クレジットカードの過払い金請求をするときの注意点3つ

クレジットカードの過払い金請求をするときの注意点3つ

払い過ぎていた利息を取り戻すことができる過払い金請求。消費者金融は高い利息を取っていたイメージがありますが、クレジットカードの利用でも過払い金が発生している可能性があることをご存知でしょうか?クレジットカードについて過払い金請求する場合に、注意すべき3つの点をまとめました。

クレジットカードで過払い金請求できるケース・できないケース

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠というものがあります。過払い金が発生している可能性があるのはキャッシングの利用だけです。クレジットカードのキャッシングは、現金を引き出せる(借りられる)サービスなので借金になり、利息がつきます。この利息が利息制限法の上限を超えていた場合、過払い金が発生していることになりますので過払い金請求が可能です。

一方、ショッピングの利用は「立替金」という扱いになり、借金には当たりません。分割払いにしたときの分割手数料はあくまでも手数料であり、借金の利息ではないので過払い金は発生しないのです。

ショッピングの支払いが残っていた場合、キャッシング枠の過払い金が充当される

クレジットカードのキャッシングについての過払い金請求をする前に、同じクレジットカードでショッピングの支払いが残っていないかどうか確認しましょう。ショッピングの支払いが残っていた場合、過払い金が充当されます。過払い金で支払いが完了すればいいですが、過払い金よりも支払い残のほうが多かった場合、信用情報に登録される(ブラックリストにのる)可能性があります。

過払い金請求先のクレジットカードは使えなくなる

過払い金請求したクレジットカード会社のカードは利用停止となります。今後もその会社のクレジットカードを持つことは難しくなるでしょう。過払い金請求したクレジットカード会社の関連会社もむずかしくなります。これは、クレジットカード会社に限ったことではなく、消費者金融でも同じです。過払い金請求した貸金業者と、その関連業者からは新たな借入れをすることができなくなります。

ただし、過払い金請求したカード会社以外のカード会社のカードは審査に影響ありませんので、ご安心ください。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判