債務整理後、ブラックリストにのる期間は?ブラックはいつ消える?

債務整理後、ブラックリストにのる期間は?ブラックはいつ消える?

「ブラックリストにのるから」といって債務整理を躊躇している方も多いと思います。そもそもブラックリストとはいったい何でしょうか?実際に「ブラックリスト」というリストがあるわけではありません。債務整理をすると、信用情報機関に情報が登録されて、あらたな借入れができなくなりますが、このことを「ブラックリストにのる」とか「信用情報に傷がつく」などといったりします。

信用情報機関には、以下の3つがあります。 ・株式会社日本信用情報機構(JICC) ・株式会社シー・アイ・シー(CIC) ・全国銀行個人信用情報センター(KSC)

どんな情報が登録されるの?

信用情報機関では、金融機関の貸付の審査に役立つ、様々な個人信用情報を登録しています。

●JICCの場合
登録される例 登録期間
入金予定日から3カ月以上延滞 延滞中ずっと
延滞解消 延滞解消日から1年
債務整理(契約先に返済額の減額等を申し入れた場合) 発生日から5年
自己破産申立、個人再生申立 発生日から5年
●CICの場合
登録される例 登録期間
お支払状況に関する情報 報告日、残債額、請求額、入金額、入金履歴、異動(延滞・保証履行・破産)の有無、異動発生日、延滞解消日、終了状況等 契約期間中および 契約終了後5年以内

自己破産・個人再生・任意整理に関する情報の登録

債務整理をした場合、各信用情報機関にその情報が登録されます。そして、情報が残っている間は新規に借入ができなくなります。

どの債務整理手続きをとったのかということによって、登録の期間は異なります。また、信用情報機関によっても登録期間が異なります。

自己破産 個人再生 任意整理
株式会社日本信用情報機構
(JICC)
5年 5年 5年
株式会社シー・アイ・シー
(CIC)
5年 載らない 載らない
全国銀行個人信用情報センター
(KSC)
10年 10年
過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判