イオンクレジットの過払い金請求の対応状況・注意点

イオンクレジットの過払い金請求の対応状況・注意点

イオンクレジットに過払い金請求をしようとお考えの方、いくらくらいの過払い金を取り戻せるのか、取り戻すまでの期間はどのくらいかかるのか気になっていませんか?当サイトでは、貸金業者それぞれの過払い金請求の対応状況を紹介していますので参考にしてください。

イオンクレジットサービスは、大手流通企業グループであるイオングループに属する、大手信販会社です。日本全国にある巨大スーパーで有名ですよね。キャッシングについては過去、消費者金融並みの金利を設定していたので、しばしば過払い金が発生している会社のひとつです。イオン銀行のカードローンの保証会社となっていることもあります。

イオンカード、ジャスコカード、トイザらスカード等のカードで過払い金請求をするには、イオンクレジットサービス株式会社に請求します。

イオンクレジットの過払い金請求の対応状況

●話し合いによる交渉(任意交渉)

返還率 70% 返還までの期間 2ヶ月

●裁判による交渉

返還率 100% 返還までの期間 4~5ヶ月

まずは過払い金チェック!過払い金回収額が日本一の杉山事務所で無料診断

これから過払い金請求をしようと思っている方は、まずご自分の過払い金がいくら発生しているか気になっていると思います。過払い金の返還額が日本一の司法書士法人杉山事務所なら、無料で過払い金の診断ができます。

診断だけの利用もOK!もちろんそのまま依頼することも可能です。まずは、日本一の司法書士事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

イオンクレジットの過払い金請求の注意点

イオンカードでショッピング(お買い物)の利用がある場合には、その支払い残高とキャッシングで発生する過払い金とが相殺されることになります。 すなわち、キャッシングで発生した過払い金より、お買い物の残高のほうが多いケースでは、ブラックリストになる可能性もあるので注意が必要です。

引用:イオン – 過払い金無料相談センター[横浜]

イオンクレジットサービスに対する過払い請求に関して、他の会社の場合と少し異なる点としては、開示される取引明細が、利息制限法による引き直し計算をしてから送付されてくる、という点です。 取引明細の内容は、各社によって少しずつ異なり、残高の記載があるものとないものがあったり、利息制限法による計算をしていたりしていなかったり、違いがあります。イオンクレジットサービスは、引き直し計算をしてから送付してきます。 引き直し計算をしては来るのですが、過払い金に付される5%の利息は付けずに計算されているため、やはり再度計算することになります。信販会社は、引き直し計算をしてから送付してくる会社が、比較的多いです(ニコスやセゾン、セディナ、ライフカードなども、引き直し計算をしてから送付してきます)。 請求に対する対応は比較的よい会社で、裁判上をしても判決が出るまで争うということはほとんどなく、大多数のケースで、和解となります。 また、イオンクレジットサービスに対して過払い請求をするときに、イオン銀行からも借り入れがある場合には、個人信用情報への影響について、注意が必要です。どういうことかと言いますと、イオン銀行のカードローンは、通常イオンクレジットサービスが保証会社となっており、イオンクレジットサービスに対して過払い請求をすると、イオン銀行のローンについてイオンクレジットサービスが代位弁済することがあるのです。そして、代位弁済の情報は事故情報として扱われますので、信用情報を気にされる方は、イオン銀行のカードローンを完済してから過払い請求をする方がよいでしょう。 過払い金の支払い時期は、和解成立から3ヶ月程度が多くなっています。

引用:イオンクレジットサービスに対する過払い請求の特徴

イオンクレジットの会社概要

商号 イオンクレジットサービス株式会社
ブランド イオンカード
所在地 東京都千代田区神田美土代町1番地 住友商事美土代ビル
関連 イオン銀行エー・シー・エス債権管理回収
過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判