福井県で過払い金請求に強いと評判のいい弁護士・司法書士事務所

福井県で過払い金請求に強いと評判のいい弁護士・司法書士事務所

福井県で過払い金請求に強い司法書士・弁護士事務所

福井県で過払い金請求のできる司法書士・弁護士事務所

福井スカイ法律事務所 事務所詳細 住所 福井県福井市高木2-714 電話 0776-52-2177 営業時間 平日9:00~18:00 債務整理料金 任意整理 1社当たり2万円+減額分の10%+過払い金の15~20% 過払い金請求 返還を受けた過払金の15~20% 自己破産 30万円~ 個人再生 35万円~ つらい借金生活から抜け出したい、厳しい取立てを止めてほしい。こんな時、もうダメだ、解決策がない、とお考えではありませんか?債務整理で借金を減らしたり、なくす道もあります。こちらの当事務所では、あなたの借金状況や生活状況をお聞きした上で、最適な債務整理の方法をご提案しています。

春江法律事務所 事務所詳細 住所 福井県坂井市春江町江留上錦44 電話 0776-97-5760 営業時間 平日9:00~17:00 HP http://harue-law.jp/ 債務整理料金 任意整理 問い合わせ 過払い金請求 問い合わせ 自己破産 問い合わせ 個人再生 問い合わせ 弁護士1名のこじんまりとした法律事務所ですが、その分だけ依頼者と弁護士の距離感は近く、依頼者への共感を何より大事にしております。 互譲の精神を第一とし、紛争解決にあたっては人情も大切にし、弁護士と依頼者が共に腹をくくれば問題解決の糸口は必ず見えてくると信じて対応します。

山本・寺田法律事務所 事務所詳細 住所 福井県越前市蓬莱町6番24号 サンライフ小野谷1階 電話 0778-25-0271 営業時間 平日8:40~17:40 HP http://www.yamamototerada-lawoffice.com/ 債務整理料金 任意整理 着手金20,000円/1社 過払い金請求 返還金額の20% 自己破産 200,000円~ 個人再生 350,000円~ 所属弁護士の予定はホームページ上のtwitterのツイートで確認できますので、お急ぎのご相談をご希望の方は予定を確認のうえご連絡ください。 平日の業務時間内における初回ご相談に限り30分程度無料にて相談できます。武生駅から徒歩5分程度の場所に事務所がありますのでお気軽にご相談ください。

福井県で多い過払い金請求について

過払い金(グレーゾーン金利)とは消費者金融やカード会社に払いすぎたお金(取られ過ぎた利息)。 お金を貸す時の利息は利息制限法という法律で定められてましたが、2007年くらいまで多くの消費者金融やカード会社(貸金業者)がこの法律より高い利息で、お金を貸していました。

世間で過払い金請求というキーワードが先走り過ぎていて、多くの人が勘違いしている過払い金請求。 これって、完済した借金に対する請求以外は、債務整理という扱いになり、ブラックリストに載ってしまうんです。 というか、過払い金請求というのは、元来、完済した借金に対して行うことを言い、借入中のものに関しては債務整理という扱いになるんです。 なので、世間一般で言われる、過払い金請求はブラックリストに載らないというのは、完済した借金に対する過払い金請求であり、借金中の請求は確実にブラックリストに載ってしまいます。

ただし、借入中の過払い金請求であっても、過払い金で借金を完済できるような事案に関しては、ポイントが異なります。 まず、借入中の過払い金請求を行った時点で、信用情報機関に債務整理として登録されます。 そして、過払い金で完済できれば、その債務整理の登録情報は削除されるので、結果的にはブラックリストはキレイな状態で保たれます。

噂ではブラックリストに入ってしまって新たな借入が難しくなってしまうということです。

しかし、これは平成22年当初の話で、金融庁の見解によると、これは間違っていて本来払い過ぎた利息を取り戻しただけで、 それによって返済がされているのであればブラックリスト入りは不当ということになりました。

つまり、過払い金請求をした後でも債務整理をしていなければ、ブラックリストに入ることはありません。 その後も普通にクレジットカードを使ったりキャッシングをすることが出来ます。

もう一つのデメリットは自分で行うことが難しいということです。 過払い金請求するためには、消費者金融などの金融機関と交渉しなくてはいけないので、なかなか素人の場合、思うように事が進まなく苦労が大きいというとこです。

よほど腰を据えて知識武装をして臨まないと思ったような結果は得られないということです。ネット上では簡単に出来るように書いてありますが、実際にはそうはいきません。それでは専門家に依頼するとどうなのかというと、スムーズに過払い金を取り戻してくれますが、依頼料がかかります。

