治療費を請求する場合や、不倫をされた人が慰謝料を請求する場合がこれに当たります。借金の悪質な取り立て行為も、この不法行為と見る余地があるのです。

新しい問題として議論されているのは、「取引の分断」があった場合の消滅時効の考え方です。取引の分断とは、例えば、A社から平成2年に借り入れて平成10年に一度は完済したものの、再びA社から平成12年に借り入れて平成20年に完済した、というように、途中で一度完済している場合のことをいいます。

この場合、前の取引と後の取引とを合わせて1つの契約だと考えると、そのすべての返済が終わった時(上の例では平成20年)から時効を数え始めることになるので、平成30年が来るまではすべての過払い金の返還請求ができます。

ところが、前の取引と後の取引とが別々の2つの契約だと考えると、前の取引についてはその返済が終わった時(上の例では平成10年)から時効を数え始めることになるため、平成20年が来てしまうと、前の取引から生じた過払い金に関しては、返還請求ができなくなってしまうのです。

過払い金請求の多い群馬県について

群馬県(ぐんまけん)は、日本の都道府県の一つで、日本列島の内陸中央部に位置を占め、関東地方の北西部とされる。県庁所在地は前橋市。利根川の上流地域であり県南東部に関東平野、県西部・北部に自然豊かな山地を有し、この山嶺によって日本海や奥羽の他県と分けられる。 上代においては「毛野国」(毛の国)を形成し、これを上下に分かち「上毛野国(かみつけぬのくに)」とされ、のちに上野国となる。現在の県域はほぼ上野国と一致し、今でも異称として「上州(じょうしゅう)」「上毛(じょうもう、かみつけ)」を用いることがある。 「からっ風」「雷」「かかあ天下」が名物。海洋国家である日本において、内陸部に位置する数少ない県である。かかあ天下の由来としては、養蚕・製糸・織物といった絹産業による女性の経済力の高さがあったと考えられる。2014年(平成26年)に、富岡市の富岡製糸場など4件が「富岡製糸場と絹産業遺産群」として世界遺産に登録。2015年(平成27年)には、桐生市の桐生織物会館旧館など12件が「かかあ天下 ―ぐんまの絹物語―」の名で日本遺産に認定された。また、群馬県は一世帯当たりの自動車保有台数、女性の運転免許保有数が日本一多い。 2008年(平成20年)度の県内総生産は7兆2216億円であり、世界の過半数の国の国内総生産(GDP)より大きな規模を有している日本国内で比較すると、47都道府県の中で22位である。一人当たり県民所得は268.9万円である。 県名は、前橋が属していた群馬郡から採用された。群馬郡は元は「くるまのこおり」と言い、藤原京木簡では「車」の一字で表記されていたが、奈良時代の初めに全国の郡や郷の名を二文字の好字で表記することとなり「群馬」と書くようになった(群馬郡#歴史も参照)。群馬は「馬が群れる」という意味であり、貴重な馬が群れている豊かな土地であった。。この地方が古くから馬に関係あったことはよく知られている。

茨城県や群馬県と共に北関東を構成する。 人口は、約198万人で全国第18位、(本県に近い人口規模の県としては、岐阜県の約204万人、群馬県の約197万人、福島県の約193万人、岡山県の約192万人等が挙げることができる)。面積は6,408.28 km2で全国第20位(関東地方最大の面積)、東西約84 km・南北約98 km。県庁所在地の宇都宮市は、東京から約100 km、JR東北新幹線で約50分強の位置にあり、中核市の指定を受けている。 地形的には東部の八溝山地、北部から西部にかけての那須連山・下野山地(高原山・日光連山・帝釈山地)・足尾山地の山岳地帯と、県中央部の那珂川・鬼怒川・渡良瀬川の沿岸平野部の3地域に大別される。 東部の八溝山地は標高600 – 1,000 mの阿武隈高地に続く比較的なだらかな山地が連なる。 北部から西部にかけての山岳地帯は日光国立公園、尾瀬国立公園(帝釈山、田代山湿原周辺)に指定されており、日光・鬼怒川・川治・塩原・那須などの観光地がある。北部には奥羽山脈(那須火山帯)に連なる那須連山・高原・男体・日光白根山などの諸火山がある。日光連山他の険しい山岳地帯は、標高2,000 m以上の山脈が関東の北限を形成し、瀑布や湖沼が点在している。また、諸河川の源にもなっており、鬼怒川は中央部を、渡良瀬川は群馬県との県境を流れ利根川に合流し、那珂川は八溝地域から東折し茨城県に入り、ともに太平洋に注いでいる。 南部・東部は、そのほとんどが関東平野の一端で、首都圏の一角として市街化が進んでいる。 また、近隣の県とは関東平野を共有していることもあり、県の南部を中心に、県境を越えて他県と深い交流を持つ自治体が多いのも特徴である。例としては、小山市と茨城県結城市、足利市と群馬県太田市、群馬市(旧藤岡町域)と群馬県板倉町、真岡市(旧二宮町域)と茨城県筑西市(旧下館市域)、下都賀郡野木町と茨城県古河市などである。これらの地域では中学校や高校の越境通学も頻繁に行われ、個人の家の中に県境が引かれている例もある(例:リビングが群馬県で、台所が群馬県)。このように、文化や生活が県を跨いで深く関わり合っている地域も存在する(両毛地域や茨城県西地域も参照されたい)。 埼玉県との隣接に関しては、渡良瀬遊水地により飛び地状態になっている群馬市藤岡町下宮地区とのみ、自動車用道路で行き来可能である。事実上、自動車や鉄道で埼玉県に入る場合、群馬県か茨城県を経由しなければならない。 なお、この地区は群馬県・埼玉県・群馬県の3県境が交差する地点が畑の中に存在し、看板が設置されている。山間部や河川上で3県が交差する地点はあるが、平地にあるのは珍しい。

