クレディアの過払い金請求の対応状況・注意点

クレディアの過払い金請求の対応状況・注意点

クレディアに過払い金請求をしようとお考えの方、いくらくらいの過払い金を取り戻せるのか、取り戻すまでの期間はどのくらいかかるのか気になっていませんか?当サイトでは、貸金業者それぞれの過払い金請求の対応状況を紹介していますので参考にしてください。

クレディアについて

クレディアは、静岡に拠点を置く消費者金融でしたが、経営困難に陥ったために2007年に倒産し、2008年に民事再生が適応されました。民事再生とは、会社の経営自体を継続させるための手続きで、その後フロックスと社名変更しましたが、現在はクレディアの社名に戻って金融機関として経営をおこなっています。

倒産した会社からは過払い金請求が難しいというイメージを持たれがちですが、倒産には民事再生の他に会社更生、破産の3つがあります。

クレディアに関しては、破産手続きが適用されたSfcgやSFコーポレーションとは違って現在も経営を続けているため、他の倒産した会社と比べると過払い金請求できる可能性があります。

クレディアの過払い金請求の特徴

クレディアに過払い金請求するには、民事再生法の手続きが開始した平成19年9月20日以前の過払い金と、適用後の平成19年9月20日以降の過払い金で戻ってくる金額や請求の方法が違います。

平成19年9月20日以前の過払い金(再生債権)

30万円以下の過払い金に対しては全額、30万円以上から75万円未満の過払い金に対しては30万円、75万円以上の過払い金に対しては全額の40%の返還が受け取ることができます。

・30万円以下の過払い金:全額の返還 ・30万円~75万円未満の過払い金:30万円の返還 ・75万円以上の過払い金:全額の40%

平成19年9月21日以降の過払い金(共益債権)

平成19年9月20日以降に発生している過払い金は、再生債権とは取り決めが違います。民事再生後に発生した過払い金(債権)を共益債権と呼びます。法律上、過払い金(債権)が発生している人はクレディアへ全額を請求する権利がありますが、一般の配当金と異なり共益債権は、通常の過払い金請求と同じ手順を踏んで請求することになります。

クレディアの対応状況 クレディアは、請求すると上記の計画案よりも減額を求めてきます。同じように民事再生をしたアエルはすぐに全額払ってくるのに、大違いです。アエルは支払額が過払い金の5%ですが、クレディアは40%という返還率が足かせになって支払いをしぶってくるものと思われます。 そのため、全件訴訟対応となっており、判決が出た場合でも支払ってこない傾向にあります。ただ、強制執行は避けたいようで、依頼者に直接支払う、控訴して控訴審で全額払う等、結局は元金および支払日までの利息、満額を支払ってきます。

引用:クレディア 過払い請求 対応状況

クレディアの過払い金請求の注意点

クレディアへの過払い金の請求は弁護士に依頼するほうがいい

クレディアへの過払い金返還は第二審まで持ち込むケースが珍しくありません。第二審は簡易裁判所ではなく地方裁判所で行われるため、認定司法書士は代理人になることができないため、第二審まで持ち越すことを想定して初めから弁護士に依頼するのが賢いやり方だといえます。

引用:クレディアへ過払い金返還するために必要な知識とその方法

クレディアの会社概要

商号 株式会社クレディア(CREDIA CO.,LTD.)
ブランド
本社所在地 静岡県静岡市駿河区南町10番5号
事業内容 金融サービス業
従業員数 42名 宅地建物取引業者
過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判