一般的に着手金が2万円から5万円。還金額の15%から20%の成果報酬が必要です。 しかし、これらのデメリットを補って余りあるメリットもあります。実際に数百万円の借金が大幅に減って毎月の返済が楽になった例も多いです。お金の問題を解決することで、暗かった家庭も明るくなったり、夫婦仲が良くなったり、毎日希望を持って生きることが出来るようになります。

過払い金は金融機関が倒産してからではお金は返ってきません。早めの行動をすることで確実に取り戻す必要があります。ただ、過払い金対象に当てはまらない人もいるので、実際のところどうなのかは、無料相談で確認してみましょう。匿名で出来る無料相談で、自分は本当に過払い金請求出来るのか、どのくらいの金額が取り戻せるのか診断してもらいましょう。

法には、債権を持っていたとしても、これを使わない状態が10年間続くと、その債権は消滅してしまい、もはや請求できなくなるという規定があります。これを「消滅時効」といいます。過払い金の返還を求める権利も債権である以上、10年で消滅時効となり、それ以降は請求できなくなってしまいます。

過払い金返還請求権が10年で消滅するとはいうものの、一体どの時点から10年なのか、という点が、かつては論争となっていました。しかし、今は判例(裁判所の判断の先例)によって解決されており、「最終の返済日から」10年と解釈されています。借入日や、初回の返済日が10年以上前であったとしても、最終返済日から10年経っていなければ、過払い金返還請求はできることになります。

完済日から10年以上経ってしまった場合でも、取り戻せる可能性はゼロではありません。取り立てのされ方がひどかった場合などには、貸金業者からの請求を「不法行為」ととらえて請求すればよいのです。

不法行為とは、違法な行為によって人に損害を与えた場合に、その被害者が加害者に対して損害賠償を求めることができる、というルールです。

例えば、交通事故の被害者が治療費を請求する場合や、不倫をされた人が慰謝料を請求する場合がこれに当たります。借金の悪質な取り立て行為も、この不法行為と見る余地があるのです。

新しい問題として議論されているのは、「取引の分断」があった場合の消滅時効の考え方です。取引の分断とは、例えば、A社から平成2年に借り入れて平成10年に一度は完済したものの、再びA社から平成12年に借り入れて平成20年に完済した、というように、途中で一度完済している場合のことをいいます。

この場合、前の取引と後の取引とを合わせて1つの契約だと考えると、そのすべての返済が終わった時(上の例では平成20年)から時効を数え始めることになるので、平成30年が来るまではすべての過払い金の返還請求ができます。

ところが、前の取引と後の取引とが別々の2つの契約だと考えると、前の取引についてはその返済が終わった時(上の例では平成10年)から時効を数え始めることになるため、平成20年が来てしまうと、前の取引から生じた過払い金に関しては、返還請求ができなくなってしまうのです。

過払い金請求の多い福井県について

福井県(ふくいけん)は、日本海や若狭湾に面する、日本の県の一つである。県庁所在地は福井市。 山中峠・木ノ芽峠・栃ノ木峠を通る稜線を境にして、北側の嶺北(越前地方)と、南側の嶺南(若狭地方および敦賀市)より構成される。また日本海及び若狭湾の福井県海域には周囲0.1km以上の島が58あるが全て無人島で、常神半島沖の岩礁である千島で約3kmの距離しか離れていない。 越前の緑豊かな山々と、若狭の清らかな水の流れに代表されるように、自然が美しい場所であり、それを代表する語に越山若水(えつざんじゃくすい)がある。 地理上は北陸地方または中部地方と分類されるが、一部の行政管轄区分において近畿地方とされる場合もある。 ケッペンの気候区分では県内全域が温暖湿潤気候であるが日本海側気候で豪雪地帯(一部特別豪雪地帯)に指定されている。特別豪雪地帯の大野市・勝山市・池田町・南越前町の旧今庄町は全国屈指の積雪量であり、年間の降水量は多い時に3000mm以上に達する。ただし、近年は暖冬傾向で、降水量は昔に比べ減少しつつある。 一方で、日本海沿岸部では対馬暖流の影響により、冬でも比較的暖かく、雪よりも雨の日が多い。このために、「弁当忘れても傘忘れるな」という天気の格言が存在する。福井市などは内陸に位置するため、沿岸部に面する新潟市や金沢市などよりは豪雪となりやすい。過去には1963年1月31日に213cm、近年でも2011年1月31日に積雪119cmを記録しているなど、1m以上の積雪となることもある。