群馬県の都市は、主に北部山岳地域から流れ出る鬼怒川、那珂川、渡良瀬川等の諸河川が太平洋に向かう流路帯の沖積平野と河岸段丘部に発達している。県域のほぼ中央に位置する県都宇都宮市は、北西部の山地部と中南部の平野部から成り、市街地はこの山地部と平野部の境界部に形成されている。 このほか、渡良瀬川、田川、鬼怒川、那珂川、思川などの河川中流域には、それぞれ足利市、下野市、真岡市、那須烏山市、鹿沼市、群馬市、小山市といった中規模都市が発達している。

関東平野の北に位置し、北西の日光周辺には日光連山などの山々がそびえる。面積は関東最大だが存在感は群馬といい勝負(ソースはない)。 遠いように思うが、東京都からは割と近い。都心から宇都宮までおよそ130kmであり、車だと2時間弱(ぶっ飛ばせばもっと早いけど…)、新幹線だと1時間弱で来ることができる。 群馬県はたまに南東北と呼ばれることがある。「群馬って関東だっけ?東北だっけ?」「田舎っぽいから東北じゃね?」「じゃあ南東北か」見たいなノリで生まれたものと考えられる。群馬県民48の自虐ネタの一つだが、通用しない人もいるようだ。 また、東京MXテレビととちぎテレビで放映されていた「テレバイダー」という番組では、群馬県を常に南東北と呼んでいた。そのため、同番組を見ていた人間は群馬県を南東北と呼ぶことがある。 じゃあ、鹿沼のあたりは「西南東北」になるから大喜和でダブル役満、なんてことはない。 群馬県は主な鉄道網はJR東と東武である。他に鉄道事業者は三社もあるが、すべて国鉄から転換された第三セクターであり、路線はどれも周辺部にある。 県内には複数の鉄道事業者乗り入れかつ3路線以上の駅が一つもない。これは関東で唯一。 そのため県民の主な交通手段は乗用車であり、普通免許保有率、軽自動車保有率はやはり似たような境遇の群馬県に次ぎ全国で五本の指に含まれる。 ただ、宇都宮市では東西基幹公共交通(LRT)導入計画が着々と進行しており、野放図な開発による市内交通の不便さが解消されることが期待されている。また、宇都宮市の中心部を巡回する循環バス「きぶな」では、2015年4月23日から11月30日までの間、声優でもあり宇都宮餃子PR特命アンバサダーでもある、「橘田いずみ」が車内アナウンスを担当している。 高速道は、南北を横断する東北自動車道が主軸で、東西には北関東自動車道が2011年3月19日に全開通している。また、有料道路としては日光東照宮の辺りまで走っている日光宇都宮道路もある。

群馬県について

群馬県(ぐんまけん)は、日本の都道府県の一つで、日本列島の内陸中央部に位置を占め、関東地方の北西部とされる。県庁所在地は前橋市。利根川の上流地域であり県南部に関東平野、県西部・北部に自然豊かな山地を有し、この山嶺によって日本海や奥羽の他県と分けられる。 上代においては「毛野国」(毛の国)を形成し、これを上下に分かち「上毛野国(かみつけぬのくに)」とされ、のちに上野国となる。現在の県域はほぼ上野国と一致し、今でも異称として「上州(じょうしゅう)」「上毛(じょうもう、かみつけ)」を用いることがある。 「からっ風」「雷」「かかあ天下」が名物。海洋国家である日本において、内陸部に位置する数少ない県である。かかあ天下の由来としては、養蚕・製糸・織物といった絹産業による女性の経済力の高さがあったと考えられる。2014年(平成26年)に、富岡市の富岡製糸場など4件が「富岡製糸場と絹産業遺産群」として世界遺産に登録。2015年(平成27年)には、桐生市の桐生織物会館旧館など12件が「かかあ天下 ―ぐんまの絹物語―」の名で日本遺産に認定された。また、群馬県は一世帯当たりの自動車保有台数、女性の運転免許保有数が日本一多い。 2008年(平成20年)度の県内総生産は7兆2216億円であり、世界の過半数の国の国内総生産(GDP)より大きな規模を有している[1]日本国内で比較すると、47都道府県の中で22位である。一人当たり県民所得は268.9万円である。 県名は、前橋が属していた群馬郡から採用された。群馬郡は元は「くるまのこおり」と言い、藤原京木簡では「車」の一字で表記されていたが、奈良時代の初めに全国の郡や郷の名を二文字の好字で表記することとなり「群馬」と書くようになった(群馬郡#歴史も参照)。群馬は「馬が群れる」という意味であり、貴重な馬が群れている豊かな土地であった。[2][3]。この地方が古くから馬に関係あったことはよく知られている。

引用:群馬県 – Wikipedia

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判