過払い金請求のデメリット!悪徳弁護士・司法書士を回避する事務所選びのコツ

過払い金請求のデメリット!悪徳弁護士・司法書士を回避する事務所選びのコツ

過払い金請求したいけど、デメリットが気になってまだ手続きに踏み出せない人、いませんか?過払い金請求のデメリットのなかでも「悪徳弁護士・悪徳司法書士に依頼してしまうケース」に焦点をあてて、悪徳弁護士・悪徳司法書士とはなにか?デメリットは?過払い金請求で事務所を選ぶコツに至るまでをご紹介します。

過払い金請求するなら、依頼する事務所選びは最重要

過払い金請求を自分でやる人もなかにはいますが、やっぱり過払い金の専門である弁護士や司法書士にお願いするのがベストです。だって1回面談のために事務所に行くだけで、あとは面倒なことをやらず、過払い金が振り込まれるのを待っているだけでいいんですから。

ここでおさらいですが、弁護士と司法書士の違いは、「司法書士は140万円以下の過払い金の訴訟(裁判)の代理人になれない」ということだけです。訴訟できる金額の違いだけなので、過払い金が140万円以下ならぶっちゃけ弁護士でも司法書士でもどっちに依頼しても差はありません。

重要なのは、弁護士に依頼するか司法書士にするかではないんですね~。

過払い金請求は、依頼する事務所によって取り戻す過払い金の額が変わります。弁護士か司法書士かに関わらず、過払い金請求の実績・経験が豊富で信頼できる事務所を選びましょう!

悪徳弁護士・悪徳司法書士って何?どんなデメリットがあるの?

過払い金請求は弁護士や司法書士に依頼するのがベスト!といいながら、実はなかには悪徳弁護士、悪徳司法書士と呼ばれる事務所があることも事実です。どんな手口があって、どんなデメリットがあるのでしょうか?

依頼者に報告なく勝手に和解を成立させてしまう

過払い金請求を専門家に依頼すると、依頼者に代わって弁護士や司法書士が貸金業者と過払い金の交渉をしますが、たいていは貸金業者側から満額よりも低い金額で和解の提案があります。この段階で弁護士や司法書士が勝手に和解を受けてしまうケースです。

もちろん、依頼者本人がその金額で納得しているなら問題ないですが、本人の確認なしで進められてしまうのは問題です。依頼人の知らないところで不利益が生じている可能性があるからです。

本来、代理人である法律の専門家は依頼者の意向を確認しなければなりません。悪徳までいきませんが、広告をたくさん打ち出して多くの案件を抱えているような事務所によくあるトラブルです。裁判をおこすと事務所側にも時間や手間がかかるため、事務的に過払い金案件をさばいていることが多く、このようなケースが生じています。

勝手に過払い金請求をされていた

最近話題になったケースですが、無料相談のつもりで面談して、正式に依頼していないのに勝手に過払い金請求をされていたという過払い金被害がありました。ほかの事務所に依頼しようとしたらすでにあなたの過払い金は返還済みですといわれ、発覚したケースです。

過払い金をピンはねされていた

実際に逮捕された弁護士がいますが、返還された過払い金を着服していたケースもあります。過払い金請求を専門家に依頼すると、貸金業者からの過払い金の返還は一旦弁護士や司法書士事務所の口座に振り込まれます。

事務所から和解書を見せてもらわない限り、正式にいくら過払い金が返還されたか依頼者はわからないので、この点をついた詐欺行為です。

思っていた以上の費用を請求された

過払い金請求で事務所を探すとき、専門家に払う費用ってチェックポイントになりますよね。着手金や基本報酬、成功報酬など、法律事務所の費用ってわかりにくかったりしますが。

少しでも安いほうがいいと思って事務所ホームページや広告を見比べて、相場よりはるかに安い費用を打ち出していた事務所に依頼したら、想像以上の費用を請求されてしまったケース。改めてよく見ると「諸経費や」「別途実費請求」「税抜き」「訴訟となった場合には別費用」といった意味合いの文言が小さく書かれていたりします。追加料金がかからないかどうかなど、最初によく確認しましょう。

悪質貸金業者と提携している悪徳弁護士だった

ごく一部にはタチの悪い貸金業者と組んでいる法律家がいます。多いのは、貸金業者へ借金の申し込みにきた人に対して、「あなたの状態ではどこからも借りられないので、紹介する事務所で債務整理や過払い金請求をした方がいいですよ」と提携事務所へ回すケースです。当然、通常の費用に業者へのマージン分が上乗せされているという仕組みです。逆に、法律事務所に過払い金請求や債務整理の相談にきた相談者を、貸金業者に紹介するというパターンもあるようです。

被害にあってしまった時の対策は?

実際に悪徳弁護士や悪徳司法書士の被害にあってしまったという場合や、悪徳事務所かもしれないと悩んでいる人は、弁護士会か司法書士会に相談しましょう。

依頼したのが弁護士の場合、所属している弁護士会で相談・苦情を受け付けています。日本の弁護士は、必ず自分の務める事務所が所在する弁護士会(単位弁護士会)に所属しています。単位弁護士会は全国の都道府県所在地や地方裁判所に対応して設置されています。また、複数の単位弁護士会が加盟する、弁護士会連合会がその上に存在します。日本弁護士連合会(日弁連)や地方ごとの弁護士会連合会があります。

司法書士に依頼した場合には、各地方法務局が窓口となります。司法書士も全国各地に司法書士会が存在し、それらをまとめる日本司法書士会連合会が存在します。

少しでもおかしいなと思ったら相談してみることをおすすめします。過払い金はあなたのお金です。悪徳弁護士や悪徳司法書士から自分の過払い金を守りましょう!

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判