福井県は大自然、豊かな海と山の幸、由緒ある歴史・伝統・文化、そして世界に羽ばたく地場産業と農林水産業に恵まれた今後に期待できるすばらしい県。 嶺南地方(旧若狭国+敦賀市)と嶺北地方(敦賀市を除く旧越前国)は仲が悪いというか、関わりが非常に薄い。そのため、二つの地方は地方自治法上は同一の県とされているものの、地域間交流や文化、経済の上では全く別の県とも言えるような状況にある。歴史上においても、二つの県を旧若狭国の住民の反対を押し切って合併させている。 嶺北は石川、嶺南は滋賀や京都方面との結びつきがかなり強く、各々の地域の人間が県外へ遊びに行くとなれば、嶺北人は石川へ、嶺南人は滋賀、京都へ、という具合になる。また、在福マスコミで嶺南地方を取り上げることが少ないほか、県全域でケーブルテレビが広く普及していて(特に嶺南)、嶺北では北陸放送・北陸朝日放送など石川のテレビ局の電波が、嶺南ではびわ湖放送を中心とした関西圏のテレビ局の電波が再送信されており、二つの地方では見るテレビ局まで差異が生じている。これらのせいもあって嶺南の人々は北陸・福井市域への帰属意識および交流が皆無に近く、もっぱら「近畿」「関西」への帰属意識が高い。 そのため、道州制が施行されて福井県が北陸(中部)に組み込まれようものなら、嶺南は分離して近畿とくっつくとまで言われている。このこともあって福井県知事は道州制に反対している。嶺北人は関西弁の影響を強く受けた嶺南人の言葉を「なまっている」ととらえ、逆に嶺南人はまるで東北弁のような崩壊アクセントの嶺北人の言葉を「なまっている」ととらえる人が多く、県民レベルで隔絶性を感じているんだから仕方ないね。 山陰や北関東勢とともに都道府県知名度最下位グループで福井県出身だと言うと東北や九州出身と間違えられることがしばしば。コシヒカリ発祥の地だとか眼鏡フレーム生産日本一などの「知る人ぞ知る」という地場産業ネタなら他県並にあるが、隣県に比べて決定打に値するもの(観光に耐えうる派手なもの)がほとんど無いから知名度が低い・・・らしい。県知事も地味さは自認していて地方活性化のためにふるさと納税を発案したのは西川一誠福井県知事である。 歴史的には貿易港や穀倉地帯としてそれなりに重視された地域なのだが、それゆえに中央の有力者に与えられる土地という位置づけになってしまい土着の有力者があまり育たず地味な印象を受ける。戦国時代には朝倉氏が越前を地盤に勢力を持ったが最終的に織田信長に滅ぼされているし、朝倉氏の発祥地は但馬(兵庫県)である。(発祥地を言うなら織田氏が越前発祥ではある) 前述の通り、嶺北と嶺南を分ける木ノ芽峠を境に方言が大きく変わる。敦賀を中心としたエリアが近江弁、嶺南の西が京都や山陰の方言の影響を受けた関西弁を基礎とした方言であるのに対し、嶺北は東北弁のように聞こえる無アクセント型の方言。ここまで言語が隔絶されてしまったのは、二つの地方を険しい山々が隔てているからであり、かつて敦賀以北は海路での輸送に重点が置かれていたためである。実際に国道8号線や旧北陸本線は海沿いに大きく迂回している。この旧北陸本線は迂回したとはいえ、いくつもスイッチバックやトンネルが存在する難所だった。現在では自動車道路に転用されていて今も残るレンガ造りのトンネル群が登録有形文化財に登録されている。 この往来の問題は1962年の北陸本線の北陸トンネル開通によってようやく解消される。この北陸トンネルは在来線の陸地トンネルとしては現在も最長ということからもかつての往来の困難さがうかがえる。  自動車道路も明治に入った早期から整備がなされ、敦賀湾東岸-武生間に数多のトンネルを穿ち、明治19年に全長44kmの車道を開削。その後時代に合わせていくつかの経路付け替え等はあったものの、100年以上経過した今もこのルートは国道8号線として利用されている。しかしながら実用に耐え、なおかつ最短距離で嶺北に抜ける道路は長らくこのルートしかなく、北陸自動車道の敦賀トンネルが1977年に供用されるまでこの状況が続いた。そのせいで、平成に入ってから発生した豪雪で北陸自動車道・国道8号線が機能不全に陥ったさいは南北の物流が文字通りストップし、新聞でさえも岐阜経由で大回りして1日遅れで嶺南へ運ばれるありさまであった。2004年に木の芽峠トンネルが開通したことで、ようやく迂回ルートが確保されたのだった。

