CFJから過払い請求を行う前に押さえておきたい対応状況  

CFJから過払い請求を行う前に押さえておきたい対応状況  

CFJと聞いてもピンと来ない方も多いと思いますが、ディックやシティグループと言えばあの消費者金融かと理解される方も多いのではないでしょうか。他の消費者金融もそうですが、事業譲渡や売却など姿形や社名を変え現在に至っていますので対象となる企業がどういった変遷を辿ってきたかを押さえておくことが重要です。

CFJとは

元々ディックはダイエーグループが設立した消費者金融ですが、バブル崩壊後の経営難から売却されその後AFCCやアメリカ最大の金融グループのシティグループに売却されシティグループの一員となったのです。さらに2002年にはディックファイナンス株式会社を含むシティグループのアイクとユニマットレディスが経営統合された事でCFJ株式会社が設立されました。

このCFJという名前はシティファイナンシャルのCFに日本のJAPANのJを組み合わせたものとなります。さらに2006年にはアイクとディックを統合しディックに一本化してCMや広告などを展開し周知されるブランドになったのです。

ただCFJの親会社であるシティグループが経営悪化した事で経営事業の縮小を余儀なくされ有人店舗、無人店舗の大幅な削減をして立て直しを計りましたが2008年ついに前店舗が閉鎖する事態になったのです。新規貸し付けは業務提携を行っていた三洋信販に誘導し2010年に三洋信販がプロミスに吸収合併されることになったのです。

CFJの直近の経営状況

CFJから過払い金請求を行おうとwebサイトを探してみても以前に借入があった債権者への説明があるだけで融資を受ける事はできません。それは2010年に全ての新規貸し付けを終了し事業撤退となったからです。貸金業の廃業までは至っていませんが新規営業は行われていない事から全く利益を生んでおらず金融機関として機能していないのが現状です。

2008年には親会社であるシティグループが消費者金融事業から撤退した事により不安要素はさらに大きくなり経営状況は深刻さを極めています。多くの過払い金請求でCFJの経営状態は年々悪化していますので倒産する前に早めに過払い金請求を行う必要があると言えるでしょう。

CFJの過払い金請求の対象

2005年~2007年の消費者金融全盛期とも言える時期には武富士やアコムといった大手の消費者金融の中でもCFJは第5位を占めており、貸付金額は年間1兆円を超えていました。CFJ合同会社のディックでは2007年8月16日に金利の引き下げを行いましたが、改定前の金利上限は22.88%でしたので過払い金が発生している確率が高くなる事が予想されます。

ディックから過払い金請求の対象となる期間は2007年8月15日以前に取引があった方で完済から10年の時効を迎えてない方が対象となります。

CFJから過払い金が返還されるまでの期間の目安

CFJに過払い金請求を行う時には、まず相手が金融機関として機能しておらず財力がない事を理解した上で請求を行う必要があります。

裁判(訴訟)を起こさず、話し合いにより和解した場合

経営状態が悪化している状態となりますので和解額も低くなっており個人だと2割~3割、専門家を介しても5割が相場となっていますので和解で満額の回収はまず難しい状況であると言えます。和解が成立しても返還されるまでの期限には2~3か月を要することになります。

裁判(訴訟)を起こした場合

過払い金請求に対してはどこの金融機関も和解で解決できる事を望み裁判にまで発展する事は好みませんが、やはり高い回収率を目指すなら訴訟を起こすしか方法はありません。

訴訟を起こした場合は和解よりは返還期限は長くなり3~4か月が目安とされますが、説明してきたように経営状態は悪化していますので返還額が少ないなど都合の良い条件であれば飲みやすくその分返還期限を短縮できる事もあります。

 

CFJの過払い金請求の回収率の目安

CFJは経営悪化という不安要素を抱えており過払い金請求に対しても厳しい対応を取って返還日を何とか遅らせたい、判決が出ても一括ではなく分割で返還を行う事も事実報告されています。

CFJからの回収率の目安は任意交渉による和解の場合、個人で2~3割、専門家を介して5割の和解案しか提示してきません。また訴訟に至った場合でも個人だと5~7割、専門家を介してようやく8割以上の回収率を見込む事ができます。

CFJに過払い金請求する時の注意点

CFJは複数の消費者金融が合併して設立された合同会社となるため、ディック以外の業者にも注意しておく必要があります。ディック、アイク、ユニマットライフの他タイヘイやマルフクも含まれていました。タイヘイとマルフクは2002年CFJに債権譲渡した後に廃業しCFJへの過払い債務の継承も行われておらず10年以上経過しているため過払い金請求はできないと覚えておいて下さい。

ただアイクとユニマットレディスでは2007年に金利が引き下げられた事から2007年以前に取引がある方は過払い金請求の対象となります。

別業者名からの借り入れについても完済しておくこと

過払い金請求は完済後、あるいは債務が残っている状態でも行うことができますが、債務整理で過払い金請求を行う場合では個人情報に傷を付けないためにも債務が残らない状態で行うことが望まれます。

CFJが保証会社になっている銀行からの借り入れについても完済

2015年9月に保証会社がシティカードジャパン株式会社からCFJ合同会社へ承継されました。CFJは経営状況の悪化から現在新規による貸し付けはおこなっていません。

 

CFJの過払い金請求で見られる3つの傾向や特徴

1.CFJが買収したタイヘイとマルフクへの過払い請求はできません。

2.CFJへの過払い請求では返済額が大きい、過払い金に利息分5%をつけての請求、満額請求には断固として頑なな姿勢をとり判決に対して控訴してくる強気の姿勢が特徴です。

3.CFJでは悪意の受益者ない事を主張したり取引の分断や契約の切り替えを主張してくる傾向が見られます。

CFJの過払い金請求を専門家に依頼するメリット

他の銀行の傘下の下で経営再建を計る消費者金融とは異なりCFJは現在金融機関として機能していない状態となりますので、経営状態は年々悪化し過払い金請求に対しても厳しい対応をとってきます。

万が一倒産ともなれば武富士のように回収率は僅か数%まで落ち込み大切な自分のお金が水の泡となっていまいますので、早めに専門家に依頼する事が望まれます。専門家に依頼する事で回収率の上乗せもできCFJでも8割以上の回収率が見込めますので一日も早く依頼する事をお勧めします。

CFJの会社概要

事業内容:その他金融業
所在地:〒104-6035東京都中央区晴海一丁目8番10号トリトンスクエアX棟35階

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判