過払い金請求を専門家に依頼した時に費用はいくらかかる?

過払い金請求を専門家に依頼した時に費用はいくらかかる?

過払い金請求の手続きを司法書士や弁護士などの専門家に依頼したくても、費用がいくらかかるのか不安になるかもしれません。 そんな方に向けて、過払い金請求にかかる司法書士や弁護士費用の内訳と相場をまとめました。この記事を読むことで、過払い金請求にかかる費用の相場がわかります。

過払い金請求に関しては相談料・初期費用が無料の事務所もある

過払い金請求とは、払い過ぎてしまった利息を取り戻す権利です。 法定金利以上支払っていた利息を計算し直し、賃金業者に請求することで、払い過ぎた利息分が返還されます。過払い金請求を個人でおこなうこともできますが、いろいろと調べないといけなかったり、計算が面倒であったりします。過払い金請求の手続きは、司法書士や弁護士などの専門家に依頼することができます。

専門家に依頼する場合、費用がどのくらいかかるのか心配になると思います。 実際の費用は、弁護士事務所によって異なりますが、相談だけなら無料という事務所もたくさんあります。過払い金請求といっても、何から始めたらわからない人は、無料相談から始めるのもいいかもしれません。

また、無料調査といって、過払い金がいくらあるのか無料で調査してくれるところもあります。これまでに多数の案件を処理してきたことにより、独自の調査ノウハウを蓄積しているため、信用情報(ブラックリスト)に載ってしまうことなく、いくら過払い金があるのか調査できるようです。

過払い金請求の費用には、「着手金」、「基本報酬」、「成功報酬」などの費用があります。 事務所によっては着手金は無料、完全成功報酬型で過払い金が発生しなかった場合は、費用も一切発生しないところもあります。

無料相談は、過払い金請求が初めてで何もわからないのでとりあえず誰かに相談したいという人にはおすすめです。 相談は無料ですし、過払い金についての情報が得られるのでメリットはありますが、特別デメリットはありません。ただ、なかには悪徳な事務所もあり、過払い金の金額をごまかして、自分の懐に入れるような事務所もあるようです。司法書士や弁護士事務所を選ぶ場合には、慎重に注意して選びましょう。

過払い金請求にかかる主な費用

相談料

過払い金請求における相談料は、相談料は無料のところが多いです。 インターネットで過払い金請求について調べると、たくさんの事務所が出てきますが、相談料が有料のところを探すのが難しいくらいです。まずは、相談料が無料の事務所で相談してみましょう。

着手金

着手金とは、過払い金請求の依頼をしたときに発生する費用です。 過払い金が返還されなくてもかかる費用で、戻ってくることはありません。弁護士が仕事をまだ始めていない段階で支払うものなので、なぜ支払わなければならないのか不思議に思う方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、過払い金請求の手続きは時間がかかる場合もあり、いつまでかかるかもわからないため、その間の弁護士の活動の対価と考えると納得がいくと思います。

着手金の金額は、弁護士が自由に設定できるようになっています。 無料のところもあれば、4万円以上に設定している事務所もあります。また、過払い金を請求する賃金業者1社につき、〇〇円という設定をしているところもあります。 平均すると、賃金業者1社につき、1~2万円程度のようです。着手金が負担に思える方は、無料の事務所を選びましょう。

基本報酬(定額報酬)

基本報酬とは、過払い金が返還された賃金業者1社あたりにかかる費用です。 着手金がかからない司法書士や弁護士事務所でも、基本報酬として賃金業者1社ごとに費用がかかります。相場は、1社あたり2~4万円程度になっています。日本司法書士会連合会では、基本報酬の上限が決まっていて、1社あたり5万円までとなっています。 着手金と同じように、基本報酬がかからない事務所もあります。

成功報酬(過払い報酬)

成功報酬とは、過払い金請求が終了したのちに成功の程度に応じて支払う報酬のことです。 過払い金請求が完了して初めて発生する費用です。

成功報酬は、日本司法書士会連合会で上限が定められています。話し合いで解決した場合は、過払い金の金額の20%、裁判で和解した場合は、過払い金の金額の25%となっています。 たとえば、裁判で和解した過払い金の合計が20万円で、成功報酬の割合が25%の場合5万円の成功報酬となります。

日本司法書士会連合会のルールは、あくまでも上限を定めているに過ぎません。平均すると過払い金の金額の10~20%くらいに設定しているところが多いです。

裁判費用

過払い金請求は、話し合いで和解できない場合、裁判をおこなうことになります。 裁判にかかる費用は、過払い金の請求額によって異なりますが、印紙代、郵便費用、代表者事項証明書の3つの実費がかかります。 過払い金請求額が200万円以下の場合だと、実費は2~3万円程度ですので、それほど高額なものではありません。

その他・実費

過払い金請求の手続きをする際に必要となる実費は、基本的に本人が負担することになります。負担する実費は、交通費、郵送費、収入印紙などがあります。収入印紙は、請求額によって異なりますが、50万円の請求だと5000円、100万円の請求だと1万円が必要になります。実費の支払い時期や方法については、司法書士や弁護士によって異なりますので、相談してみましょう。

減額報酬金

過払い金の請求を、借金の返済中におこなう方もいるかもしれません。 返還された過払い金で、借金の残高を減額する手続きを取る場合、減額報酬金という費用がかかる事務所もあります。 減額報酬金は、借金を減額させた金額に対して〇%かかります。日本司法書士会連合会では、10%が上限と定めています。

過払い金請求は費用を払ってもでも依頼するほうがいいのか?

過払い金請求をするのには専門的な知識が必要です。 自分でやればお金はかかりませんが、書類の準備・過払い金の計算・貸金業者との交渉に時間と手間がかかります。 また、過払い金請求の裁判になると、平日の昼間に裁判所にいかないといけないので、日常生活にも支障が出ることになります。司法書士や弁護士などの専門家に依頼するとお金はかかりますが、全てをプロに任せることができるので楽で安心です。これらのことを考慮して決めましょう。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判