越前蟹 – ズワイガニ?いいや越前蟹だね!ズワイガニを名物とする地域は他にもあるが他所に先駆けてカニへのタグ付けを始めブランド化に成功している。2015年からより品質の高いカニを選抜した最上級ブランド「極」も売り出した。 水仙 – 福井の県花にもなってる花。越前海岸で水仙祭りもやってるよ。 コシヒカリ – 新潟が名産だと思ってる人多いけどコシヒカリは福井で生まれたんだぞ!コシヒカリのふるさと福井の項も参照 越前ソバ – 江戸時代に越前松平家家老本多富正が広めたと伝わるおろしそば。このそばを昭和天皇が来福した際に口にされたところ気に入り折に触れて「あの越前のそば―」と口にしたことから「越前そば」と命名されたという。あの中尾彬が絶賛したほど美味。福井駅の駅そばは至高。 へしこ – 鯖に塩を振って糠漬けにした食べ物。とても辛いけどお茶付けにして食べるとめちゃウマ!西川貴教の好物。 鯖寿司 – 昔は若狭湾で水揚げされたサバを京都まで運んでいた。ちなみにそのサバが運ばれた道を鯖街道と呼ぶ。バッテラ(押し寿司)とは違う。 水羊羹 – 福井の水羊羹は日本一いいいいいいいい!特色としては「冬場に食べる」ため、夏場は一切存在しない。 ソースカツ丼 – ヨーロッパ軒発祥(諸説あり)のカツ丼。福井の本家と、のれん分けして創業した敦賀の分家が存在する。しかし、同じくソースカツ丼で有名な会津若松市、駒ヶ根市としばし衝突することも。(フジテレビ系列番組「ほこ×たて」で福井のソースカツ丼と、会津若松のソースカツ丼でどっちが一番うまいか対決し、その時は見事福井のソースカツ丼が勝利した。) 越前茶 – コンビニなどへ行くと、地域限定で130mlペットボトルで売ってるぞ。 羽二重餅 – きめ細やかな羽二重織のような質感の餅菓子。端的に言えば求肥。土産店には必ず置かれていて様々なメーカーが作っているのでお土産にオススメ。 五月ヶ瀬 煎餅 – 硬い! うまい! ちょっと甘い! 落花生! お土産店に必ず(ry 石でも食ってんのかってぐらい硬い。でも一度噛み砕けばやめられない止まらない。

越前漆器(鯖江市) – 継体天皇の時代まで遡る歴史を持つ。伝統だけでなく近代的素材を使って業務用分野へ販路を開拓している。 若狭塗(小浜市) – 漆と一緒に貝殻や卵の殻を塗り重ね研ぎ出す模様が特徴。江戸時代に小浜藩に保護されて発展したことから日用品よりも富裕層向けの調度品が作られた。現在では塗り箸が多く作られている。小浜市が舞台の朝ドラ「ちりとてちん」ではヒロインの実家が塗り箸屋だった。小浜市の特産品ということでオバマ大統領にも若狭塗り箸が贈られている。 越前焼(越前町) – 日用雑器の飾り気の無い素朴さが特徴。信楽焼や備前焼と並ぶ日本六古窯に数えられている。中世には日本海側最大の窯場として栄えた。しかし江戸時代以降茶器や美術品を作らず水甕や日用雑器ばかり作っていたので他窯にシェアを奪われ衰退し昭和の初めには風前の灯の状態だった。日本六大古窯に数えられるようになったのは戦後のことでこれにより越前焼は息を吹き返し現代では再び活気を取り戻している。 越前和紙(越前市) – 1500年の歴史を誇り古くから最高級和紙として朝廷・幕府の御用紙となっていた。そのため歴史的な公文書や文学・絵画作品には越前和紙が使われていることが多い。海外にも輸出されレンブラントが越前和紙を使っていたという説もある。2006年の悠仁親王命名の儀にも使われた。また日本最初の紙幣は福井藩札で明治以降も紙幣や有価証券に越前和紙が用いられている。これは越前和紙が古くから偽造防止の高い製紙技術を持っていたことを示す。にもかかわらず2014年の和紙のユネスコの無形文化遺産登録に越前和紙が含まれなかった。技術を継承するための団体が組織として国の重要無形文化財に指定ないことが理由で今後保存会などを設立し追加登録を目指す。 越前打刃物(越前市) – 越前打刃物の包丁は一流料理人にも愛用されていて話題の切れすぎるステーキナイフも越前打刃物の技術。起源は南北朝時代に京都の刀匠千代鶴国安が伝えた刀鍛冶の技術といわれている。江戸時代には越前漆器の漆掻き職人が漆を求めて全国を行脚する際に越前打刃物の鎌を使うと同時に各地で刃物類を売り歩いたことで全国に流通した。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判