アイフルの過払い金請求の対応状況・注意点

アイフルの過払い金請求の対応状況・注意点

アイフルの過払い金請求における特徴

アイフル株式会社は、チワワを起用したCMで人気となった消費者金融です。アコム、プロミス、レイクが銀行の傘下に入り、武富士が倒産した現在では最大の独立系貸金業者です。

過去には強引な営業活動や、暴力的な取り立て行為が問題視され、平成17年には被害者や弁護士らによる「アイフル被害対策全国会議」が結成され、最終的には業務停止命令が出される事態にまで発展しました。 現在は、事業縮小はしたものの、お笑いタレントをテレビCMに器用するなどして過去のイメージを払拭すべく努力をしています。

まずは過払い金チェック!過払い金回収額が日本一の杉山事務所で無料診断

これから過払い金請求をしようと思っている方は、まずご自分の過払い金がいくら発生しているか気になっていると思います。過払い金の返還額が日本一の司法書士法人杉山事務所なら、無料で過払い金の診断ができます。

診断だけの利用もOK!もちろんそのまま依頼することも可能です。まずは、日本一の司法書士事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

アイフルの過払い金請求の対応状況

アイフルに対する過払い金請求は消費者金融業者に対する過払い金返還請求の中でも特に厳しいといわれています。取引履歴を取り寄せても、わざわざ貸付返済総額の欄を削ってわかりにくくしたり、訴訟中の対応でもあからさまな時間稼ぎをしてきたりするので根気が必要です。

本人による過払い請求の場合、任意段階では1~2割程度の和解金の提案しかしてきません。専門家の介入によって、どうにか3~5割程度まで和解金を引き上げてはきますが、これ以上の回収を目指すのであれば、訴訟提起をするしかありません。

引用:アイフル過払い請求情報 最新版|アイフルに倒産の可能性

過払い金の全額返還を希望するなら、裁判を起こして過払い金請求をする必要があります。現在アイフルは、任意の交渉(話し合いによる交渉)ではなかなか過払い金を支払ってくれませんが、裁判所で勝訴判決を得られれば、判決通りの金額を判決後1か月程度で支払っています。

アイフルに過払い金請求するときの注意点

アイフルに過払い金請求して満額を回収しようとする場合には、基本的に裁判を起こす必要があるので、個人で手続きをするには負担が大きいので、弁護士事務所や司法書士事務所に相談するのがよいでしょう。

ただし、弁護士や司法書士に依頼したとしても、本人に対して特定調停に関する書面(裁判所における話合いで解決しましょうという内容の書面)を郵送してくる可能性があるので、同居している家族に借金や過払い金請求の手続きの件を内緒にしたい人は注意してください。

アイフルとは(会社概要)

ブランド:アイフル 企業名:アイフル株式会社 URL:http://www.aiful.co.jp/ 本社所在地:京都府京都市下京区烏丸通五条上ル高砂町381-1 資本金:1,433億24百万円 貸金業者登録番号:近畿財務局長(10)第00218号 関連:アイフル、ライフ、ビジネクスト、シティズ、アストライ債権回収、ニュー・フロンティア・パートナーズ

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判