そもそも過払い金とは?発生する仕組みと過払い金請求できる人の条件

そもそも過払い金とは?発生する仕組みと過払い金請求できる人の条件

そもそも過払い金とは?

過払い金とは、簡単にいうと消費者金融やクレジットカード会社に払いすぎた利息のことです。貸金業者がお金を貸すときの利息は利息制限法という法律で定められていますが、2007年くらいまで多くの貸金業者が利息制限法より高い利息でお金を貸していました。

過払い金が発生する仕組み

貸金業者が守るべき法律には、出資法と利息制限法という2つの法律があります。かつて、この2つの法律で利息の上限が異なっていたため、多くの貸金業者が高い方の上限金利で利息を取っていました。2つの法律の上限金利の差分をグレーゾーン金利と呼びます。このグレーゾーン金利で支払った分が過払い金となります。

出資法の中で定められていた上限金利は29.2%で、これを超える金利で貸付をおこなうと罰則がありました。利息制限法では利息の上限は金額に応じて15~20%と定められていましたが、これを違反しても罰則がありませんでした。そのため、多くの貸金業者が出資法の上限金利29.2%で貸し付けをおこなっていたのです。

2010年(平成22年)6月に出資法の上限金利は20%に引き下げられたため、利息制限法の上限利息と一致しました。今では、利息制限法の上限を超えて払っていた利息は払い過ぎの利息「過払い金」として取り戻すことができます。貸金業者から払いすぎた過払い金を取り戻す手続きを過払い金請求といいます。

過払い金請求ができる人

2010年6月以前からお金を借りている(借りていた)人

2010年(平成22年)6月には出資法の上限金利は20%に引き下げられ、グレーゾーン金利が撤廃されました。消費者金融やクレジットカード会社など、大半の貸金業者はこの頃に金利を引き下げているので、2010年(平成22年)6月以降の取引には過払い金は発生していません。

2010年(平成22年)6月以前からお金を借りている人、または借りていた人が、過払い金請求の対象になります。厳密には貸金業者によって金利を引き下げた時期が違うため、ご自身が契約していた貸金業者がいつ金利を引き下げたのかによって異なります。

消費者金融でお金を借りたことがある人

アコム、プロミス、レイク、アイフルなど大手の消費者金融は、過去に利息制限法の上限金利を超えた利息をとっていました。また、大手の消費者金融だけでなく、地方の消費者金融でお金を借りていた(借りている)人も過払い金が発生している可能性があります。

クレジットカードのキャッシングを利用したことがある人

消費者金融だけでなく、信販会社(クレジットカード会社)もかつては法外な利息をとっていました。

クレディセゾン、セディナ、ニコス、UCカード、アプラス、OMC、オリコ、などの全国的な大手クレジットカード会社だけでなく、その地方にしかない中小の信販会社のクレジットカードでキャッシングをしたことがある人も過払い金が発生している可能性があります。

かつて丸井の赤いカードと呼ばれたエポスカードでも過払い金が発生している場合があります。信販会社(クレジットカード会社)は消費者金融に比べて堅いイメージがあるので、違法な利子をとっていたとは思っていない人も多くいらっしゃいますが、クレジットカードでも過払い金がでている可能性があります。

過払い金請求とブラックリストの関係

過払い金請求のデメリットについて語られるとき、必ず出てくるのが「信用情報(ブラックリスト)」に影響するのか?という問題です。過払い金請求と信用情報(ブラックリスト)の関係については誤った情報を持った人も多いので、正しい知識を身に着けて、安心して過払い金請求しましょう。

完済後の過払い金請求は信用情報(ブラックリスト)に影響なし

もう払い終わった借金について過払い金請求する場合、信用情報(ブラックリスト)にのることはありません。過去の完済した借金については現在の信用情報には関与しないと認識されるためです。完済している人は安心して過払い金請求しましょう。

一方、気を付けなければならないのは返済中に過払い金請求をおこなう場合です。

返済中の過払い金請求で、借金が残る場合は信用情報(ブラックリスト)にのる

返済中に過払い金請求をおこなう場合、2つのパターンに分かれます。 戻ってきた過払い金で残りの借金が相殺され、ゼロになる場合と、過払い金の分を差し引いても借金が残る場合です。

戻ってきた過払い金で残りの借金が相殺され、ゼロになる場合は、完済と同じ条件になるので信用情報(ブラックリスト)にはのりません。

しかし、発生している過払い金よりも借金の額のほうが多く、過払い金請求した後に借金が残る場合は、債務整理(任意整理)という手続きになるのでブラックリストにのります。

債務整理とは、過払いが出ている分は借金を減らして、残った元金にかかるその後の将来利息をカットしてもらい、月々の返済を無理のないようにしてもらう手続きです。

借金返済に苦しんでいる人にとっては、借金元本を減らせるので毎月の返済がラクになり、生活が安定して、完済までの道のりが短くなるのがメリットです。

利息ばかり払っていてなかなか返済が終わらず、借金返済のためにまた借金を繰り返してしまうなどの悪循環にハマっている人にとっては願ってもない救済措置となるでしょう。

その反面、信用情報(ブラックリスト)に登録されると5年~7年ほどの間はクレジットカードを持つことやローンを組むことができなくなるデメリットがあります。

ご自身に照らし合わせて、メリット・デメリット、どちらのほうが大きいか慎重に判断してください。悩んだときは一人で判断せず、弁護士や司法書士などの専門家に相談してみることをお勧めします。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判