福島県で過払い金請求した人の口コミ・評判

福島県で過払い金請求した人の口コミ・評判

福島県で過払い金請求した人の口コミ・評判

福島県の過払い金請求の口コミ・評判1

若い頃は給料も安く、遊ぶお金がなかったのでクレジットカードでよくキャッシングしていました。最初はデパートで買い物するために作ったクレジットカードでしたが、ATMで現金が借りられることを知ってから、ちょくちょく利用していました。会社の飲み会や合コンなど、ほとんどが交際費だったと思います。最近では日常的にキャッシングを利用することはほとんどなくなりましたが、それでもたまに結婚式のご祝儀や彼女との旅行などで急にお金が入り用になった時に重宝していました。最近の過払い金ブームで、クレジットカードのキャッシングでも過払い金が出ることがあると知り、試しに調べてみたところ十数万円ほどの過払い金があることがわかりました。少額ではありますがまとまったお金なので請求してみることに。少しでも戻ってきてよかったです。(40代・男性)

福島県の過払い金請求の口コミ・評判2

過払い金という言葉をきくことがあっても、自分には関係ないと思っていました。何か、利息が変わったってことを耳にしましたが、よく知らずにいたんです。それがふとしたことで友人にも話していなかった借金のことを打ち明ける機会があり、その友人がお前もしかしたら過払い金があるんじゃないか?と言ってきました。過払い金は簡単に取り戻せるということだったので、ネットで調べた司法書士に依頼しました。すると借金を返済中でも過払い金があれば請求できると言われました。正直いって毎月の返済はカツカツだったので限界を感じていて、借金が減るならと思ってお願いしました。今では借金が減って月々の返済がかなり楽になりました。ひとりで悩んでいないでもっと早く相談していればよかったと思います。(30代・男性)

まずは過払い金チェック!過払い金回収額が日本一の杉山事務所で無料診断

これから過払い金請求をしようと思っている方は、まずご自分の過払い金がいくら発生しているか気になっていると思います。過払い金の返還額が日本一の司法書士法人杉山事務所なら、無料で過払い金の診断ができます。

診断だけの利用もOK!もちろんそのまま依頼することも可能です。まずは、日本一の司法書士事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

福島県について

福島県(ふくしまけん)は、日本の都道府県のひとつ。東北地方の南部に位置する。県庁所在地は福島市。太平洋に面し奥羽山脈の東西にまたがって存在する。 面積は北海道、岩手県に次ぐ第3位。都道府県別の人口は第18位。人口密度は第39位である。 地形・気候・交通・歴史などの面から、越後山脈と奥羽山脈に挟まれた日本海側内陸の「会津」、奥羽山脈と阿武隈高地に挟まれた太平洋側内陸の「中通り」、阿武隈高地と太平洋に挟まれた太平洋側沿岸の「浜通り」の3地域に分けられる。現在の福島県は、1876年(明治9年)8月21日に会津地域の前身にあたる若松県と中通り地域の前身にあたる福島県(1876年以前)と浜通り地域の前身にあたる磐前県の3県の合併によって成立した。県名の福島は、当時県庁所在地だった福島町から採ったものである。「福島」の名は福島城として使われたのが最初とされている。 県の広域行政単位は、これらをさらに細分している。方言単位は、上記3区分の他に、3区分横断的な南北分類もされる(関東方言の影響が県南部で見られるため)。 県内の主要都市はそれぞれの分野に特化しており、行政機能が集中し全国有数の果物果樹地帯を形成している福島市。商業・内陸工業地帯となっている郡山市。広大な面積を持ち沿岸工業に特化するいわき市となっており、人口は3市とも30万人前後である。また会津地方の中心都市で史跡が多く存在する観光都市の会津若松市、白河市も重要な歴史都市である。

引用:福島県 – Wikipedia

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判